1. トップ
  2. ファッション
  3. デキる女性に見える!…「春のオフィスカジュアル」厳選6スナップ

デキる女性に見える!…「春のオフィスカジュアル」厳選6スナップ

  • 2020.3.23
  • 3295 views

ヨーロッパでは「スーツで出勤しなければいけない」や「スカートでなければいけない」などという規則や雰囲気はほとんどなく、比較的自由なスタイルで出勤しています。私が住んでいるベルリンは、完全に私服です。しかし、会社や国によっては、やはり少しきっちりとしたスタイルで出勤している方もいるようです。本日は日本でも仕事場に着て行けそうなスタイルをピックアップ!

写真・平野秀美

色の組み合わせがおしゃれでかっこいい! パンツスタイル

スーツではないけれど、シンプルで落ち着いたトーンの色を選んでいるため、打ち合わせや会議にも対応できそうなしっかりとしたパンツスタイルに見えます。また、おしゃれポイントはなんといってもパンプス! 足もとがすっきりしているから、全身の色が落ち着いていても華やかに見えますよね!

モノトーンのみで完璧に決めた、クールビューティスタイル

全体をブラック&グレーで統一したスタイル。仕事ではブーツの着用は難しいかもしれないので、足もとはパンプスなどに変えてもいいかも! また、ポイントはカーディガンの巻き方。とはいえ、カーディガンなしでゴールドネックレスだけでも十分シンプルなのにかっこいい、品のあるスタイルです。

今季人気のシャツ&袖なしニットのおしゃれなスタイル

ちょっぴりワイドなズボンに清潔感あるホワイトシャツだけだと普通の印象ですが、そこに今季大人気だった袖なしオープンニットをポイントに着用するだけで、暖かさもおしゃれさも両方カバーできてしまうという、とってもハイセンスなスタイル。しかも、簡単にまねできてしまうのもポイント。

会社によってスニーカーが難しい場合は、パンプスでも素敵に着こなせます。

ゆるかっこいい大人のカジュアルスタイル

ブラックスタイルは、手っ取り早くスタイリッシュに見せてくれますが、重くなりがち。しかし、足もとをオープンにすることで、すっきりとした余裕のある雰囲気に早変わり!

また、ちょっとポイントカラーを入れるだけで、遊び心が出ます。その日の気分で色を変えるだけで何度でも同じようなスタイルを楽しめそう。

定番のトレンチコートは、やっぱりOL必須アウター!

1枚あると本当に重宝するのがトレンチコート。ただ、万人受けするアウターだからこそ、似たり寄ったりなスタイルになりがちなので、自分らしい着こなしポイントを入れると、さらにおしゃれに見えます。

写真のように足もとをすっきりさせたり、トップスの色を明るめにするだけで 、雰囲気はパッと華やかになります。

ちょっぴり休日のようなスタイルで出勤もあり!?

たまには、休日のようなラフなスタイルもありかも? という場合は、こんなスカートやトレーナーなどもおすすめ。

ただし、上品さは必要。あくまでも休日ではなく仕事中のスタイルということで考えると、色を落ち着かせてトーンを統一するなど、突然の訪問客や打ち合わせにも対応できる程度の大人っぽさはあったほうがいいかも。

今回は、会社に着て行けそうなスタイルをご紹介しました。あくまでも会社によって規定はバラバラですが、仕事中だからっておしゃれに気を抜いていると、女子力が低下しちゃいそうなので、たまには気を遣ってみてください。

元記事で読む