1. トップ
  2. レシピ
  3. 和えてご飯に乗せるだけ「簡単!マグロとアボカドのハワイ風アヒポキ丼」

和えてご飯に乗せるだけ「簡単!マグロとアボカドのハワイ風アヒポキ丼」

  • 2020.3.21
  • 1890 views

ハワイグルメでお馴染みのマグロとアボカドで作る「アヒポキ」。
アヒポキは、ハワイ言葉でマグロの切り身と言う意味です。

今回ご紹介する「簡単!マグロとアボカドのハワイ風アヒポキ丼」の味付けのポイントごま油。それにみりんを加える事で味に奥行きが出ます。

マグロやアボカドを「和えだれ」にしっかり絡めて、ご飯に乗せたら完成する、とっても簡単な丼ぶり。火を使わないので忙しい時にもサッと作れて便利な一品です。

■簡単!マグロとアボカドのハワイ風アヒポキ丼

調理時間 15分 1人分 610Kcal

レシピ制作:森岡 恵



<材料 2人分>
マグロ(サク) 200g
アボカド 1/2個
玉ネギ 1/4個
貝われ菜 1/4パック
ご飯(炊きたて) 丼2杯分

しょうゆ 大さじ2
みりん 小さじ1
ゴマ油 大さじ1
ショウガ(すりおろし) 小さじ1
すり白ゴマ 小さじ1
焼きのり 1枚

<下準備>
・マグロ、アボカドは1.5cm角に切る。玉ネギは薄切りにして水にさらし、辛味をとってザルに上げる。貝われ菜は根元を切り落とし、長さ2cmに切る。



<作り方>
1、ボウルに<和えダレ>の材料を混ぜ合わせ、マグロ、アボカド、玉ネギを加えて混ぜ合わせる。



2、器にご飯を盛って手でちぎった焼きのりをのせ、(1)を盛る。上から残った<和えダレ>をかけ、貝われ菜をのせる。



コツ・ポイント ・アボカドの切り方。アボカドは包丁を縦に入れ、種まで深く切り込みを入れ、両手でひねるように半分に分ける。

森のバターと言われている栄養価が高いアボカドと、脂肪を抑制する効果が期待できるDHAやEPAを含むマグロを組み合わせたお手軽丼。今日何作ろう?と困った時に断然オススメの一品です。

(豊島早苗)

元記事で読む