1. トップ
  2. 悠木碧「世界中の人たちから愛されている作品だと実感」!3世代のプリキュア声優が映画の魅力をアピール<映画プリキュアミラクルリープ>

悠木碧「世界中の人たちから愛されている作品だと実感」!3世代のプリキュア声優が映画の魅力をアピール<映画プリキュアミラクルリープ>

  • 2020.3.21
  • 382 views

3月20日(金)、「映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日」のキャスト陣である悠木碧、依田菜津、河野ひより、成瀬瑛美、引坂理絵が出演するオンライン特別番組が配信された。

【写真を見る】悠木碧、成瀬瑛美、引坂理絵ら3世代のプリキュア声優が大集結してトークは大盛り上がり

同作は、アニメ「プリキュア」シリーズの最新劇場版として、「ヒーリングっど・プリキュア」(※・=ハートマークが正しい表記)を始め「スター☆トゥインクルプリキュア」、「HUGっと!プリキュア」ら3世代のプリキュアが大集結する映画。

3月20日に公開を予定していた本作だが、公開が延期となったことを受け、本番組の配信が行われた。

初解禁情報も満載の配信番組でキャスト陣がトークに花を咲かせた

番組内では初解禁情報として、映画の公開日が5月16日(土)に決定。

さらに、公開延期に伴い3月20日~5月15日(金)までの間、「映画ふたりはプリキュア MaxHeart」(2005)を始め、映画プリキュアの過去作24作品をプリキュア公式Youtube チャンネルにて期間限定で無料配信が行われることが発表された。

番組内では映画や作品に関するトークを展開。「思い出」というテーマでは、「HUGっと!プリキュア」のキュアエール/野乃はな役の引坂は、恋愛要素がある「HUGプリ」の当時の思い出を語ると、つい先日最終回を迎えた「スター☆トゥインクルプリキュア」のキュアスター/星奈ひかる役の成瀬は、“スタプリロス”でさびしいですが、そんなタイミングでこの映画が公開されるが楽しみと目を輝かせた。

キュアグレース/花寺のどか役の悠木は「ヒーリングっどプリキュア」チームの3人で変身グッズを片手にテンションが上がって、お互いの撮影会をしたという話をすると、先輩キャストの成瀬と引坂も思わず「あるある」と“プリキュア声優あるある”にスタジオは盛り上がった。

【写真を見る】悠木碧、成瀬瑛美、引坂理絵ら3世代のプリキュア声優が大集結してトークは大盛り上がり
KADOKAWA

世代交代のプリキュア“バトンタッチ”の裏側も

40人という大規模なキャスト数で行われたアフレコについて、成瀬は恒例になった作品の世代を跨いだ“バトンタッチ”について語ると、悠木は「スタプリチームの方から、“バトンタッチ”の雰囲気を出して…と言われていた」と裏話も飛びだした。

キュアスパークル/平光ひなた役の河野は、今作のアフレコスタジオがオーディションの思い出の場所で「今思い出しても泣きそうになってしまうくらいうれしかった場所で、こうしてアフレコができて本当に感激」とエピソードを披露した。

映画本編についてトークが展開されると、悠木は「とにかくミラクルンがかわいい」とキーキャラクターであるミラクルンと、それを演じる稲垣来泉を絶賛。

また「世代ごとの出会いのシーンや、キャラクター同士の絡みがとにかく最高」と語る成瀬や、引坂は「これまでのプリキュアが好きだった人たちが楽しめる要素も含まれている」と思い思いのポイントを口にした。

そして、番組内で映画の冒頭映像が公開されると、キャスト陣からは口々に「ヒーリングアニマルたちがかわいい」と語る一方で、悠木は「ただかわいいだけじゃなくて、実は後々に重要となってくるシーンなんです」と気になる発言も。

最後に悠木が「とてもすてきな作品に仕上がっていると思います。公開楽しみにしてください」とあいさつし番組は締められた。

3世代集合のエンディングダンスシーンが“エモい”

番組終了後には出演者たちが会見に登壇。

特別番組の感想について、キュアフォンテーヌ/沢泉ちゆ役の依田は「本番前に手を握っていただいて緊張がやわらいだ。ヒープリチームは先輩プリキュアに支えられて成長していったように、私たちも支えられているんだなと感じた」と世代を超えた繋がりを感じたことを語った。

悠木は配信番組がいろいろな国の人からコメントがあったことに「世界中の人たちから愛されている作品なんだと実感した。みんなで作り上げた映画の良さを、みんなで伝えることができてよかった」とあらためてプリキュア人気が世界に及んでいることに驚いた様子。

公開日も解禁されあらためて映画本編について、依田と河野は「3世代のプリキュアが登場する、エンディングのダンスシーンがとにかく“尊くて”最高です」と語ると、「公開日は延びてしまいましたが、ワクワクできる期間が延びたと思って楽しみにまってください」と呼びかけた。

成瀬も「冒頭映像だけでも、それぞれのキャラクターの個性が出ていて先が気になる展開になっていて、春映画ならではのチームごとの絡みに注目してください。星奈ひかる役としては、“ちゃんと後輩に引き継げたな”という思いが詰まっています」と先輩プリキュアとしての使命のような想いを込めたことを語った。

引坂も「オープニング映像から3世代のプリキュアの愛を感じます」と作品の作り手の愛を明かすと「実は、はなちゃんがやってくるシーンでは、『キラキラ☆プリキュアアラモード』で演じていた女の子が登場するんです」と、過去作品を大事にする作品愛がたくさん詰まっていると力説した。

悠木は「この物語は、プリキュアもそうですが敵すらも誰かのために戦っているだと感じさせる、深くて最後まで見るととても優しいストーリーに仕上がっていてグッときちゃいました。きっと大人も子どもも楽しみしてもらえると確信しました」と本編の魅力をアピールした。(ザテレビジョン)

元記事で読む