1. トップ
  2. レシピ
  3. 混ぜて焼くだけ!簡単デザート「手作りクレープ」「クレープのジャム煮」

混ぜて焼くだけ!簡単デザート「手作りクレープ」「クレープのジャム煮」

  • 2020.3.20
  • 138208 views

クレープは、生地を準備しておけば食べたい時に焼きたてが楽しめる、最も手軽な「粉もの」お菓子。
焦がしバターや焼けるクレープから漂う香りに、子供だけでなく大人も気持ちが高揚します。
混ぜて焼くだけの簡単おやつなので、親子で一緒に作っても楽しそうですね。

余った生地のタネは保存容器に移し、冷蔵庫で約3日間保存できます。
3日以内に食べきれない場合は全て焼き、ラップで包んで冷凍庫へ。
ラップで包んだまま解凍し、電子レンジでかるく温め直して食べられます。

クレープをジャムシロップで煮ると、さらに味わい豊かなデザートが楽しめます。
仕上げにグランマニエやコアントローなどのリキュールを少量垂らすと大人好みの味に。

■手作りクレープ

レシピ制作:保田 美幸



<材料 作りやすい量1回分>

強力粉 60g
薄力粉 60g
卵 1個
きび砂糖 30g
粗塩 ひとつまみ
牛乳(または豆乳) 200ml
バター(有塩無塩どちらでもOK) 10g
バター(またはサラダ油:生地を焼く用) 5g
お好みのトッピング 適量

<下準備>
・強力粉と薄力粉は一緒に振るっておく。

<作り方>
1、ボウルに<A>と牛乳(豆乳)の半量を入れ、泡だて器で1分練り混ぜる。



2、残りの牛乳(豆乳)100mlを加え、泡だて器で混ぜてゆるめる。



牛乳(豆乳)を2回に分けて加えるとダマができにくいです。

3、小鍋にバターを入れて中火にかける。溶けてパチパチと音を立てた後、茶色く色付いて音が消えたきたら手早く(2)に加えて混ぜ合わせ、冷蔵庫に1時間以上置く。



4、フライパンでバター(サラダ油)を熱し、生地を流し入れ、焼き色がついたら返して火を通す。



厚さはお好みで調節してください。風味付けにお好みのジャムをぬって畳んでもOKです。



5、器に盛り、お好みでジャムやハチミツをかけたり粉糖を振っていただく。

■クレープのジャム煮

レシピ制作:保田 美幸



<材料 クレープ1枚分>
クレープ 1枚

ジャム(お好みのもの) 30g
水 大さじ5
砂糖 大さじ1
バター 10g

<作り方>
1、フライパンに<ジャムシロップ>を入れて中火にかけ、煮たったらクレープを半分にたたんで煮る。



2、途中で返し、トロミがついたら器に盛る。

シンプルなクレープから、アイスクリームやフルーツを盛り合わせた豪華なクレープまで幅広く遊べるのも、手作りクレープの醍醐味の一つですね。

(保田 美幸)

元記事で読む