1. トップ
  2. TEAM NACS森崎博之が珍企画を決行! 巻き尺片手に“顔が大きい人”を探すため富山県へ

TEAM NACS森崎博之が珍企画を決行! 巻き尺片手に“顔が大きい人”を探すため富山県へ

  • 2020.3.19
  • 1140 views
森崎博之、顔の大きい人を求めて富山県へ
KADOKAWA

北海道テレビ(HTB)で毎週木曜深夜に放送されている「ハナタレナックス」。3月19日(木)は、チームナックスのメンバーそれぞれが考えたやりたい事を行う「ソロ企画」を放送。今回は森崎博之が考えた企画を送る。

同番組は、北海道が誇る演劇ユニット・TEAM NACS(森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真)が全国で唯一勢ぞろいする体当たりバラエティー。

森崎は、以前から森崎家の親族全員の顔が大きい原因は、自身のルーツである富山県・魚津市にあるのではないかと疑問を抱いていた。そこで、今回は巻き尺を持参し、富山県・魚津市で顔の大きい人を探す旅に出ることに。

街の観光案内所で紹介された蜃気楼研究会の高山さんは森崎に負けず劣らずの顔の大きさ!しかし、蜃気楼についてかなり熱意をもって話しているため、本題の顔の大きいさついてなかなか切り出せない。森崎自身のコンプレックスを全面に押し出した全く新しいテーマの旅企画の行方はいかに。(ザテレビジョン)

元記事で読む