1. トップ
  2. 多部未華子主演「私の家政夫ナギサさん」趣里、草刈民代ら追加キャスト判明!

多部未華子主演「私の家政夫ナギサさん」趣里、草刈民代ら追加キャスト判明!

  • 2020.3.19
  • 231 views
【写真を見る】多部未華子が仕事に一直線の不器用なアラサー独身女性を演じる!
(C)TBS

【写真を見る】多部未華子が仕事に一直線の不器用なアラサー独身女性を演じる!

4月14日(火)スタートの多部未華子主演ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)に、趣里、草刈民代、宮尾俊太郎、飯尾和樹、夏子が出演することが分かった。

本作は、仕事一直線で頑張ってきた不器用なアラサー独身女性・相原メイ(多部)と、そんな彼女の家に派遣されたおじさん家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)が、周囲を巻き込みながら本当の幸せを探すハートフルラブコメディー。

国内最大級の電子書籍サイト「コミックシーモア」発、四ツ原フリコ著の同名オリジナルコミックが原作。少女漫画レーベル「恋するソワレ」にて連載中の人気作品で、WEBコミックがTBS連続ドラマの原作となるのは初めての試みとなる。

“妹”趣里と“母”草刈民代

「私の家政夫ナギサさん」追加キャストが決定!写真上段左から趣里、草刈民代、宮尾俊太郎、飯尾和樹、夏子
KADOKAWA

趣里は、メイ(多部)の妹・唯役に抜てき。ナギサ(大森)が所属する家事代行サービス業者「NTSクリーンハウス」で働いている唯は、会社員の夫と3歳の娘がおり、しっかり者でメイにとっては良き相談相手といった役どころ。

この役に趣里は「素晴らしいキャスト、スタッフの皆さんとご一緒できること、とてもうれしく思います。人と関わることの大切さや、家族、恋愛、仕事。毎日いろいろなことがありますが、このドラマを観て、ふと自分のことと重ねて考えられる、そんな時間をお届けできるように、精いっぱい頑張ります。チャーミングなナギサさん、必見です!」と意気込みを語っている。

さらに、草刈はメイの母・美登里役で出演。明るく朗らかでアクティブな女性だが、家事が大の苦手。娘たちが将来仕事や生活で苦労しないようにと、愛情を持って厳しく教育してきた母親を演じる。

草刈は「いつもクールな役を演ずることが多い私ですが、今回は今までお見せしたことがない側面を楽しんでいただけたらと思っています」とコメントした。

ずん・飯尾和樹らも出演!

「私の家政夫ナギサさん」追加キャストが決定!写真上段左から趣里、草刈民代、宮尾俊太郎、飯尾和樹、夏子
KADOKAWA

他にも、お笑いコンビ・ずんの飯尾がメイを応援する医薬品卸会社「しろくまメディカル」の営業課長・駒木坂春夫役で登場。

バレエダンサーの宮尾は、メイがMR(医薬情報担当者)として通う「肥後すこやか クリニック」の医師・肥後菊之助役、夏子はメイが勤める天保山製薬横浜支店のメンバーの行きつけである薬膳居酒屋「万薬の長」の店員・吉川かりん役で出演する。

あらすじ

製薬会社のMR(医薬情報担当者)としてバリバリ働くキャリアウーマンの相原メイ(多部)は、仕事は誰よりもできるのに、家事が全くできないアラサー独身女性。

そんなメイの28歳の誕生日の夜、彼女の散らかり放題の部屋に、突然見知らぬおじさんが現れた。

その正体は、全ての家事を完璧にこなすスーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森)。ひょんなことからナギサさんを家政夫として雇うことになってしまったメイだが、「おじさんが家にいるなんて、絶対イヤ!」と受け入れられない。

一方、仕事では、無敵のMRであるメイの前に、ライバル製薬会社のMR・田所(瀬戸康史)が出現。自分とは異なる手法で営業先の信頼を得ていく田所にメイは気が気ではなく、ライバル心と警戒心をむき出しにする。

しかも、田所はライバルだというのに爽やかにメイに急接近し、メイは心までかき乱されることに…。(ザテレビジョン)

元記事で読む