1. トップ
  2. 水野美紀、みちょぱ“占い突撃番組” にレギュラー出演!「みんな占い好きなんだなぁ」

水野美紀、みちょぱ“占い突撃番組” にレギュラー出演!「みんな占い好きなんだなぁ」

  • 2020.3.19
  • 203 views
写真左から、「突然ですが占ってもいいですか?」に出演する水野美紀と、みちょぱこと池田美優
(C)フジテレビ

4月15日(水)よりスタートする新番組「突然ですが占ってもいいですか?」(毎週水曜夜10:00-10:54 ※初回は夜9:00-10:48)に、女優の水野美紀と、みちょぱこと池田美優の2人がレギュラー出演することが決定した。

【写真を見る】「東京ガールズコレクション」で堂々たる姿でランウェイを歩くみちょぱこと池田美優

いきなり占いを持ちかける“占い突撃番組”

同番組は、芸能人も占うスゴ腕占い師が、『突然ですが占ってもいいですか?』と街でいきなり占いを持ちかけるという“占い突撃番組” 。博多のお店に芸能人が通い詰めるほどの実力と人気をもつ木下レオンと、ゲッターズ飯田の弟子にして、女性ならではの視点で美容占いや開運ファッションを得意とするぷりあでぃす玲奈が街中で突撃ロケを敢行する。

2020年1月に深夜特番「突然ですが占ってもいいですか?in赤羽」として放送されたときには、横並びトップの世帯平均視聴率を獲得し、この度、待望のレギュラー化が実現した。

「スペシャルショートムービー」が公開

その特番時に引き続き、水野と、池田が、“フォーチュンウォッチャー(幸運見届け人)”として出演。水野が地上波バラエティーにレギュラー出演するのは、『得する人損する人』(日本テレビ系/2018年5月~9月)以来、1年6カ月ぶり、フジテレビバラエティーでレギュラー出演するのはキャリア初となる。一方、みちょぱは、フジテレビはもちろん、民放バラエティーにレギュラー出演するのも初。また、水野とみちょぱがレギュラー番組で共演するのも初となる。

レギュラー放送開始を前にして、現在、1月に放送した特番を約5分に凝縮した「スペシャルショートムービー」がFODにて特別公開されている。

4月15日の初回2時間SPには、占い師のスペシャルキャスティングとして、驚異の的中率で知られるゲッターズ飯田も街に繰り出し“渋谷女子”を本気で突然占う予定だ。

レギュラー出演が決まった水野、池田、そしてフジテレビ春名剛生氏からコメントが届いている。

水野美紀 コメント

Q:レギュラー化を聞いたときの感想

「驚きと同時に、特番の時の収録が本当に面白かったので納得です。カリスマ占い師に占われていく人々のさまが本当にすごいので、たくさんの方に見ていただきたいです」

Q:フジテレビバラエティーに初めてレギュラー出演することについて

「主役は、占う先生方と占われる一般の方々です。全力で番組の魅力を伝えられたらと思います」

Q:みちょぱさんについての印象

「頭の回転が速く、バランス感覚のある方です。ぶっちゃけた発言も、フォローもできるので頼もしいです」

Q:番組を楽しみにしている視聴者に向けメッセージ

「私も占いの先生方のいちファンとして楽しみにしている一人です。初対面の人の人生にグイグイ切り込んでいく様を是非、ご覧ください!」

池田美優 コメント

Q:レギュラー化を聞いたときの感想

「まさかとは思いましたが、意外と反響がいいって聞いてみんな占い好きなんだなぁと思います」

Q:フジテレビ(民放)バラエティーに初めてレギュラー出演することについて

「かたくなりすぎずにいつもの感じで楽しくやりたいと思います!」

Q:水野美紀さんについての印象

「優しい人。ただただ、いい人です。これから回を重ねるごとに仲良くなっていければ良いなぁと思います」

Q:番組を楽しみにしている視聴者に向けメッセージ

「ゆるーく見て、私たちと一緒にあーだこーだ言ってください!」

企画 春名剛生氏 コメント(フジテレビ 編成部)

「街で突然占われて、誰にも話していないような“人生の秘密”をいきなり言い当てられたら…。私たちが普段、街ですれ違う誰しもが、実はそれぞれに“人間ドラマ”を抱えていると思います。

この番組は、“突然の占い”をきっかけにして、街に行き交うさまざまな人たちのさまざまな人間ドラマをあぶり出し、紡いでいきます。占っていくのは、強烈な個性を持つ占い師たち。強い言葉で人をグイグイひきこんでいく“木下レオンさん”、女性ならではの心遣いで占われる側に優しく寄り添っていく“ぷりあでぃす玲奈さん”を筆頭に、さまざまな占い師の方々にご登場頂こうと思っております。

そして、スタジオにいらっしゃる水野さん・みちょぱさんの、ときに的確で、ときにハッとさせられるような言葉の数々とともに、さまざまな人たちの人生模様をご自分の日々と照らし合わせながら、週の真ん中・水曜日の夜のひとときを一緒に過ごして頂けますと幸いです」(ザテレビジョン)

元記事で読む