1. トップ
  2. 恋愛
  3. つい怒ってしまった…後悔しないための自己肯定感を高める5つの習慣

つい怒ってしまった…後悔しないための自己肯定感を高める5つの習慣

  • 2020.3.18
  • 5662 views

身近な関係の相手に向けられやすい怒り

パートナーが約束を守ってくれなかったことに腹が立って責めてしまった、子どもが言うとおりにしないので怒ってしまった、親の身勝手さに反発してしまった…など、本来なら愛するべき相手に対してイライラの感情がむき出しになるという人も多いと思います。初対面や、そこまで深い関係がない相手であれば感情をぐっとこらえるのはけっして難しいことではありませんが、気の置けない仲の相手、自分をさらけ出しても差し支えない相手であると感情が前面に出やすくなり、イライラした感情をそのまま相手にぶつけてしまいやすいのです。ですが、自分にとって本当は大切な相手であるからこそ、しばらくして怒りをぶつけてしまったことに後悔し自分を責めてしまうという場合も…。たとえ相手は許してくれたとしても、自分の行動による心の傷が深く、いつまでも自分自身を許すことができず、自己を否定する感情にむしばまれていきます。そうなるとますます自己肯定感を低くさせます。

怒りに支配されてしまう理由とは?

動物が威嚇の行動をとるように、人間にとっても本来怒りは危険から身を守るための行動です。「怒り=闘争」であり、遠い祖先から受け継いできた生き残るための術でした。社会性を重んじる現代ではネガティブなものとして受け止められますが、動物的本能として備わったと知ると怒りに対して少しはとらえ方が変わるかもしれません。

不安や恐怖、悲しみの感情が人を怒らせる

古代のように命が脅かされる危険はなくなったとはいえ、怒りによって自分を守ろうとする部分は現代にも通じています。怒りやすい人というのは、その心根に何らかの不安、恐怖、悲しみというネガティブな感情を抱えています。ありのままの自分を受け入れられず、心が無防備でいられないのです。求められ続ける成功や成果。さらに協調性や同調性を重んじる社会…。自主性を打ち消し、他人からの評価を気にするようになり、本来の能力以上のものを求め、自分を強く見せようとします。そして自分を陥れようとするもの、自分の目的を遮るものが現れたとき、怒りでもって反発することで自己を守ろうとします。

自己肯定感の低さからくる怒り

自己肯定感が低いと怒りも生じやすいです。あなたも怒ってしまったそもそもの原因について一度考えてみてください。自分はこうして欲しかったのに、相手は自分の思ったとおりに行動してくれなかったという不満がありませんでしたか?怒りの本質には、自分はひどい扱いを受けた、相手にされなかったという悲しみが根底に隠れています。その悲しみが被害者意識になり、自己の尊厳を守ろうと相手を攻撃してしまいます。そうなる原因の1つに、子ども時代から今まで、人生のなかで満足感を得られる経験が少なかったのが影響すると言われています。自己肯定感の低さはネガティブ思考にスイッチが入りやすく、ストレスフルな社会で生きる多くの人がこのパターンに陥ってしまっています。

本当は優しい心を持っているから後悔できる

怒りは強いエネルギーによって、頭で考えるよりも先に引き起こってしまいますが、時間が経って、冷静な判断ができるようになれば沈んでいきます。相手になんてひどいことをしてしまったのだろうと思う瞬間は、辛いながらも相手のことを思いやる気持ちが生じているはずです。怒りやすい人のなかにはまったく後悔などせず、常に相手のせいにする人もいます。相手のことを思いやる気持ちがあるというだけ、あなたはあなたが思うほど嫌な人間などではありません。

怒りにとらわれない心を養う5つの習慣

怒りは我慢すればいいというわけではありません。ただこらえるだけだと心の中にその感情が残ったままで、ストレスから何も解放されていない状態だからです。何よりも、冷静さを保てる心を養う必要があります。その具体策について紹介します。

1.自分にいい影響を与えてくれる人と関わる

辛い、満たされないと感じたら、自分にいい影響を与えてくれるポジティブ思考な人の言葉を聞いてみましょう。近くにそういう人がいなければ、自分が元気をもらえるような本を読んでみるのもいいですし、SNSからそういう人を探してみるのでもいいと思います。気分が塞ぎ込んでいるときにポジティブ思考の人と関わることで気分がスッキリし、気持ちが楽になっていきます。

2.日ごろから自分の良いところ探しをしてみる

自己肯定感の低い人は、理想に届かない自分に劣等感を感じています。思う通りにならないとマイナス思考が生じやすいのです。自分に足りないものをあれこれ悔やんで悩むよりも、今ある自分の良さを見つけてみましょう。誰ひとり完璧な人間などいません。他人にはないあなただけの良さというものは必ずあるはず。その部分を自分で認めて、褒めてあげましょう。自分の価値を自分の中で高めていくことで、ネガティブな思考に縛られなくなります。

3.人からの悪い批評は一意見としてとらえる

相手の考え方が自分と合わないと感じることもあるかと思います。しかし、ひとりひとり物事の考え方は異なるもの。意見が合わずでもお互い適度な距離感が保たれていればうまくやれるとは思いますが、相手から無視された、批判された、いい評価をもらえなかった、怒られた、など、相手のせいで嫌な思いになり、自分も反発し怒ってしまったりする場合もあるかもしれません。しかしそれだと余計事態が悪化してしまうだけ。感情的になる前に、ひとりひとり物事の考え方は違うことを思い出し、ただ単にこの人の一意見なだけ、この人はこういう考え方なだけと認識するにとどめ、ネガティブに捉えすぎないようにしましょう。

4.客観的に「気づく」練習をする

ネガティブな感情に支配されないためには、日ごろから物事を客観的に見つめる練習をしてみるといいでしょう。もしも悲しいと思うことがあったなら、それを「今自分は悲しんでいるのだな」と、自分自身を少し遠いところから見つめてみるのです。直接ネガティブ思考を打ち消すのに効果があるというわけではありませんが、この気づきの習慣によって日ごろ自分の中でわき起こる感情のパターンを知ることができます。そして客観的に物事を考えられるようになり、怒りが起こりそうな場面に出くわしても感情をうまくコントロールできるようになっていくでしょう。

5.自分の感動体験を積み重ねる

なかなか物事に感動しないという人もいると思いますが、少しずつでいいので心が躍るような経験をしてみましょう。たんなるストレス発散というわけではなく、たとえば自分が感動すると思える何かにチャレンジしてみたり、ワクワクするような計画を立ててみたり、好きな仲間とくだらない話で盛り上がってみたりするだけでもいいのです。心から笑顔でいられるそんな経験値が増えると、幸福感や自己肯定感も高まっていきます。

まとめ

怒りの感情に支配されてしまう原因には、根底に悲しみなどのネガティブな感情がありました。それには自己肯定感の低いことが大きく関わっていました。自己肯定感を高めることにより、日常に幸福感や満足感が感じられるようになれば心の鎧もとれて怒りに支配されることもなくなっていきます。そのためにも、上記の方法などで自己肯定感を高め、人生をもっと幸福なものに変えていきましょう!

ライター/君嶋瑠里
2017年綿本彰氏に師事。2018年指導者養成講座を修了しヨガインストラクターになる。日常に活かせるヨガをテーマに実践中。現在ピラティス指導者資格のための勉強中。2018年日本ヨーガ瞑想協会講師登録。2019年全米ヨガアライアンスRYT200取得。ヨガスタジオ、ホットヨガスタジオ、スポーツクラブ、公共施設にて指導。

元記事で読む