1. トップ
  2. すみれが父・石田純一との確執を告白「不倫は文化」でお受験に失敗した過去も

すみれが父・石田純一との確執を告白「不倫は文化」でお受験に失敗した過去も

  • 2020.3.18
  • 10377 views
すみれが「おかべろ」に出演
※2020年ザテレビジョン撮影

3月17日放送の「おかべろ」(フジテレビ)にすみれが出演し、父親の石田純一との間にあった確執を明かす場面があった。

【写真を見る】首にレイをかけフラのポーズをとるすみれ

すみれの父・石田はかつて不倫騒動を起こした際に「不倫は文化」という言葉で世間を騒がせた。

「不倫は文化」のフレーズそのものは石田が発したものではなく、過熱気味の報道が続く中で「不倫は文化」という言葉が一人歩き。

その当時6歳だったというすみれは、小学校受験の時期を迎えていたことを説明し「お受験の時にちょうどその記事が出ちゃって入れなかったんです!」と笑いながら打ち明ける。

公立校に入学した後も父親の不倫騒動の影響は大きく、すみれは学校で「不倫は文化の子」と言われていじめられることに。

小学生にとって不倫は大人の世界の出来事だったが、すみれは「いじめてた子たちもわかってない」と子ども時代を回想する。

成長して不倫の意味がわかる年齢になると、父親に対して冷たい態度で接するようになったとすみれは告白。

一時期は石田との間に壁があり、「(父親から)電話がかかってきても、何言われても『はい…はい…』って感じ。とにかくシャットアウトしていた」という。

その後、大人になってから次第に「悪気のある人じゃない。ママを傷つけようとしたわけじゃないな」と思えるようになったこともすみれは付け加えていた。(ザテレビジョン)

元記事で読む