1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. わかってはいるけど…見て見ぬふりをしてしまう掃除スポット5つ

わかってはいるけど…見て見ぬふりをしてしまう掃除スポット5つ

  • 2020.3.18
  • 10562 views

「あ、汚れているな……」と気づいてはいても、つい掃除を後回しにしたり、さぼってしまったりすることってありますよね。ホコリを見て察知していても、見ていないふりをしてしまうなんて日常茶飯事。
とはいえ、人を招いたときにそんな些細な部分が目にはいり、「うわ」なんて思ってしまうこともあるのです。ここではそんな、「見て見ぬふりをしてしまう掃除スポット」を聞いてみました。

換気扇のホコリ

「トイレとかお風呂の換気扇のホコリ。たまに見て『ホコリがたまってるな』とは思うんだけど、わざわざ踏み台もってきて外して掃除して……っていう過程が面倒くさくて、つい見て見ぬふりをしちゃう。
換気扇のホコリを掃除するのは年に1回、大掃除のときくらいかな……」(30代/パート)

▽ 換気扇のホコリはたまりやすいもの。とはいえ、そのたびに掃除をするのは面倒くさいポイントでもありますよね。わざわざはずして掃除をして戻す、この一連の作業をするのがおっくうで、1年に1度の頻度でしか掃除をしていないことに気づくのです。

電気の笠部分

「電気の笠部分! たまにホコリがかぶっているのが見えたりするんだけど、面倒くさくて……。
『電球が切れるタイミングで掃除すれば大丈夫』って思うんだけど、LEDの電球を使っているから4~5年くらい掃除していない。よく見ないと気づかないし、いいよね……?」(30代/看護師)

▽ 毎日使っている電気。笠の部分にホコリがたまっているのに気づきつつも、放置してしまう人もいるでしょう。「また電球を交換するときにでも……」なんて思っていると、あっという間に年単位で放置されてしまいます。
とはいえ、部屋中の電気の掃除をするとなると時間もかかるので、ついそのままにしてしまいがちです。

トースターのなか

「トースターのなかにパンくずが散らかっているけど、見て見ぬふり! 片づけようとすると、もっとパンくずが散らかりそうだし……。トースターのなかの掃除って地味に面倒くさい……。見かねた夫がいつもトースターのなかを掃除してくれている」(20代/IT)

▽ トースターのなかに散らばったパンくずをそのままにしてしまう人もいるそうです。「腐るものでもないし、片づけるとなると散らかりそうだし、また今度でいっか……」なんて思っているうちに時は過ぎるのです。

化粧ブラシやファンデのパフ

「化粧ブラシとか、ファンデーションのパフ。
色が変わってるなって気づいているし、パフにいたっては表も裏もびっしりとファンデーションがついているけど、いちいち洗うのが面倒くさくて……。『洗っても完全には落ちないしいいかな』って思って、いつも洗わずに新しいものを買っちゃう……。」(20代/学生)

▽ 化粧ブラシやパフは、結構な頻度で汚れてしまうものです。パフにいたってはすぐにファンデーションがびっしりついてしまい、メイクをするたびに「うわ」と思いますよね。洗うのが面倒で買い替える人も多いようです。

ゴミ箱

「ゴミ箱の掃除! ゴミ袋から落下したものが少しずつたまっていて汚れてはいるんだけど、『どうせゴミを入れる箱だからいっか』って思ってしまい、見て見ぬふりです。結構汚いし、洗うのが面倒くさくって……」(20代/保育士)

▽ ゴミを捨てる場所だからいっか! なんて思っているうちに、ゴミ箱が大変汚くなっている人も……。こびりついた汚れはなかなかとれないので、早いうちに掃除をするのがいいことはわかりつつ、放置してしまうんですよね。

元記事で読む