1. トップ
  2. メイク
  3. ベーシックこそ大切。いつものアイメイクが見違える【基本アイライン】の描き方

ベーシックこそ大切。いつものアイメイクが見違える【基本アイライン】の描き方

  • 2020.3.18
  • 15506 views

顔全体の印象はアイメイクで大きく変わりますが、中でも大事なポイントとなるのが“アイライン”。描き方1つで印象はまったく異なってきます。それでは、アイメイクの最重要ポイントといっても過言ではない、基本アイラインの描き方のベーシックばテクニックをチェックしてみましょう。なお、今回はベースメイクと眉メイクを仕上げた状態からスタートし、ジェルアイライナーを使用してアイラインを描いていきます。

(1)上まぶたの粘膜を埋める
ベーシックこそ大切。いつものアイメイクが見違える【基本アイライン】の描き方

▲反対の手の小指で上まぶたを持ち上げると粘膜がしっかり見えます

ジェルアイライナーをアイライナー専用のブラシにつけて上まぶたの粘膜をしっかり埋めます。面倒でもこの工程をしっかりと行うことが美しいアイメイクに仕上げる最大のポイントです。

(2)まつげの隙間を埋める
ベーシックこそ大切。いつものアイメイクが見違える【基本アイライン】の描き方

▲反対の手の小指でまぶたを持ち上げて隠れていた部分までしっかり埋めましょう

粘膜のすぐ上のまつげの根元に沿ってラインを描き、まつげの根元の隙間をしっかり埋めます。まつ毛の濃い部分も面倒がらずしっかり埋めるのがポイント。はっきりとした目の印象をつくる上で大切な工程です。

(3)目尻までアイラインを描く
ベーシックこそ大切。いつものアイメイクが見違える【基本アイライン】の描き方

▲まつげが邪魔で上手くブラシが動かせずにスムーズに描けなくても、ブラシを握った手に少し力をいれてまつげをどけながら描いてください

反対の手の指でこめかみを矢印の方向引っ張ってまぶたを平にして、まつげの根元に沿ってブラシを短くジグザグに動かしながらアイラインを繋げていきます。目尻までアイラインを描いたら薬指でアイライン全体をこすります(アイラインが少々曲がっていてもきれいに馴染みます)。

(4)目尻のラインを3〜5mmのばす
ベーシックこそ大切。いつものアイメイクが見違える【基本アイライン】の描き方

(3)と同じようにまぶたを平にして、アイラインのカーブに沿ってそのまま延長線を描くイメージで、目尻から3〜5mmほど長く描きます。シンプルでどのメイクにも合う基本の目尻です。

ベーシックこそ大切。いつものアイメイクが見違える【基本アイライン】の描き方

▲以上で目の形を生かした自然でシンプルな目尻5mmの基本アイラインが完成

上まぶたの粘膜、そしてまつげとまつげの間をしっりと丁寧に埋めることが、美しいアイメイクの土台となるはっきりとした目元を作る土台となります。これからメイクを本格的に始めるメイク初心者さんにはもちろん、現状の自分のアイラインの描き方にいまいち自信が持てないという方もぜひ実践してみてくださいね。<text:kanacasper(カナキャスパ)>

元記事で読む