1. トップ
  2. ファッション
  3. 「スモーキーピンク」に最適な配色とは?|あえて春らしくせずにシックに着るのが気分

「スモーキーピンク」に最適な配色とは?|あえて春らしくせずにシックに着るのが気分

  • 2020.3.17
  • 1170 views
undefined

今まであった色にフィルターをかけたような「あいまいさ」が特徴的な今季の新色。正確に「○○色」と言い難い、色というより、むしろ「色み」といったほうが近いのかもしれない。どこか気だるい、独特のニュアンスを引き出すために。それぞれの色みに適した最適な配色。

SMOKY PINK
+ gray , beige , ivory…
ピンクには「影を落とす」
春の訪れとともに百花繚乱のピンクを、あえてポジティブに着ない。たとえば濃いグレーやベージュで「影を落とす」。あるいはピンク自体に影を落としたようなくすんだグラデーションで、どこまでもシックが気分。

grayish pink + light gray
相愛のデニムとかごバッグ。「どちらもグレイッシュ」が新しい


カーディガン 20,000円+税/カレンソロジー(カレンソロジー 新宿) 白リネンシャツ 26,000円+税/FLORENT ジーンズ 22,000円+税/リーバイスR オーソライズド ビンテージ(リーバイ・ストラウス ジャパン) かごバッグ 15,000円+税/パロロサ(ロンハーマン) グレーに近いニュアンスのあるピンクのかごバッグ。黒を薄めたようなグレーデニムを合わせた、ある意味でワントーン。

nude pink + dove gray
抜けのない「重い」バランスを新配色で引き続き


ロングコート 39,000円+税/RHC(RHC ロンハーマン) タートルネックニットワンピース 13,400円(税込み)/バナナ・リパブリック タイツ 1,000円+税/17℃(Blondoll 新丸の内ビル店) バッグ 26,364円+税/COS(COS 銀座店) パンプス 46,000円+税/KATIM 「首」と「足首」を濃いグレーで埋めることで、肌に近いトーンのロングコートがぼやけず、引き立つ。

rose pink + charcoal gray
くすみの強いピンクにはより強く「影」を落として


ニット 26,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) ベルトつきロングスカート 16,000円+税/TOMORROWLAND ソックス 1,600円+税/17℃(Blondoll 新丸の内ビル店) ショートブーツ 18,900円+税/A de Vivre こっくりとしたピンクには、くすみを払う白やベージュ系の合わせが鉄板だけど、そろそろありきたり。濃く、スモーキーに、「くすみを払わない」ほうが新鮮。

pink brown + beige
ヌーディなワンピースの「影」として引き締める効果の深みピンク


カーディガン 24,000円+税/ギャルリー・ヴィー(GALERIE VIE 丸の内店) キャミワンピース(3月発売予定) 36,000円+税/ソブ(フィルム) パンプス 13,900円+税/A de Vivre 簡単なのは「そもそも陰ったピンク」を利用したグラデーション。ボリュームのあるワンピースを落ち着かせるようにはおるピンクブラウンのカーディガンは、潔いVネックと足元の抜けで全身バランスを整えて。

shell pink + ivory
「ときには明るい配色」と思わせて白の中でも「影のある白」を




カーディガン 24,000円+税、ニットパーカ 21,000円+税/ともにJAMAIS VU(ハルミ ショールーム) パンツ 7,980円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) サングラス 54,000円+税/EYEVAN 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ) バッグ 9,800円+税/ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店) パンプス 23,000円+税/ファビオ ルスコーニ(ジャーナル スタンダード 表参道) くすんだ白パンツを。

元記事で読む