1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. もううんざり……マウンティング女子あるある! 〜SNS編〜

もううんざり……マウンティング女子あるある! 〜SNS編〜

  • 2020.3.17
  • 7391 views

キラキラ女子と呼ばれるマウンティングアカウントが増えて、それに対してツッコミを入れるマウンティングアカウントも一緒に増えてゆきました。
どちらも見ていて気持ちのいいものではありませんが、優越感に浸っている時間は甘い甘い素敵なもの。
SNSからマウンティングアカウントがなくなることはないでしょう。
今回はそんなあるあるSNS投稿を集めてみました。

モテアピールのつもり? SNSのマウンティング投稿


「また合コン誘われたんだけどw 外食ばっかで太っちゃう〜」
「今日のデートはフレンチでした♡ 昨日の彼と焼肉行ったばっかだけど、いっぱい食べちゃったー」
はい。これらはどちらも、2つの事柄について自慢したい投稿ですね。
合コン三昧キラキラ、モテる女はつらいよ系がひとつ目。
早く1人の男を捕まえれば外食ばかりな毎日から解放されると思うのですが、選り好みしている時間が幸せなのでしょう。
本来の意味とは違った幸せ太りを経験してください。
2つ目は、同時に複数の男性から言い寄られているモテ女ぶりを自慢しつつ、意識高い系発言を入れることなく「こんなに食べても太らない私すごいでしょ、羨ましいでしょ」という自慢です。
正直、聞いているこっちの胃がもたれてしまいそうです。

金持ちアピール・人生充実アピールのマウンティング

「海外旅行もいいけど、さすがに飽きてきたー。移動も時間かかるし、国内旅行の写真あげてる人見ると羨ましくなる」
なら海外へ行かなければいいんです。
でも、何回も海外旅行へ行けるお金もある、これだけ人生充実している、ということを他人に見せびらかすことでマウントしているんですね。
精神衛生によろしくありませんから、気分を害した方はあまり見ないほうがいい投稿です。

非モテ女子に多いマウンティング投稿

「今日もナンパされたんだけど……ほんと○○駅ナンパ多くてしんどいー。しかも彼氏いるからこっちは! みたいな」
一度ナンパされると「すぐ男を誘惑しちゃう私って罪な女」なんて勘違いしちゃう系女子です。
彼氏がいるなら、ナンパされたことを公言しないほうがいいんですけどね……舞い上がっちゃうみたいです。
この彼氏も、実在しない場合もあるなど、なかなかな妄想力の持ち主がこのタイプのマウンティング女子に多いです。

旦那や彼氏自慢でマウンティング投稿

「旦那が海外出張ばっかだから、家族で食事や遠出なんて全然できてない……ディズニー行ってる投稿とか見ると羨ましくなっちゃう。ならスマホ見るなって話だけど」
忙しい、稼ぐ、デキる男と結婚してるの、リア充なの、とアピールすることで自尊心を保とうとしているのでしょう。
あなた自身は何をもっているのか、そちらを自慢してくれたほうがまだ気分がいいんですけれど。
なかなかそんな投稿はしてくれない、シャイなんですね。

さいごに

マウンティングに巻き込まれると、どうにも気分がモヤモヤして反論したくなったりさらなるマウントを取りたくなったりしてしまいます。
でも、それって余計に疲れてしまうだけなんですよね。
うまく受け流して、自分のために時間を使っていきたいですね。
(廣瀬伶/ライター)



元記事で読む