1. トップ
  2. ビートたけし、堀ちえみに共感「絶望して死ぬよりも、絶望しても生きている方がいい」

ビートたけし、堀ちえみに共感「絶望して死ぬよりも、絶望しても生きている方がいい」

  • 2020.3.17
  • 3526 views
堀ちえみの話に共感するビートたけし
(C)ABCテレビ

2004年にスタートした「たけしの家庭の医学」(テレビ朝日系)シリーズが、3月17日(火)夜7時放送の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」(毎週火曜夜8:00-8:54)をもってレギュラー番組としての放送が一旦終了となる。

【写真を見る】堀ちえみ、まぶしいほどの笑顔を見せ生き生きと話す

最終回となる今回は「芸能人が自ら警告!身近な症状を甘く見てはいけない!SP」と題し、身近な不調がとんでもない大病へと繋がり、壮絶な闘病を体験することになった芸能人たちの症例を紹介。また、新型コロナウイルスについても緊急取材を敢行。名医4人を取材し、感染してから重症化する人としない人の違いなどを紹介する。

今回登場したのは、2019年2月に末期の舌がんであることを公表した堀ちえみ。

「本当は怖い口内炎」として、2018年5月頃に舌の裏にできた小さなできものを口内炎と思い込み、痛みを我慢し続けたために舌がんをステージ4にまで進行させてしまった“3つの過ち”がVTRで明かされる。

2019年2月22日、すべての腫瘍を切り取るために舌の6割を切除し、太ももの皮膚や皮下組織を舌に移植する大手術を受けた堀。

その後の懸命なリハビリによって声を取り戻す姿を見たビートたけしは、「しかし見事に喋れるようになって…今の医療ってすごいね!」と驚きつつ、「たくましいね!母親として子供もちゃんと育てて…」と言いながら堀と対面。

「よくそんなに喋れるようになったね」と感心するたけしに、堀が「言語聴覚士の先生の元で、私の今の舌に合わせて、一音一音調整しながら舌のリハビリをしています」と明かすと、「新しい発声法で、音の出し方を覚えなきゃいけないんだ!」とたけしは驚がく。

堀は「舌を失ったことで私は生まれ変わって、一音一音私独自の喋り方で、全部喋っています」と胸を張る。

「どんな姿でもいいから存在していて欲しい」

もともと堀は「舌がんというものが存在することすら知らなかった」ために、痛みを我慢し続けてしまったという。

医師からがんのステージ4と宣告された時は、「もう人生終わりかな…」と思ったというが、そんな堀に移植手術を決意させたのは「手術のあと、どんなに辛いことが待っていたとしても、やっぱり手術でがんを取り除いてもらって、頑張って生きていて欲しい。どんな姿でもいいから存在していて欲しい」と言ってくれた家族だったという。

そして「時計の針は戻せないから、悔やむんじゃなくて、運命として受け止めて、先へ進んで欲しいって、16歳の娘に諭されました」と明かした。

そんな堀にたけしが心境を尋ねると、「今の方がいいです!」と即答。「舌を失ってしゃべりづらいですけど、がんと一緒にいろんな余分なものを取り去っていただいた感じで、生きていることがすごく素晴らしく感じられる」と話すと、たけしも「絶望して死ぬよりもね、絶望しても生きている方がいいんだよね」と激しく共感。

「オレも事故を起こした時、最初は死んじゃえば良かったと思った…今死んだら“伝説の男”になれるなって、ざまぁみろって病院のベッドの上で思ってた。でもそうじゃなくて生かされてるんだよね」と振り返ると、堀も「ホントにそんな感じです!」と意気投合する。

収録後のインタビューでも、「たけしさんとは40年近く一緒にお仕事をさせていただいていますが、昔は水泳大会に全裸で乱入してくるような人で、ずっと“なんてひどい人だ”と思ってました(笑)。でも今日は、たけしさんが私の気持ちを手に取るように分かってくれて…。一度は死を受け入れて、“死ねばよかった”を経験したあとに、“生きていてよかった”という境地に到達したというたけしさんのお話が、自分が今まさに感じていることと同じで、 “生きてるって素晴らしい”っていう気持ちを共感できたのがすごくうれしかった。40年近いお付き合いですが、今日、初めて心が通じ合った気がしました(笑)」と語った。

「大病をしても、それを乗り越えれば、すごく素晴らしい人生が待っている」

今回の出演について、「病気をしたからってつらいとかかわいそうじゃなくて、大病をしても、それを乗り越えれば、すごく素晴らしい人生が待っていることを伝えたかった」という堀。「自分では喋りがまだ十分ではないので、見ていて痛々しいと思われるのが嫌だったが、司会がたけしさんだったので、自然に背中を押してもらえた」と話す。

また今は「世界がキラキラツヤツヤして見えるので、“あ、生まれ変わったんだ!”と感じている」と話し、たけしも「事故で生まれ変わった」という言葉を使っていたので、その気持ちがすごくよく分かったと喜びをにじませる。

この日の収録では、たけしのジョークに大笑いする堀の姿が度々見られた。生き生きと話し、まぶしいほどの笑顔を見せる彼女の姿はまさに世間も待ち望んでいたものだ。

最後に掘は「私の場合、早期発見できなかったことが悔いとしてあります。皆さんにはぜひ口の中に異常があったら、すぐ病院に行っていただいて、早期発見、早期治療をお願いしたい」と呼びかけた。

本番組が今回で最終回を迎えることについては、「私も入院中によく見ていました。再現VTRなどで病気のことをしっかり説明してくれる非常に分かりやすい番組だったので残念です」と惜しみつつ、「最終回にこのような形で出演させていただけて、皆さんに私の体験をお伝えすることができたので光栄に思っています」とコメント。

さらに今後の予定として、「2022年にはデビュー40周年を迎えるので、ぜひライブで歌いたい。そのために頑張って舌の筋トレをしていますので、ファンの方には楽しみに待っていていただきたいです」と語った。

堀が出演するコーナー「本当は怖い口内炎」では、このほか、自分でチェックできる「口内炎と舌がんの症状の見分け方」なども紹介。また、三田佳子、天龍源一郎も出演し、自身の闘病体験を語る。(ザテレビジョン)

元記事で読む