1. トップ
  2. レシピ
  3. 美をつくる秘密がいっぱい! 海藻&漬物を使った地味メシレシピ

美をつくる秘密がいっぱい! 海藻&漬物を使った地味メシレシピ

  • 2020.3.17
  • 1165 views

見た目は地味だけれど、美肌をつくる効果も絶大! 「MAQUIA」4月号では、ヘルシーフードとして世界的に注目が集まっている"和食"を大特集。「海藻」「漬物」のレシピをお届けします。

日本の伝統食こそ最強のビューティフード
大豆・海藻・乾物・発酵食品…
J美肌をつくる"地味メシ"のすすめ


お話を伺ったのは…

料理研究家 荒木典子さん
調理師学校や出版社を経て料理研究家に。料理教室主宰。著書は『まいにちの和食』(KADOKAWA)。今回の地味メシレシピを提案。


海藻

食物繊維やミネラル、ヨウ素が豊富

海苔、ひじき、わかめとさまざまな形で海藻を食べる日本。腸内の余分なコレステロールや老廃物を排出する水溶性食物繊維や、ミネラルを含有。ヨウ素には新陳代謝を高める効果が。


【わかめ】

髪や皮膚の健康を保つヨウ素のほか、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどが豊富。血糖値の急上昇を防ぐ水溶性食物繊維も多い。


ささみとお酢でさっぱり味に

鶏ささみとわかめの酢の物

材料:作りやすい分量
わかめ(乾燥)…6g
鶏ささみ …1本
酒…少々

A
白味噌…大さじ2
米酢…大さじ2
砂糖…大さじ1/2


作り方
1 わかめは水でもどして水気をよくきる。鍋に湯をわかし、酒を加えたら、鶏ささみを入れて火を止め、蓋をしてゆっくりと火をとおす。

2 ①のわかめは食べやすい大きさに切り、ささみは手で裂く。

3 ②に、混ぜ合わせたAを加えてあえる。


漬物

漬け方や食材が多種多様。日本独特の野菜摂取法

野菜などを塩、酢、酒粕などとともに漬け込み保存性を高めたのが漬物。ビタミン豊富な野菜を手軽に効率よく摂取できるのと、ぬか漬けの乳酸菌は免疫力をアップする効果も。


【梅干し】

疲労回復にいいクエン酸などの有機酸が多い梅干し。カルシウムや鉄などのミネラルも多く、有機酸にはその吸収を高める効果も。


クエン酸パワーで疲労も回復

鯵の梅なめろう

材料:作りやすい分量
しょうが…1かけ
青じそ…10枚
梅干し…1個
鯵(刺身用)…1尾分
しょうゆ…小さじ1ほど


作り方
1 しょうがと青じそはみじん切りにする。梅干しは種を取り除いてたたく。鯵は細かく切る。

2 ①をまな板の上にすべて乗せて包丁でたたきながら混ぜ合わせる。しょうゆを加えて味を調整する。



MAQUIA 4月号

撮影/豊田朋子 スタイリスト/洲脇佑美 料理/荒木典子 取材・文/和田美穂 企画/髙橋美智子(MAQUIA)


【MAQUIA4月号☆好評発売中】

元記事で読む
の記事をもっとみる