1. トップ
  2. 遊園地&動物との触れ合いを一度に満喫!「那須りんどう湖レイクビュー」の楽しみ方

遊園地&動物との触れ合いを一度に満喫!「那須りんどう湖レイクビュー」の楽しみ方

  • 2020.3.14
  • 259 views

那須高原で唯一の湖、りんどう湖を囲う「那須りんどう湖レイクビュー」は、約30万平方メートルもの広大な敷地にアトラクションや乗り物、牧場を有するレジャー施設。そんな「那須りんどう湖レイクビュー」の楽しみ方や基本情報を紹介。

【写真】水上を滑空するスリル満点の人気アトラクション「ジップライン~KAKKU~」

豊かな自然に囲まれた「那須りんどう湖レイクビュー」
KADOKAWA

湖上を滑空する「ジップライン」が大人気!大自然の中で思い切り遊ぼう

【写真】水上を滑空するスリル満点の人気アトラクション「ジップライン~KAKKU~」
KADOKAWA

まずはおすすめのアトラクションをピックアップ。注目は、湖上に張られたワイヤーを滑車を使って滑空する「ジップライン~KAKKU~」だ。湖上を滑るジップラインは同園が世界初。片道の距離は220メートルと日本最長クラスを誇り、爽快感とスリルをたっぷり味わえる。料金は往復1000円。小学3年生以上から利用可能だ(体重25~90キロが対象)。

「忍者アスレチック 忍者の里」の入口。森の中にあり、雰囲気も抜群
KADOKAWA
忍者気分でさまざまな修行にチャレンジ!写真は「蟻地獄脱出」
KADOKAWA

森の中で体を動かして遊べる「忍者アスレチック 忍者の里」も見逃せない。ここには忍者修行をイメージしたさまざまなアスレチックが設置されている。急斜面を駆け上る「蟻地獄脱出」をはじめ、巨大ジャングルジムやイカダ渡りなど、子供たちの好奇心をくすぐるアスレチックがそろっている。子供向けが中心ではあるものの、なかにはボルダリングもあり、パパとママも一緒に楽しめるはずだ。料金は小学生以上1名1回1000円。小学生未満1名と保護者1名の1回分の利用料金がセットになった「親子セット」1300円も販売されている。

ほかにも、魅力的なアトラクションや乗り物が盛りだくさん。体重移動によって前進加速、減速、ブレーキのコントロールができる電動二輪車「エアホイール」(1台1000円)や、湖上から那須連峰を眺められる「遊覧船」(片道1名400円)、林間のコースでは国内最長クラスを誇る「ゴーカート」(1名乗用は1周500円、2名乗用は1周700円)など、家族全員で楽しむことができる。

かわいい動物たちに癒やされる触れ合い体験も充実

1番の人気者、アルパカたちは個性豊かな5頭がお出迎え
KADOKAWA

乗り物やアトラクションと合わせて楽しみたいのが動物たちとの触れ合いだ。同園ではアルパカやヤギ、アヒル、ヒツジ、カピバラ、馬、ジャージー牛といった全16種の動物たちが暮らしている。

アルパカをはじめとした動物たちが園内を練り歩く「アニマルパレード」
KADOKAWA

なかでも毎日14時から開催されている「アニマルパレード」は必見。園内1000メートルのコースを、アルパカ、ヤギ、羊、ポニー、アヒル、犬、猫が練り歩く。並んで歩く動物たちを見ているだけでも癒やされるが、パレード中は動物たちに触れることも可能。フラワー階段の前では動物紹介も行われる。

「動物たちのGO!GO!ラッシュ!」の様子。走るアルパカは必見だ
KADOKAWA

毎日15時から実施されている「動物たちのGO!GO!ラッシュ!」も名物イベント。園内の牧場やふれあい広場にいる動物たちが走って牧舎に戻る様子を楽しむことができる。他ではなかなかお目にかかれないダッシュするアルパカなど、目の前を駆け抜けていく動物たちの姿に大興奮間違いなしだ。なお、アルパカ以外に、ヤギ、羊、子羊が参加する。

※「アニマルパレード」および「動物たちのGO!GO!ラッシュ!」は、動物の体調により出演する種類が変更になる場合あり。

動物たちにエサをあげて仲良くなろう
KADOKAWA
乳牛の乳搾り体験。牧場スタッフが搾り方を教えてくれるので、初めての人や子供も安心
KADOKAWA

この他、動物たちにエサをあげる体験(300円)や、乳牛の乳搾り体験(200円)を通して触れ合うことができる。

ステーキ食べ放題も!地元食材満載のグルメが充実

りんどう湖に面して建つ「那須の恵み Mekke! ブッフェ&マルシェ」
KADOKAWA

アトラクションや動物との触れ合いに加え、那須高原の食材を用いたグルメも魅力だ。同園に併設されている「那須の恵みMekke!ブッフェレストラン」では、地産地消のメニューをブッフェスタイルで提供。ランチブッフェでは60品を90分間、食べ放題で堪能できる。

ブッフェレストランで味わえるディナーメニューの一例
KADOKAWA

なかでも、富士の溶岩石を使った「武藏窯」でジューシーに焼き上げるステーキや、自家製のジャージー牛乳を使用したメニューが自慢だ。金・土・日・祝日のディナータイムには、薪窯で焼くステーキとハーフブッフェをセットで楽しめる。「那須りんどう湖レイクビュー」の入園ゲートの外にあるので、レストランのみの利用もOKだ。

※「那須の恵みMekke!ブッフェレストラン」は3月19日(木)まで冬季休業。20日(金)以降はブッフェスタイルでの営業および予約を一時休止。最新情報は公式サイトでチェックを。

また、こだわりの商品が並ぶショップ「Mekke!マルシェ」もあり、ここでは自家製のジャージー牛乳や乳製品、スイーツ、熱々のピザ、ドイツの伝統的なソーセージ「ヴルスト」などを購入できる。

無料のシャトルバスも運行!アクセス&入園料をチェック

電車・バスで行く場合は、東北新幹線那須塩原駅から無料のシャトルバスが運行しており、駅から40分ほどで到着。JR黒磯駅からの場合はタクシーで20分ほどで到着する。車で行く場合は、東北自動車道那須ICから約10分、または那須高原スマートICから約15分。2050台を収容できる無料の駐車場が用意されている。

入園料は、大人(中学生以上)1600円、小人(3歳~小学生)800円、シニア(60歳以上)1100円。アトラクションや乗り物の利用は、別途「乗り物券」を購入しよう。いろいろ楽しみたいなら、2800円で乗り物(一部を除く)が3500円分利用できるお得なチケット「とくとく乗り物券」がおすすめだ。(東京ウォーカー(全国版)・水梨かおる)

元記事で読む