1. トップ
  2. 恋愛
  3. 焦っているときには出会えない? 運命の恋をしやすいタイミング5つ

焦っているときには出会えない? 運命の恋をしやすいタイミング5つ

  • 2020.3.13
  • 5751 views

今現在、恋活にいそしみ運命の人を探している女性もいるかもしれません。ですが、そういうときほど「この人!」と思える相手に出会えなかったりしませんか……? 運命の人というのは、必死に探していないときにポッと現れたりするのです。
そこで今回は、「運命の恋をしやすいタイミング」をご紹介します。

恋活をしていないとき

恋活をしていないときというのは、男性を「恋愛対象かどうか」という視点で見ていません。肩に力が入っていないぶんフランクに接することができるので、友人関係から徐々に恋愛に、そして結婚に……という流れになりやすいのです。
必死になっても惨敗続きというのなら、恋活から少し離れてみてもいいかもしれません。恋を意識していないときほど、将来につながるようないい出会いがあったりしますよ。

結婚を諦め始めた頃

恋活をしなくなったときもそうですが、結婚願望が弱まり始めた頃に気になる男性が現れることは多いです。結婚願望が強いと、どうしても理想の男性しか目に入らなくなって、それ以外の男性を排除してしまいがち。
一方、結婚を諦め始めた頃というのは男性を見る目が緩くなるので、恋の入り口がかなり広くなっているのです。運命の人を引き寄せたいのなら、婚活の休憩も大事と言えるでしょう。

精神的に余裕が生まれたとき

精神的なゆとりがないときには、恋をする余裕もなくていい人がいても見逃しがちです。精神的に余裕ができると、男性を見る目がやや緩くなって恋をしやすくなります。
ちゃんと恋がしたいのなら、忙しくても心の余裕を残しておいたほうがいいです。休日にはしっかりとリフレッシュするなど、自分の内面を健康的に保つ努力をしましょう。

元カレへの未練がなくなったとき

元カレを引きずっていては、運命の恋どころか遊びの恋すら難しいものです……。元カレへの気持ちを吹っ切れたとき、新しい恋はおのずと訪れます。新しい恋がやってくるというより、恋のチャンスに気づけるようになるんです。
運命の恋を望むのなら、過去の恋愛はいい思い出にして未練は捨て去ったほうが吉。未練をずっと抱いていても、いいことなんてないですからね。未練が残っているのならば、無理に恋活をしないほうがいいです。

恋愛のハードルが下がったとき

年齢とともに自信がなくなり「自分の市場価値も下がったなぁ」と思い始め、それに比例して理想も下がったタイミングで運命の人と出会うケースもあります。恋のハードルが下がると恋愛対象が広がるため、今まで眼中になかった人も恋愛対象になるのです。
誰にだって理想はあるでしょうが、ハードルをちょっと下げるだけでいい人にめぐり会えることもあります。運命の人は、意外と近くにいるかもしれませんよ。

元記事で読む