1. トップ
  2. 代々木公園のお花見攻略法!都心のオアシスで春を満喫

代々木公園のお花見攻略法!都心のオアシスで春を満喫

  • 2020.3.13
  • 122 views

原宿駅から徒歩3分、東京の中心部にもかかわらず、54万平方メートルもの広さを誇る憩いの公園「代々木公園」。春には約600本のサクラが園内を彩り、お花見に訪れる人でいっぱいに。今回は、代々木公園でサクラを見るなら外せないスポットや、周辺のグルメスポットを紹介する。<※情報は春Walker首都圏版2020より>

【写真】サクラが水辺を華やかに演出

「代々木公園」 / 見頃:3月下旬〜4月上旬 本数:約600本 品種:ソメイヨシノ、オオシマザクラなど

サクラが彩る都心のオアシス
KADOKAWA

開花し始めると「桜の園」にサクラのトンネルができ、その名に恥じない美しさに。サクラと青空のコントラストを毎年多くの人が楽しみにしている。ほかにも、中央広場の南東や南門付近にもサクラの木が並ぶ。代々木公園は電車でのアクセスが抜群で、JR原宿駅のほか、東京メトロ明治神宮前〈原宿〉駅、代々木公園駅、小田急代々木八幡駅からも徒歩で行ける。使い勝手のいい路線を探して出かけよう。

【写真】サクラが水辺を華やかに演出
画像提供:代々木公園

<住所:東京都渋谷区代々木神園町2-1 / 時間:見学自由 / 休み:なし / 料金:無料>

「Beasty Coffee [cafe laboratory]」

おしゃれなカフェでひと休み
KADOKAWA

お花見散策の前後に立ち寄りたいグルメも紹介。おすすめは、オリジナルブランド「Beasty Coffee by amadana」のフラッグシップ店「Beasty Coffee [cafe laboratory]」。ワークショップも行うスタイリッシュなカフェだ。コーヒーは500円(税込)〜となっている。

<時間:9:00〜19:00 / 休み:なし>

気軽にアクセスできる都心に広がる代々木公園。グルメやショッピングと一緒に、春気分を満喫しよう!

※新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、集団での飲食を伴う宴会等での利用をお控えいただきますようお願いいたします。散策しながらお花見を楽しむ際は、咳エチケット等の徹底をお願いいたします。

※掲載されている情報は2020年1月29日時点のものです。施設や店舗の都合により変更の場合がありますのでご注意ください。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)

元記事で読む