1. トップ
  2. 中村倫也主演の『水曜日が消えた』主題歌は須田景凪!謎が深まる予告も解禁

中村倫也主演の『水曜日が消えた』主題歌は須田景凪!謎が深まる予告も解禁

  • 2020.3.13
  • 429 views
『水曜日が消えた』須田景凪が初の実写映画主題歌を担当!
[c]2020『水曜日が消えた』製作委員会

1人の人間の内側で、曜日ごとに入れ替わって暮らす“7人の僕”を中村倫也が演じる『水曜日が消えた』が5月15日(金)より公開。このたび、本作の主題歌を、いま注目のアーティスト須田景凪が担当することが発表され、あわせて本楽曲が使用された予告映像が解禁となった。

【写真を見る】穏やかな横顔で眠る中村倫也…7人の演じ分けに注目!

幼い頃の交通事故をきっかけに、曜日ごとに入れ替わる“7人の僕”。そのなかでも最も地味でつまらない通称“火曜日”の視点を通して描かれる本作では、ある日“水曜日”が消えてしまったことから、その日常が徐々に驚きと恐怖へと変わっていく…。気鋭の映像クリエイター100人を選出するプロジェクト「映像作家100人2019」に選ばれるなど注目を集める吉野耕平が、完全オリジナル脚本となる本作で長編映画デビューを果たし、監督、脚本、VFXすべてを担当している。

そして本作の主題歌を担当するのが、今回が初の実写映画主題歌となるアーティストの須田景凪。現在放送中のドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」でも主題歌を担当し、隅々までこだわりの詰まったメロディーが多くの若者の支持を集めている須田だが、本作の主題歌「Alba(アルバ)」を製作するにあたり「この映画を初めて見た時、大きな衝撃を受けました。『Alba』を制作する上で、“百人百様の日々を肯定する楽曲にしたい”というテーマが自分の中にあり、ひとつずつ言葉を選んでいきました」とコメント。本作のテーマや想いを楽曲に込めたことを明かしている。

さらにあわせて解禁された予告映像では、主人公の“火曜日”が初めて水曜日の朝を迎える様子が映しだされており、いつもは休館している図書館を楽しみ、その図書館で瑞野(深川麻衣)と出会う様子が描かれる。しかし「火曜日だよな、そっち」と携帯画面越しに“火曜日”ではない僕に問いかけられると、主人公に降りかかる謎を予感させるシーンがアップテンポなメロディーにのせて続々と映し出される。元同級生の一ノ瀬(石橋菜津美)や新木(中島歩)、安藤(きたろう)、高橋(休日課長)ら“7人の僕”を取り巻く人物が登場するなか「水曜も木曜も大事な人がいて、僕のせいでお別れもできなかった。だから返してあげなくちゃダメなんだ」と切実な声で訴えかけ、映像の後半では「僕が消えたらさ」というセリフと共に倒れてしまう火曜日の姿が…。はたして火曜日はどうなってしまうのか?中村倫也が“7人の僕”をどう演じるのかにも注目が集まるなか、物語の行方にもさらなる期待が高まる!

<須田景凪(主題歌)コメント>

「今回、映画『水曜日が消えた』の主題歌を担当させて頂きました。この映画を初めて見た時、大きな衝撃を受けました。中村倫也さんが演じる、曜日ごとに性格が異なる主人公。彼の中ではごく当たり前な日常が、感傷的に、細部まで美しく描かれています。僕らも自然に暮らしをしていく中で、行動や話し相手によってキャラクターが自然にスイッチする瞬間があると思います。そのどれもが自分自身であるという事を改めて考えさせられました。

『Alba』を制作する上で、“百人百様の日々を肯定する楽曲にしたい”というテーマが自分の中にあり、ひとつずつ言葉を選んでいきました。また、映画でしか聴けないアレンジも組み込みました。是非、劇場で映画と共に楽しんで頂けたら嬉しいです」(Movie Walker・文/富塚 沙羅)

元記事で読む