1. トップ
  2. 三田寛子、30年ぶりのフジ連ドラ出演で「浦島太郎の気分です(笑)」<アライブ>

三田寛子、30年ぶりのフジ連ドラ出演で「浦島太郎の気分です(笑)」<アライブ>

  • 2020.3.12
  • 183 views
三田寛子、佐津川愛美が「アライブ がん専門医のカルテ」最終回で、絆の強い母娘を演じる
(C)フジテレビ

松下奈緒が主演を務め、3月19日(木)に放送される木曜劇場「アライブ がん専門医のカルテ」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)最終話に、三田寛子、佐津川愛美が出演することが決定。絆の強い母娘を演じる2人が、見どころなどを語った。

【写真を見る】一足先にクランクアップを迎えた三浦翔平

三田寛子、佐津川愛美が演じる母娘の姿が心を熱くする

本作は、内科の中でも腫瘍内科(メディカル・オンコロジー)というがんに特化した診療科を舞台に、今の医療現場に最も求められているがんのスペシャリストたちの戦いと苦悩を描く“メディカル・ヒューマン・ストーリー”。

「男と女 二ューヨーク恋物語II」(1990年)以来、30年ぶりにフジテレビ連続ドラマに出演する三田は、ステージIIIの食道がん患者・橘千寿子(たちばな ちづこ)役。そして、佐津川は千寿子が女手一つで育ててきた娘・橘麗奈(たちばな れな)を演じる。

千寿子は、心(松下)から抗がん剤治療の効果が見られ、手術ができる状態になったと説明を受けたものの、「手術を遅らせてほしい」と言い出す。その理由を、女手一つで育てた娘の結婚式に出席したいためと明かすが、心は「手術は早めにやったほうがいい」と助言。

「離婚してから仕事一筋で、迷惑ばかり掛けてきたので、結婚式だけは予定通り挙げさせてやりたい」と、強い意志を示す千寿子。一方、麗奈は「自分の結婚式よりも母の命が大切なので、手術は予定通りやってほしい」と心に訴える。

娘の幸せを何よりも願う母親を演じる三田。初共演となる佐津川と演じる、母ひとり、子ひとりで支え合って生きてきた母娘が共に病を乗り越えようとする姿は、視聴者の心を熱くする。

また、阿久津(木下ほうか)から国立がん医療センターへの移籍の話を持ち掛けられた心。腫瘍内科における最先端の環境で研究や治療ができるチャンスだが、最高のパートナーである薫(木村佳乃)から離れる決断ができず悩んでいた。

かけがえのない存在だからこそ言い出せない、それぞれの思いが交差する最終話となる。

橘千寿子役:三田寛子コメント

――30年ぶりのフジテレビ連続ドラマ出演について。

現場、いいですよね! 昔から収録現場が大好きなんです。当時はスタッフのほとんどが年上でしたが、今回は年下の方が多いので緊張しています。他にも女性のスタッフの方が増えたなとか、変化を見つけてはうれしい反面、ドキドキしています。

佐津川さんにも「今、現場はどういう感じですか?」なんて、いろいろ質問してしまいました。でも、30年の時間はあっという間です。「男と女 ニューヨーク恋物語II」では、今でも年に2、3回同窓会をやっていて、よく会っています。

会う度に「昨日のことみたいだね!」なんて話していますが、もう30年もたっているなんて…浦島太郎の気分です(笑)。

――「アライブ」出演のオファーを聞かれた際の心境について。

お話をいただいてから撮影までの期間がタイトだったので、「患者さんに見えるかな」と役作りへの心配はありました。でも、なによりもお声を掛けていただいてうれしくて、ありがたかったです。すぐに「やりたい!」と、喜んでお引き受けさせていただきました。

――橘千寿子を演じる上での思い。

実生活で子供が3人いますので、重なる思いがあったり、改めて“私ってこういう母親としての感情があったのか”と気がつくことができたりしました。普段の生活の中で、母親として特別な意識はしていませんし、“一生20歳!”の気分で毎日を過ごしています(笑)。

ですので、千寿子を演じることで自分が母親として経験したこと、感じていることに自分自身、向き合うことができました。新たな発見が多くてとても勉強になります。

――視聴者へメッセージ。

私も母をがんで亡くしていますし、周りにもがんで闘病中の方がいますので、感情的になってしまうかもしれないと思っていました。いろんな感情がこみ上げてきますが、監督にご指導いただきながら、現場では千寿子の思いに集中して演じています。

全11話、「アライブ」のキャストさん、スタッフさんが築いてこられた世界観や思いを、自分が壊さないように頑張っています。今は医学が進んで、治療と日常生活の両立を目指せるようになってきています。

ご覧いただいた皆さまに、「アライブ」を通して“生きること”を身近に感じていただけたらと思います。希望とか前向きなことを伝える、一端を担えればうれしいです。

橘麗奈役:佐津川愛美コメント

――「アライブ」出演のオファーを聞かれた際の心境について。

命と向き合う作品なので、しっかりと丁寧に取り組まなければいけないなと思いました。しかも、連続ドラマの最終回ということで、これまで築き上げてこられた「アライブ」の世界観の1つになれたことがうれしいです。

――橘麗奈を演じる上での思い。

手術の日程をめぐり、母親の千寿子と麗奈の意志が食い違ってしまいます。でも、監督ともお話しさせていただいたのですが、女手一つで育ててくれた母のことが大切で、真っ直ぐな人だからこそ、麗奈はその選択をします。

その麗奈の思いを表現できたらと思います。私も家族のことになると心配し過ぎてしまう面があるので、共感する部分も多いです。

――視聴者へメッセージ。

治療をされているご本人も大変かと思いますが、自分自身の経験から周りにいる方も大変です。今回は、娘にとっては母が頑張って生きようとしてくれることが生きがい、お母さんにとっては娘の幸せが生きがい、お互いの思いが相乗し合っている関係です。

ご覧いただいた方が希望を感じてくださったり、少しでも前向きになれたりする、1つのきっかけになれたらうれしいです。ぜひ、ご覧ください。(ザテレビジョン)

元記事で読む