1. トップ
  2. レシピ
  3. 【管理栄養士おすすめ!】時短シューマイレシピ&電子レンジ調理のメリット解説

【管理栄養士おすすめ!】時短シューマイレシピ&電子レンジ調理のメリット解説

  • 2020.3.10
  • 3373 views

電子レンジでの調理は、時短につながるので忙しい主婦にとってはぜひともマスターしてほしい手段です。この記事を読んでちょこっと、電子レンジ調理について詳しくなりましょう。おすすめの簡単レシピも載せました!

電子レンジ調理のメリット

時短で作れる簡単シューマイのレシピに行く前に少しだけ、知っておいて損はない電子レンジ調理の豆知識をご紹介します!

電子レンジ調理をすることで時短で、おいしく、効率よく栄養素を残すことができます。

メリット①とにかく手間が省ける

実は、電子レンジでは、豆腐の水抜き、油揚げの油抜きなどの下処理が可能です。また、野菜の下茹で、肉の加熱などが可能です。フライパンや鍋で行うと油を引いたり時間がかかったり、目を離せなかったりしますが、電子レンジはボタンを押せばあとは待つだけです。

メリット②栄養価を壊しにくい

普段、茹でて食べる野菜などは電子レンジ調理の方が水の中で茹でるより栄養素が残りやすいと言われています。それは、野菜などの食べ物の中には水に溶け出やすい水溶性の栄養素が含まれるからです。

ビタミンCやビタミンB群、ミネラルなども溶け出やすく、お湯で茹でると茹で汁に栄養素がでていきます。電子レンジはその点、水溶性の栄養素を逃がしにくい加熱方法となります。

③片付けが楽

焼いたり茹でたりすると、フライパンや鍋などの使った器具の大きな洗い物が出ます。焦げ付きや、油汚れなどを落とすのは大変です。電子レンジでは大きな洗い物が出ずに少量ですむので片付けも時短にできます。

電子レンジが要注意な食べ物

電子レンジで加熱をはじめると爆発音がしてびっくりしたことはありませんか?
下記のものは要注意です!
・たまご
・ソーセージ(皮膜のあるもの)
・水分が少ない野菜(ごぼう、さつまいもなど)
・お茶などの液体

これらの食品は爆発したり、水分量がたりずに焦げついたり、急激に沸騰して溢れ出たりします。
皮膜は切れ目を入れ、水分が少ないものは水を振りかける、液体は大きめの器にいれるなど工夫をしましょう。

電子レンジで上手に温めるコツ

・ラップをしてしっとりキープ
ラップには水分を保ってしっとり温める役割があります。多くの料理はラップをしないと硬くなったりパサパサになったり失敗しやすくなります。

・揚げ物の時はラップ不要
揚げ物を電子レンジであたためるとき、ラップをすると衣が柔らかくふやけたようになりやすいです。揚げ物は、サクサクにしたい場合はラップをかけずに電子レンジで温め、水分を飛ばします。

【管理栄養士おすすめ!】レンジでシューマイ

管理栄養士の私がおすすめする、電子レンジを使ったシューマイレシピです。火を使わず、とっても簡単にできるうえ、栄養も取れておいしいです。

所要時間:15分
出来上がり量:2人分(8個分)

材料

・豚ひき肉または鶏ひき肉 200g
・玉ねぎ 1/2個
・えのき 1/2パック
・酒 小さじ2
・しょうがチューブ 小さじ1
・片栗粉 大さじ1
・しょうゆ 小さじ2
・塩こしょう 少々

作り方

1.えのきは約1㎝長さに切ってほぐし、玉ねぎはみじん切りにする

2.ボウルに玉ねぎ、ひき肉、酒、しょうがチューブ、片栗粉、しょうゆ、塩こしょうを入れて粘りが出るまでこねる

3.2を8等分にして丸め、周りにえのきを付ける

4.3を耐熱容器にのせてふんわりとラップをかけ、電子レンジ600Wで約5分加熱してそのまま約5分ほど蒸らす

5.皿に盛れば完成 ※お好みで酢じょうゆやからしをつけて召し上がってください。

おいしくつくるコツ

・えのきをキャベツなどのやわらかい野菜に変えてもおいしくできます。もちろんシューマイの皮でもできます。
・大きすぎると中まで加熱しづらくなるので直径4~5㎝くらいの大きさになるようにするといいです。
・しょうがチューブをすりおろしたシしょうがにするといっそう風味が引き立ちます。
・耐熱皿は団子が密集せず,離して並べれるくらい余裕のある大き目サイズを使いましょう。
・片栗粉を入れることで舌触りが滑らかになります。

栄養面からのポイント

豚肉などに含まれるビタミンB1は、糖質をエネルギーに変える代謝を助けてくれます。
個の栄養素を効率よくとるには、玉ねぎなどに含まれる成分と一緒に摂るといいです。
玉ねぎや白ねぎなどに含まれる「アリシン」という成分がビタミンB1の吸収を促進してくれます。

この働きは、玉ねぎの代わりに白ネギの白い部分でも代用できます。

時短レシピ×電子レンジ まとめ

電子レンジは忙しい主婦にとって味方になってくれるアイテムです。
コツを覚えて、上手に使って日々の家事のストレスを少しでも緩和できれば幸いです。

元記事で読む