1. トップ
  2. 「ドラゴン桜」 新シリーズ放送決定記念! Paravi で2005年放送「ドラゴン桜」を無料配信

「ドラゴン桜」 新シリーズ放送決定記念! Paravi で2005年放送「ドラゴン桜」を無料配信

  • 2020.3.10
  • 465 views
Paravi(パラビ)でドラゴン桜を3月31日まで無料配信!
(C)TBS

【写真を見る】今も昔も変わらないカッコよさ…阿部寛

動画配信サービス「Paravi(パラビ)」では、2020年夏のTBS日曜劇場枠での「ドラゴン桜2」(仮)放送決定を記念し、2005年7月期に金曜ドラマ枠で放送し社会的ブームを巻き起こした「ドラゴン桜」を、3月10日から配信することが決定。「ドラゴン桜」が動画配信されるのは初となる。

さらに、Paravi(パラビ)では、新型コロナウィルスの感染拡大防止に伴う小中高の休校要請を受けて、自宅で過ごすことになった学生に向け、配信中の一部コンテンツを会員登録なしで見ることができる期間限定無料公開を実施中だが、「ドラゴン桜」も3月31日まで無料公開。

2005年に放送された「ドラゴン桜」は、倒産寸前・低偏差値の私立龍山高校にやってきた主人公の弁護士・桜木建二が、超進学校に生まれ変わらせようと生徒と共に奮闘する姿を描いたドラマ。

歯に衣着せぬ物言いをする桜木の姿は受験生の心を惹きつけ、受験生のみならず多くの若者に勇気を与えた。また前作で大きな話題となったのが、東京大学合格のための“桜木メソッド”と呼ばれる勉強法。

「1日16時間勉強法」を徹底し、物理の公式の実践、卓球やトランプをしながらの計算など、その突飛だが実に理にかなった勉強法は視聴者を驚かせ、実際にその勉強法を実践し、大学受験で合格を勝ち取った学生も多かったという。

また、今現在目覚ましい活躍をみせている日本を代表する実力派俳優陣、山下智久、長澤まさみ、小池徹平、新垣結衣ら、が「東大クラス」の生徒として出演していることにも注目。

【写真を見る】今も昔も変わらないカッコよさ…阿部寛
(C)TBS

2020年の夏、TBS日曜劇場枠で放送される「ドラゴン桜2」(仮)は、前作から10年後を描く続編。原作は、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)にて2018年から人気連載中の三田紀房による「ドラゴン桜2」。主人公・桜木建二を演じるのは、前作から引き続き、唯一無二の圧倒的な存在感を放つ阿部寛。

TBSでは日曜劇場「下町ロケット」シリーズで演じた主人公が記憶に新しく、ほかにも連続ドラマから劇場版へと展開した日曜劇場「新参者」など、視聴者に長く愛される番組で主演を務めている。

阿部が演じる桜木は、元暴走族の弁護士。前作で龍山高校を退職してからは、その功績を買われ弁護士として私立大学の経営指導をするべく各地を転々としている。

相手が誰でも物怖じせず、歯に衣着せぬ物言いで論破する桜木だが、 彼の弁舌が現代においてどのような変化をもたらすのか。

そんな桜木が今回立ち向かうのは、前作から10年後の龍山高校。偏差値30の学校ながら東大合格者を出した龍山高校だが、桜木が去った後は下降の一途を辿っていた。その窮地を救うべく、再び龍山高校からのオファーを受けるところから物語は始まる――。 (ザテレビジョン)

元記事で読む