1. トップ
  2. 松村北斗(SixTONES)「芝居に監督からリクエストをいただけると、より楽しさが増す」<10の秘密>【コメントあり】

松村北斗(SixTONES)「芝居に監督からリクエストをいただけると、より楽しさが増す」<10の秘密>【コメントあり】

  • 2020.3.10
  • 681 views
向井理と佐野史郎
(C)カンテレ

【写真を見る】ドラマ「パーフェクトワールド」制作発表会見での松村北斗。このドラマで松村は俳優としてのポテンシャルの高さを見せつけた

向井理主演ドラマ「10の秘密」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)第9話が3月10日(火)に放送される。その9話の見どころを出演者の佐野史郎と松村北斗(SixTONES)が語った。

本作は、向井が演じる主人公・白河圭太と関わるさまざまな登場人物たちのはかりしれない秘密が絡み合い、次々に事件が巻き起こるオリジナル脚本の本格サスペンス。佐野は圭太の元妻・由貴子(仲間由紀恵)が顧問弁護士をしていた帝東建設の社長・長沼豊を、松村は母の死の真相を追う音大生・伊達翼を演じている。

逃亡する由貴子をのせた小型船が爆発

3月3日に放送された第8話では、逃亡する由貴子をのせた小型船が圭太と菜七子(仲里依紗)の目の前で突然爆発するという、衝撃的なラストを迎えた。また、母親の死の真相を確認するため、竜二(渡部篤郎)に接触した翼だったが、“10年前の火事”のアリバイを主張され、真実は闇に。

第9話では由貴子の死は事故ではなく、他殺の可能性があったことを圭太は刑事から聞かされる。そして、事故現場にいた圭太に対しても疑いの目が向けられる。

一方、母親の死の真相を突き止めるため奔走する翼と圭太。2人は“10年前の火事”での驚くべき秘密をある人物から聞き出し、遂に真相が明らかになる。10年前に翼の母親を殺した犯人とは? そして由貴子の死の真相は? 第9話は、すべての謎が解き明かされるクライマックスへとつながる重要な回といえるだろう。

佐野史郎演じる長沼豊
(C)カンテレ

佐野史郎、自身の役柄は「内面に弱さと孤独を抱えた人」

佐野が演じる長沼豊は竜二(渡部)をつかって会社の建築不正の“秘密”を隠そうとするが、なかなか“秘密”を闇に葬ることができない。信頼しているように見えた竜二に対しても、竜二の部下の磐城を使ってゆさぶりをかけるなど、怖い顔も見せる役柄。

佐野は演じる長沼について「上昇志向と私利私欲が強いだけの人物ではなく、責任感が強く統率能力にもたけている人物」と分析する。腹に一物を抱える竜二の思惑すら読んで巧みに動かす手腕などを見ていると、この分析にも納得できる。

続けて佐野は、「内面に弱さと孤独を抱えた人」とも話した。確かに、竜二に揺さぶりをかけるシーンなどからも一目は置いているが、完全に信用していない。そんな長沼の本心はチェインストーリー(8.5話)で描かれている。

伏魔殿・帝東建設の人間は、まったく考えが読めない。仙台由貴子・宇都宮竜二・磐城英明・長沼豊…誰もが企業人としてさまざまな思惑を抱えている。第9話では、そんな竜二や長沼の新たな秘密が明かされることで、点で描かれてきた物語が、最終話に向けて繋がってくる。

松村北斗「核心に迫る部分をどこまで表現できるか」

母親の死の真相を追う伊達翼の心の襞を繊細な演技で表現する松村北斗
(C)カンテレ

また、母親の死の真相を追う伊達翼を演じる松村北斗に聞くと「自分としては、一番ワクワクする放送回。クライマックスに向けての鍵となるシーンが多々隠されていることから見ごたえがあり、のめりこめる!」と話した。

また、松村はドラマ撮影の中で大変だったのは第9話だと言う。

「第5話も大事なシーンでしたが、最終話に向けクライマックスとなるので、核心に迫る部分をどこまで表現できるかを考えたのが第9話でした。実に繊細な内容なので。全話とも全力で翼を演じさせてもらえたのでドラマの撮影は楽しく、さまざまな場面で芝居に監督からリクエストをいただけるとより楽しさが増すという感じ」

と翼を演じてきた感想を含め撮影を振り返った。(ザテレビジョン)

元記事で読む