1. トップ
  2. メイク
  3. 寒色と暖色の中間、多面性をもつパープルがマイブーム! 紫の囲みアイズで春を先取り。【メイクレシピ:TSUKINA】

寒色と暖色の中間、多面性をもつパープルがマイブーム! 紫の囲みアイズで春を先取り。【メイクレシピ:TSUKINA】

  • 2020.3.10
  • 1085 views

寒色と暖色の中間、多面性をもつパープルがマイブーム! 紫の囲みアイズで春を先取り。【メイクレシピ:TSUKINA】

2020.03.09 17:37

【さらに写真を見る】寒色と暖色の中間、多面性をもつパープルがマイブーム! 紫の囲みアイズで春を先取り。【メイクレシピ:TSUKINA】

春の訪れが感じられるこの頃。巷のイットガールたちはメイクにどんな気分を求めてる? 今回フォーカスするのはショートカット&クールな眼差しが印象的なモデルのTSUKINA(ツキナ)(Instagram:@tsukina_official)。服飾の専門学校を経てモデルの仕事をスタート、今年から海外での活動も視野に入れている彼女は、パープルを主役にしたソフト囲み目メイクで一足早い春を満喫中。「季節の変わり目はニュアンスのある中性色を取り入れたくて。パープルは暖色でもなく寒色でもない、いまの気分にフィットする色。アイシャドウもマスカラも同系色で揃えて統一感を出しました」。鍵を握るのはアイホールに広げた濃淡の異なる2色のアイシャドウ。同じパープル系でもトーンを微妙に変えることによって、奥行きのある目元に仕上がるそう。「ベースにシャネルの薄いパープルを広げ、目尻をくの字に囲むようにアディクションの濃いパープルを重ねています。外側に向かってグラデーションをつけることで、アイラインを引かなくても自然と目力が生まれるんです」。マスカラもパープルに近いバーガンディをチョイス。光に当たったときに色がわかるくらいの、さりげないニュアンスがお気に入りとのこと。

 

アディクション コンパクトアディクション シノワズリ 002、シャネル オンブル プルミエール プードゥル 30 ヴィブラン ヴィオ レ、アディクション スパークリング カラード マスカラ WP 01

冬場はブラウンな目元が定番だった彼女だけれど、この春はカラーを取り入れたメイクにどんどんトライしていきたい気分。「シャネルのアイシャドウは薄づきでふんわりした仕上がり。濃すぎないのでベースとして調整しやすいです。アディクションの9色パレットは、中央左の濃いパープルを使用。ラメも少し大粒で、パーティに出かけるときなど重宝しますね」。アディクションのマスカラはウォータープルーフ仕様。にじみにくく、発色も上品でおすすめなんだそう。

 

モデルという職業柄もあって、普段の肌はすっぴんにかなり近い感じ。下地やファンデーションは使わず、コンシーラーで気になるところをカバー、シェーディングで頬をすっきりさせたらベースメイクは終了。「夏は日焼け止めクリームを塗りますが、冬場はコンシーラーだけで十分かな。あとはカッサでむくみを取ったり、腸活のサプリメントを飲んだり。できる範囲でヘルシーな習慣を取り入れています」

 

ニールズヤード レメディーズ フェイシャルマッサージKASSA、BISOU エンハンシングスティック アンバー、BISOU エンハンシングスティック クリスタル

メイクアップアーティストYUKIさんが手がけるBISOUのコンシーラーは、肌質をアップグレードしてくれる優秀コスメ。植物由来成分が角質を和らげ、肌のバリア機能も高めてくれるのだとか。「クリスタルでクマやシミを消したら、アンバーで頬に陰影を。用途によって2本を使い分けています。パーム油やシアバターが配合されているので使用感はしっとり。ツヤがほどよく出る感じも気に入っています」。カッサプレートはニールズヤード レメディーズ。陶器製がおすすめだそうで、オイルで滑りをよくしながらしっかりとマッサージ。

 

リップは青みのあるピンクと赤、そしてダークなプラムカラーをミックス。「直塗りするのではなく、指でポンポンとつけながら好みの色に調整していきます。潤いが足りないと思ったときは、上にグロスを重ねて少しツヤを足すのもポイント」。トレードマークのボーイッシュなヘアは、代々木上原の「AWRY BY THE MANNER」にてカット。ベリーショートの時代を経て、現在はバングス長めなショートボブに落ち着いているそう。「濡れ髪にロレアルのトリート メントオイルをつけたらスタイリング完了。手入れもラクで気に入っています」

 

アディクション リップグロス 036 パープルレイン、シュウ ウエムラ ルージュ アンリミテッド マット M PK 378、資生堂 ヴィジ ョナリー ジェルリップスティック 224 ノーブルプラム、シュウ ウエムラ ルージュ アンリミテッド アンブリファイド マット AM RED 163、マークスアン ドウェブ ハーバルリップ&ネイルバーム、エスティローダー ピュア カラー エンヴィ スムージング スクラブ

「シュウ ウエムラの赤リップは、マットで発色もよく、落ちにくいところがお気に入り。そこにピンクとプラムカラーのリップを混ぜて、パープルっぽい色に近づけています。グロスとして活用したのはアディクション。レスメイクを楽しみたい日は、これ1本で出かけることもあります」。度重なるメイクによって荒れやすくなった唇は、エスティローダーのリップスクラブ&マークスアンドウェブのバームでケア。入念に手入れすることで、撮影映えするぷるんとした唇をキープ。

 

TSUKINA’S RECIPE

・パープルのソフト囲み目メイク
・リップは多色使いで好みの色に
・バングス長めの無造作ショート

 

元記事で読む