1. トップ
  2. レシピ
  3. 憧れのふわっふわ食感。お店のような「スフレパンケーキ」の作り方

憧れのふわっふわ食感。お店のような「スフレパンケーキ」の作り方

  • 2020.3.9
  • 103179 views

ふんわりスフレパンケーキがおうちで♪

美しいきつね色に焼かれたパンケーキは、子どもはもちろん、大人である私たちをもウキウキさせてくれる不思議な力を持ったスイーツ。



喫茶店のようなクラッシックなものから、真っ白な生クリームが山となったハワイで食べるようなパンケーキまで、ひとことでパンケーキといってもいろんなタイプが登場しています。



今回ご紹介するのは、しゅわっととろけるスフレタイプのパンケーキ。メレンゲを泡立てるひと手間がありますが、焼き上がったときの感動はひとしおです。パティシエの筆者が、とっておきのスフレパンケーキの作り方をお教えします。

とろける「スフレパンケーキ」の作り方

むずかしい材料は必要ありません!メレンゲを立ててからは時間との勝負。材料と道具の準備が仕上がりを左右します。さっそく作っていきましょう。

材料(3枚分)

・卵黄……30g(M玉2個分)

・卵白……50g(M玉2個分)

☆バター……25g

☆牛乳……25g

・レモン汁……5滴

(瓶入りタイプでも構いません)

・薄力粉……20g

・砂糖……30g

(今回は三温糖を使っていますが、上白糖やグラニュー糖でも構いません)

・サラダ油……適量

必要な道具

・ボウル(20cm前後、ひとつはプラスチックか耐熱ガラスがベストです)……2個

・ホイッパー

・ゴムベラ

・ハンドミキサー

・フライパン(フッ素加工、厚手推奨)、ふた

・キッチンタイマー

・ぬれ布巾

・フライ返し(幅が広いもの推奨)

・水(フライ返しを濡らすのに使います)

・スプーン(カレースプーンのような大き目のもの推奨)

下準備

・薄力粉を振るっておきます。

・バターは室温に戻しておきます。(冷たいままの場合、レンジにかけたときに溶けやすいように、角切りにしておきます)

作り方
1. ベースとなる卵黄生地を作ります

☆をボウルに入れ、500wのレンジに1分ほどかけてバターを溶かします。

ホイッパーで全体が馴染むように混ぜます。

卵黄を加えてさらに混ぜ合わせます。



全体を混ぜるだけで泡立てる必要はありません。

振るった粉を入れてホイッパーで混ぜます。



全体がなめらかになったらベース生地の完成です。

2. 卵白を泡立ててメレンゲを作ります

卵白にレモン汁を入れ、ハンドミキサー中高速で泡立て始めます。



砂糖を加えてしばらくすると、しだいにモコモコと泡立ってきます。





写真のようなもったりとした状態になったら、残りのメレンゲを加えます。

砂糖が全部入ったら、つやのある状態になるまで泡立て続けます。写真のように角の先が少しお辞儀するくらいがベストです。



3. ベース生地にメレンゲを混ぜ合わせます

はじめにメレンゲの1/2の量を加え、ホイッパーで合わせていきます。





完全に混ぜ切らず、大きなメレンゲの塊がなくなったら次の工程に進みます。



ゴムベラに持ち替え、先ほどと同じ動きで混ぜ合わせていきます。メレンゲを混ぜるときは、ボウルの下のふきんは取り除くとボウルがスムーズに動きますよ。



4. フライパンで焼いていきます

フッ素加工のフライパンに、キッチンペーパーで薄く油を敷きます。この段階では火はついていません。



生地の上に、さらにスプーン1杯の生地を静かに置きます。

このまま

5. 裏返してさらに4分焼きます





パンケーキのサイド(白い部分)をやさしく触って、生地が指についてこなければ焼き上がりです。まだ焼けていない場合は、同様に2分焼いてください。

憧れのスフレパンケーキが完成!

メレンゲのおかげでふわっふわに焼き上がった、スフレパンケーキが目の前に……!



季節のフルーツで華を添え、粉糖でお化粧すれば完璧です♪

メレンゲの力だけで膨らんだパンケーキは、時間とともにしぼんでいきます。何枚か写真を撮っているうちに、少しずつしぼんできました。



「これはいけない!」と慌ててカットしひと口。しゅわっと溶けるシルクのような口どけ、カフェで食べるあの味です。粉が少なく卵が多いレシピなので、卵の素朴な香りが口いっぱいに広がります。



儚いパンケーキは空気のように軽いので、2枚があっという間になくなってしまいました。これはハマりそう!

ふんわりパンケーキのポイントは…

1. 艶のあるメレンゲを作るべし!

スフレパンケーキの最大のポイントが、メレンゲ作り。レモン汁を入れることで、メレンゲがよりしっかりとしたものになります。



しっかりとしたメレンゲが必要とはいえ、泡立てすぎは禁物!バサバサとした状態は立てすぎです。を目指しましょう!

2. フライパンの熱をコントロールすべし!

弱火でじっくり焼くスフレパンケーキは、フライパンの熱を制すれば成功したも同然。

薄いものしかない場合、弱火とはいえ長時間火にかけると熱くなりすぎて焦げる原因になるので、ぬれ布巾にのせて適度に熱を逃がしてあげましょう。

コツを押さえてスフレパンケーキをおうちの味に♪

文章にすると工程が多くなりますが、これもすべておいしいパンケーキを食べるため。できあがったふわふわのスフレパンケーキは、作るときの苦労なんて忘れてしまうおいしさです。



コツをしっかりと押さえて、スフレパンケーキを自分のレシピにしてくださいね♪

元記事で読む