1. トップ
  2. “東宝シンデレラ”福本莉子、自らの境遇にリンク「うるっとしてしまいました」

“東宝シンデレラ”福本莉子、自らの境遇にリンク「うるっとしてしまいました」

  • 2020.3.9
  • 402 views
トモ役で「パパがも一度恋をした」に出演中の福本莉子
(C)東海テレビ

【写真を見る】ブレザー&萌え袖にファンも大喜び

毎週土曜放送中のドラマ「パパがも一度恋をした」(フジテレビ系)に、主演を務める小澤征悦の娘・トモ役で福本莉子が出演中。福本は、長澤まさみや上白石萌音・萌歌姉妹らを輩出した「東宝シンデレラ」オーディションで2016年にグランプリを獲得した。そんな福本がインタビューに応じ、作品の見どころの他、撮影現場の様子、さらに今後の目標などを語った。

――「トモ役の子がかわいい」と評判ですがいかがですか?

本当にうれしいです。このドラマに出演してから、自分のインスタグラムもたくさんの方に見ていただき、応援していただいています。まさに「パパ恋」さまさまです(笑)。

――ドラマも最終話に近づいてきましたが、毎週ご覧になっての感想は?

毎週笑って泣いて、こんなに振り幅のあるドラマは見たことがなく、とても面白いです。ポップな世界観で悪い人が一人も出てこない平和な設定もすてきだと思います。全員が一生懸命だけど、どこかちょっとズレている。いとおしい登場人物たちも見どころです。

今の自分とリンクして…

「パパがも一度恋をした」より
(C)東海テレビ

――山下トモ役とどう向き合ってこられましたか?

山下家の中で娘のトモは、一番普通の感覚を持っていて、視聴者に一番近いキャラクターだと思います。視聴者の皆さんと同じ目線で山下家の「事件」をお届けしているので、親近感を持っていただけていたらうれしいです。毎話のナレーションも担当しているんですよ。

――トモに共感したシーンなどありますか?

一番印象的だったのは第2話の公園のシーンで、ママ/おっさん多恵子(塚地武雅)に「ずーっと一人で頑張ってきたんだもんね」と言われるシーンです。私も去年上京して一人暮らしをしているので、今の自分とリンクして…。そのせりふはとても心にしみて、うるっとしてしまいました。

――現場の様子はいかがですか?

小澤さんがムードメーカーでとても面白い方です。そのノリに塚地さんが参加するとさらに面白くて、空き時間もまるで山下家の延長のような会話をしています。その楽しい雰囲気が、ドラマにも反映されているような気がします。

一人ご飯も全然大丈夫

「パパがも一度恋をした」より
(C)東海テレビ

――第5話の撮影ではキャストの皆さんに見守られながら、一人でサンバを踊るシーンを撮影されていましたね?

最初は予定になかったのですが、急きょ私一人だけで50秒ぐらいサンバを踊りました。一人でサンバを踊ることなんて、なかなかないですよね。みんなもニコニコしているだけで誰もツッコんでくれないし、どうしてこういう流れになったのか自分でもよく分からないままやりきりました(笑)。

――今年挑戦してみたいことはありますか?

体を動かす趣味を見つけたいです。整体の先生に「体が張っている」と言われるので、運動をした方がいいのかなと思っています。撮影でサンバを少し踊っただけでかなり消費したので、今後“サンバダイエット”がはやるかもしれないですね(笑)。

――最近の趣味や、楽しんでいることはありますか?

昼ご飯を食べながら「夜は何を食べよう?」と考えてしまうぐらい、ご飯を食べることが大好きなんです。せっかく外食するならおいしいものを食べたいので、先日もおいしいご飯屋さんをしっかり調べて目的のお店に行って、その後は食器屋さんやパン屋さんを散策して帰りました。一人ご飯も全然大丈夫、買い物も一人で行くタイプです。

私にとっては新たな挑戦

「パパがも一度恋をした」より
(C)東海テレビ

――少しお休みがあったら何をしますか?

このドラマが終わったら小旅行を予定しています。食べ歩きもしてリフレッシュしてパワーを充電してきます!

――今後はどんな挑戦をしてみたいですか?

パパ恋のようなコメディー作品は初めてで、私にとっては新たな挑戦でした。まだ経験していないような作風や役にもどんどん挑戦していきたいです。

――視聴者にメッセージをお願いします。

ドラマもいよいよ後半になりましたが、山下家はいつも何かが起きています。この作品は「塚地さんがママ」という状況だけ認識していただければ、途中から見ていただいても十分楽しめます!ぜひ多くの方に見ていただきたいです。(ザテレビジョン)

元記事で読む