1. トップ
  2. <ハケンの品格>篠原涼子、“13年ぶり”のクランクイン「愛とこだわりを感じる」

<ハケンの品格>篠原涼子、“13年ぶり”のクランクイン「愛とこだわりを感じる」

  • 2020.3.8
  • 143 views
スペインのとある村で撮影が始まったドラマ「ハケンの品格」
(C)NTV

4月15日(水)スタート、篠原涼子が主演を務めるドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)がクランクイン。13年ぶりに“大前春子”になった篠原が登場すると、撮影現場に集まったスタッフから大きな拍手が起こった。

【写真を見る】意識高い系新入社員・三田貴士役の中村海人(Travis Japan)

最初のシーンは、春子がオフで過ごしているスペインのとある村。春子が村から馬車で去るシーンからのスタートとなったが、この馬車は13年前、同様のシーンで使われたのとまったく同じ馬車。さらに馬車を引くのは、13年前に出演した馬の子どもと孫だという。

そんなゆかりある“共演者”に篠原はスタッフと大盛り上がり。撮影の合間に馬と一緒に写真を撮るなど、終始穏やかな雰囲気の中で撮影は進んでいった。

空には虹が

また、撮影終了後、スペインの子役と写真を撮っていると、空には虹が架かるサプライズもあったという。

篠原は「ついに13年ぶりのハケンの品格の幕が上がりました。当時着ていた衣装が出てきたり、同じ馬車が出てきたり、スタッフみんなの作品への愛とこだわりをいろんなところで感じています。チーム一丸となり新たな気持ちで頑張ります!」と、意気込みを語った。

毎週水曜夜10時より放送される「ハケンの品格」、篠原の他、小泉孝太郎、杉野遥亮、吉谷彩子、山本舞香、中村海人(Travis Japan)、塚地武雅、伊東四朗らが出演。脚本は中園ミホが担当する。(ザテレビジョン)

元記事で読む