1. トップ
  2. 恋愛
  3. 僕を父にしてくれてありがとう ~姉妹誕生物語その3~【もりりんパパと怪獣姉妹 第26話】

僕を父にしてくれてありがとう ~姉妹誕生物語その3~【もりりんパパと怪獣姉妹 第26話】

  • 2020.3.7
  • 1847 views

姉妹誕生物語:長女編の続きです。



前回のお話はこちらからご覧いただけます。





出産のあまりの苦しみに嫁さんが握る力は相当強く、切れて血がにじむ僕の腕。でも、そんなのはどうでもいいと思ってしまうほどに苦しそうな顔をしている嫁さん。唇の周りは痛々しく毛細血管が浮き出ています。




それでも。
この後元気な赤ちゃんと会えることを希望にひたすら頑張るその姿。




出産において男とはあまりにも無力。



そう痛感させられましたが…
とにかくそばにいたい。
そばで見守りたい。
せめて隣で頑張っている嫁さんとこれから産まれてくる赤ちゃんを応援したい。




何もできない僕ではありましたが、ただひたすらそう願い祈っていました。



そんな状況だったのですがね。




ここでふと産婦人科の先生に声をかけられましてね。



赤ちゃんの頭が見えてきたからちょっと覗いてみませんか、と。



…。



……。



………。










はい( ゚д゚)!!






つい見に行ってしまいました。
…因みに、これは後で嫁さんから聞いたお話なんですけどね。






何を言っているんだこいつらは(# ゚Д゚)






と思っていたとのことでした。
す…すまん嫁よ。


嫁はよもや痛さと苦しさでそれどころではなかったのでヤケクソで諦めたそうです。
はい、本当にすみませんでした。



出産の時…夫の立ち合いはどこまでするのか、妻はどういった希望があるのかをきちんと夫婦で話し合っておくべきでしたね。


この辺りも、初めての出産ということで考えや配慮が足りなかったと思います。ちなみに、およそ7年後の次女出産のときは妻と話し合った結果、定位置から動かないことを徹底しました。



でも…この時見たのは半分まで出てきていた赤ちゃんの頭でね、本当に後もう少し! という感じで感動したんです。



そして、いよいよもう1回のいきみで産まれるという時に。





ついに誕生の瞬間。



明らかにその場の緊張感が高まっているのが感じとれました。




頑張れ…頑張れ!!







ここで吸引をすることに。



赤ちゃんの頭に機械が取り付けられ引っ張られます。






頑張れ…!!







がんば…






れ(゚д゚)!?






そしてついに赤ちゃんの身体全てが出てきたのですが、目の前には僕の想像を遥かに超えたものが…!!









なっげぇ:(;゙゚''ω゚''):!!






吸引されていた赤ちゃんの頭が、めちゃくちゃ伸びている!!



顔のサイズと同じ長さの頭が目の前に。
これも後で聞いたのですが、赤ちゃんって産道を通るために頭の骨がかなり柔らかくなっているんですよね。なので吸引をするとこういうことになりやすいみたいで。



ちょっ、それはいくらなんでも伸びすぎじゃない? という感じで、少し焦ってしまいました。



でも。




こうやって無事に産まれてくれた。



目の前で泣いているのは、まだまだ小さいけれど確かな強さを発している新たな命。



おめでとう長女。
今日が君の誕生日。
これから、大きくなるまで見守っていくからね。
一緒に過ごしていこうね。



そして。




ありがとう嫁さん。



ここから僕が親としての実感をもつまでには少し時間がかかってしまったけど、こうやって出産に立ち会って大変さや自分の無力さ、そしてそれでもそばにいることの大切さや嬉しさ感動などを感じることができてとても良かったと思うよ。



この時のことは15年近く経った今でもとてもよく覚えている。
本当にありがとう。
僕を父にしてくれてありがとう。




こうして、2005年のとある夏の日の早朝に長女は誕生したのでした。



あ、そうそう。
産まれたときにびっくりした長女の頭の形でしたが、しばらくすると(1ヶ月ぐらいだったと思います)自然な丸い形になりました。
人間の身体って不思議だなぁと思いつつ、これにも感動してしまいましたね。



さて、今回で長女の誕生物語は完結なんですけどね。実はこのお話、長女に今一度見てもらいたくて書いたお話でもあるのです。



それは2020年の初め。
長女と嫁さんによる大きなケンカが発端となっていたのでした。



そのお話はまた機会があれば書かせて頂きたいと思っています。
それでは、無力な父の若き頃のお話でしたが…



ここまで読んで頂きありがとうございました!!

(もりりんパパ)

元記事で読む