1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. レディー・ガガ、ベンツに落書きしてそのままタコベルのドライブスルー

レディー・ガガ、ベンツに落書きしてそのままタコベルのドライブスルー

  • 2020.3.6
  • 8733 views

3年ぶりの新曲「ストゥーピッド・ラブ」をリリースしたレディー・ガガが、高級外車メルセデスベンツに落書きする姿を自ら公開した。(フロンントロウ編集部)

ガガが高級車に落書き

俳優としてのキャリアを築きながら最近では音楽活動に勤しむレディー・ガガが、2017年にリリースした「ザ・キュア」以来の新曲「ストゥーピッド・ラブ」を発表。この楽曲を発表するまでに、様々な流出騒動に巻き込まれたガガだったけれど無事に新曲をリリースすることができ、さらに先日には『ジョアン』以来約3年ぶり6枚目となるアルバム『クロマティカ(Chromatica)』を4月10日にリリースすることも発表した。

いよいよ本業であるシンガーとして再始動し始めたガガは、自身のインスタグラムにある動画をアップ。ガガはその動画の中で、高級外車である真っ白なメルセデスベンツのオープンカーのボンネットにピンクのスプレーやペンで新曲のタイトル「Stupid Love」という文字を落書き。そのほかにもミラーやクルマのドアなどに落書きしており、しかもなんと、ガガはそのまま落書きされたままのベンツに乗り友人の運転で近くのタコベルへ向かった。

ガガはこの動画と共に「ずっと仕事で疲れてるせいで、自分のウィップをスプレーペインティングしちゃった時」と、メルセデスベンツを指すスラングであるウィップ(whip)という言葉を使って、愛車にペイントした経緯を明かした。しかし、1台数百万円はくだらないメルセデスベンツに落書き出来るのは、セレブなガガならではの発想で、その落書きされたクルマに乗ってファストフード店のドライブスルーへ行くとはかなりのツワモノ。

ちなみにガガは2018年からスタートしたラスベガス公演を4月30日から再開させ、5月半ばにラスベガスでの最後の公演を行なう。しかし、7月からは3年ぶりのニューアルバム『クロマティカ』を引っさげ行なわれるツアーを開催し、まずは欧米のファンのもとでパフォーマンスする予定となっている。(フロンントロウ編集部)

元記事で読む