1. トップ
  2. ネイル
  3. ネイルサロンあるある

ネイルサロンあるある

  • 2020.3.6
  • 2573 views

セルフネイルに疲れた女性の駆け込み寺とも言えるネイルサロン。両手を委ねて頭を空っぽにしているだけで、きれいな手元が手に入る。まるで夢のような場所ですが、現実はそう単純ではないようです。ネイルサロンのあれこれを取り上げます。

■施術中は落ち着かない

ネイルやってもらってるあいだ、何もすることがない。
手を交互に出さないといけないからウトウトなんてできないし、スマホいじりも、まぁはかどらない。

■思ってたのとだいぶ違う

「こういうのにしてほしい」って写真を見せても、だいたい違う感じに仕上がる。
期待はずれ率は、美容院に比べても格段に高いと思う。

■実は顔を知らない

街を歩いてたとき、知らない女性に「いつもありがとうございます!」って声かけされる。

「誰だろう?」と思っていたら、いつも行ってるネイルサロンのお姉さんだった。
そう言えば、マスク姿しか見たことなかった。

■意外にこちらも疲れる

座って手を前に差し出してるだけなのに、
ネイルサロンに行った日は、すごく肩が凝る。

確かに手にはずっと力が入ってる感覚があって、
UVライトを当ててるときに、手がプルプル震えることがある。

■正直、不安

ジェルネイルをネイルマシンでオフしてもらっているとき、振動や摩擦熱が恐怖。
本音を言えば、爪が薄くなってしまう気がして不安。

■気持ちいい

ニッパーで甘皮をピッピッと除去してもらうのが好き。
できればちょっとぞんざいに、荒々しくやって欲しい。
痛気持ちいいぐらいがちょうど良い。

甘皮は爪の健康を保つために必要だとか言われても気にならない。

■できれば、放っておいてほしい

会話がしんどい。

美容師さんだと後ろから話しかけられることが多いし、聞こえないふりもできなくはないけれど、ネイリストさんの場合は、対面だから無視できない。
マスクしていて表情もわからないし、どうも話しづらい。

■中毒

いったんネイルサロンに行ってジェルネイルを施術してもらうと、次回予約で500円オフと言われて予約するから結局通うことになる。

そうでなくても、あまりに楽すぎてやめられなくなる。

元記事で読む