1. トップ
  2. 岩手・一関の食文化を描いたドキュメンタリー映画「もち」の予告映像が解禁!

岩手・一関の食文化を描いたドキュメンタリー映画「もち」の予告映像が解禁!

  • 2020.3.6
  • 196 views
このたび公開された映画「もち」のポスター
(C)TABITOFILMS・マガジンハウス

岩手・一関市骨寺村を舞台に、その土地の食文化である“餅”をテーマにした映画「もち」の公開日が4月18日(土)に決定。合わせて、ポスター画像と予告編映像が公開された。

【写真を見る】主人公・ユナを演じた佐藤由奈のピュアなビジュアル

本作は、少女・ユナ(佐藤由奈)の中学生活最後の1年を追いながら、一関の食文化や人々の思いを伝えるドキュメンタリー映画となっている。

監督は500本以上の映像作品の他、蒼井優主演の映画「たまたま」(2011年公開)を監督するなど、幅広く活躍する映像ディレクターの小松真弓。脚本は存在するものの、撮影時には脚本はないものとして、小松監督は演技経験のない“市民たち”を導き、その現場の空気や状況で内容も場所もその都度変化していくという、エチュードを積み重ねていくようなスタイルで撮影を敢行した。

予告編では、村の長い間変わらぬ美しい風景、ユナの通っていた学校の閉校に伴う友達との別れを描き出しながら、悠久の時間の中育まれてきた伝統と、“今”を生きるユナの葛藤とを対比させながら描き出した内容となっている。(ザテレビジョン)

元記事で読む