1. トップ
  2. 井ノ原快彦主演「特捜9 season3」が4月より放送スタート!新キャストに中村梅雀が加入

井ノ原快彦主演「特捜9 season3」が4月より放送スタート!新キャストに中村梅雀が加入

  • 2020.3.6
  • 555 views
特捜班メンバーが更に全力疾走で事件の真相に迫る「season3」が開幕
(C)テレビ朝日

井ノ原快彦が主演を務める連続ドラマ「特捜9 season3」(テレビ朝日系)が4月8日(水)より、毎週水曜夜9時に放送スタート。

【写真を見る】井ノ原快彦 なんか和む…“ひょっこり”SHOT

本作は、井ノ原演じるリーダーの浅輪直樹を中心に、個性豊かなメンバーが、衝突しながらも“真実”というひとつの目標を目指して捜査にあたる様を描く。

おなじみのメンバーに加え本シーズンからは、新たに名優・中村梅雀が登場する。中村が演じるのは、警視庁総務部広報課に所属する謎の男・国木田誠二。実は、彼にはかつて警視庁捜査一課の係長として数々の難事件を解決に導いた過去があるらしく…。国木田が特捜班とどう関わっていくのかが一つの見どころだ。

約1年ぶりに特捜班メンバーが集結し、このほど「season3」の撮影がスタート。

信頼厚いキャストたちと再会した座長・井ノ原は「改めて感じるのは、みんなのテンションがとても高いこと!声が大きくて、ロケをしていると周りの方がビックリするんじゃないかと思うほどです。寒さも吹き飛ばすくらい、熱くて勢いのある現場です」と、快調な滑り出しを報告。

本シーズンから新たに中村ふんする国木田が加わることについては、「この国木田は一体どんな人物なんだろう?はたして敵か味方か?そういったところも楽しみに注目してください」と、今後の展開への期待をあおるコメントを語って笑顔を見せた。

さらに井ノ原は、「とにかく“見れば楽しめるドラマ”になっています!」と、「season3」の面白さをアピール。「1話ごとに完結するので、それぞれの話だけでもじゅうぶんに面白いですが、最初から少しずつ繋がり、大きな流れになっていくので、ぜひとも1話から全部見ていただきたいです!」と力強く呼びかけた。

ベテランから気鋭まで最強スタッフが勢ぞろい

また、脚本を手掛けるのは徳永富彦をはじめ、瀧川晃代、岡崎由紀子ら「警視庁捜査一課9係」(2006年-2017年、テレビ朝日系)時代から携わってきた脚本家たちが、バラエティー豊かなラインナップで描いていく。

そして、演出には、「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(2012年~、テレビ朝日系)シリーズなどの大人気作を手がける田村直己、「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(2017年4月-6月、フジテレビ系)などで実績を重ねてきた鈴木浩介といった名手をはじめ、本シーズンから、「科捜研の女」(1999年~、テレビ朝日系)「刑事ゼロ」(2019年1月-3月、テレビ朝日系)などミステリードラマに定評のある兼崎涼介、「仮面ライダー」(1971年~)シリーズなどの特撮ドラマで手腕を発揮した気鋭の演出家・上堀内佳寿也らも参加。豪華な屋台骨で支えられ、上質なヒューマンミステリーを作り上げる。

「熱くて勢いのある現場」井ノ原快彦コメント全文

約1年ぶりに「特捜9」の撮影が始まりましたが、改めて感じるのはみんなのテンションがとても高いこと!

俳優さんもスタッフさんも声が大きくて、ロケをしていると周りの方がビックリするんじゃないかと思うほどです。

まだまだ冷えこむ日もありますが、そんな寒さも吹き飛ばすくらい、熱くて勢いのある現場です。

初めて「警視庁捜査一課9係」で皆さんとご一緒したとき、僕はまだ20代で、当時は1年が経つと本当に久しぶりだなあという感覚を味わっていましたが、今はもうあっという間ですね。

会わずに過ごしていた間に、みんな何かしら変化があるものなので、最初のうちはそういう話題を皆さんと楽しみながら、撮影に臨んでいます。

「season3」がこれまでといちばん異なるのは、やはり寺尾聰さん演じる班長が特捜班を去り、道しるべとなる人物がいない状態からスタートするところだと思います。

今回、新たに中村梅雀さんが初回から参加されますが、梅雀さんふんする国木田は一体どんな人物なんだろう?果たして敵か味方か?そういったところなども楽しみに注目してください。

本シーズンも、とにかく“見れば楽しめるドラマ”になっています!毎回、1話ごとに完結するので、それぞれの話だけでも十分に面白く見ていただけます。

ただ、最初からちょっとずつ繋がり、大きな流れになっていくので、ぜひとも1話から全部見ていただければうれしいです!

第1話あらすじはこちら!

前班長が去ってから9ヵ月…。

浅輪直樹(井ノ原)ら特捜班のもとには、捜査一課からの応援要請が来なくなり、メンバーは警備など地道な仕事にばかり駆り出されていた。

組織内には、特捜班への遺恨を持ったまま警視庁を追われた元刑事部長・三原達朗(飯田基祐)の影響力が、いまだに残っていたのだ…。

そんなある日、特捜班が多摩川の河川敷で防犯イベントの警備に当たっていたところ、市長の挨拶を橋上で見学していた市民が突如、銃撃される事件が発生!

直樹はすぐさま倒れた男性のもとに駆け付けるが、すでに絶命していた。しかも、現場は東京都と神奈川県の境にあたり、どちらの管轄になるか両警察が互いにけん制しあう微妙な空気に…。

だが、そこに颯爽と現れたのは、あの三原だった。降格人事で警察庁に戻され、刑事局広域捜査担当審議官に就任した三原は、この事件を現在捜査中の連続殺人の3件目として捜査すると宣言する。

その連続殺人事件とは――1件目は池袋で中華料理チェーンの経営者が、2件目は横浜でイベント企画会社の社長が同じライフル銃で射殺されたというもの。

被害者2人に繋がりはなく、捜査本部は無差別連続殺人と考えていた。

そして特捜班が居合わせた3件目の事件の被害者は、退職したばかりの元刑事・北村龍一(モロ師岡)と判明。確かに殺された3人には接点はなさそうだが、本当に無差別殺人と断定してよいのだろうか…!?

疑問を抱いた直樹は無要請にもかかわらず、特捜班のメンバーと手分けして捜査を開始する…!(ザテレビジョン)

元記事で読む