1. トップ
  2. 山田孝之、“等身大”のシングルファーザー役で「ついに素の山田孝之を出しました」柔軟剤のCMに意欲

山田孝之、“等身大”のシングルファーザー役で「ついに素の山田孝之を出しました」柔軟剤のCMに意欲

  • 2020.3.5
  • 157 views
山田孝之が主演映画「ステップ」のトークショーに登場した
KADOKAWA

4月3日(金)より全国公開される映画「ステップ」公開記念トークショーが3月5日、東京都内で開催され、主演の山田孝之、國村隼、広末涼子、伊藤沙莉、飯塚健監督が登壇した。

【写真を見る】広末涼子、國村準らと柔和な笑みでトークを繰り広げる山田孝之

本作は、「とんび」「流星ワゴン」の重松清による同名小説を、「虹色デイズ」の飯塚監督が映画化したヒューマンドラマ。

結婚3年目だが、30歳で妻に先立たれてシングルファーザーとなった健一(山田)が亡き妻を思い続けながら、周りの人々との交流の中で娘と成長しながら歩む姿を描く。

もともと完成披露試写イベントの予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大予防対策として規模を縮小し、トークショーに変更。

トークショーはTwitterで配信されたが、山田は「試写会を楽しみにされていた方のためにも、今回はいつもの8倍の元気でお送りしています」と明かして報道陣の笑いを誘い、「存分に楽しんでください」とニヤリ。

國村は山田の発言に触れ、「16倍の力でもって頑張らせていただきます」と便乗し、広末は「これから映画館に足を運ぶことも、お外に出掛けることも心配な毎日だと思います。けど、この作品は勇気や元気をもらえる作品だと思いますので、ぜひ1人でも多くの人に見てほしいです」とアピール。

また、伊藤は「大好きな映画なので、試写会がなくなったのは悔しいですけど、たくさんの人に届いたら」と願いを込め、飯塚監督は「現状が少しでもよくなることを願って、この配信をお届けしたい」と意気込みを明かした。

山田「今回、演じていません」

山田といえば、エキセントリックな役のイメージが強いが、今回は子育てと仕事に葛藤するシングルファーザーという等身大の役どころに挑戦。

山田は「今回、演じていません」と言い、「エキセントリックな役で20年間、演技をし続けてきましたが、今回ついに素の山田孝之を出しました。山田ってこういう人なんだって気付いてもらえる作品だと思います」と断言した。

会場から笑いがこぼれる中、飯塚監督も「100%、素だと思います」と言い切り、山田も照れ笑い。

さらに、約4年前に脚本を読んだ際、山田は「僕だなと思いました。ついに僕だと」とさらにジョークを飛ばしつつも、「僕は息子がいますけど、妻を失って娘を育てるという僕が経験したことがない。そういう立場になったらどういう気持ちになるのか。

また、飯塚さんとは過去に笑いの要素の多い作品でご一緒していたので、そうではない話を作ったらどんな映画になるのか、現場になるのかに興味があって、やろうと思いました」と、出演理由を明かした。

山田と度々共演経験のある國村は「役者・山田さんの印象は全く変わらない。この方は、毎回役ごとに別人になるタイプなので、私自身もそうなりたいといつも思う。次何が出てくるのかと、いつも楽しい」と絶賛。

山田は恐縮しつつも「國村さんとご一緒するときはいつもワクワクします、安心感があります」と照れ笑いを浮かべた。

山田と初共演になる広末は、今回の山田の役を意外だったと言い、「共演がすごく楽しみでした。この役が素だったと聞いて、すごくうれしかったです」と笑顔を見せると、山田は苦笑いしつつも「素です」と答えていた。

さらに伊藤も、山田について「見たことない顔で柔らかかったです。初めて見る山田さんで、ちょっと緊張しました。パパの顔をしているのは新鮮」と感想を。

それを受け、山田は「20代の頃エキセントリックなことをいろいろやってきて、キャラに限界を感じてきて。そろそろ柔軟剤のCMを取りにいかなきゃいけないと思い、今回受けました」と打ち明け報道陣を爆笑させ、「これから全部出していきますよ」と誓っていた。(ザテレビジョン・取材・文・撮影=TAKAMI)

元記事で読む