1. トップ
  2. hitomi、夫への厳格な“おきて”を告白!担当マネジャーへのこだわりも明らかに<ダウンタウンなう>

hitomi、夫への厳格な“おきて”を告白!担当マネジャーへのこだわりも明らかに<ダウンタウンなう>

  • 2020.3.5
  • 1169 views
【写真を見る】“ハンバーグナビゲーター”として絶品ハンバーグを紹介するEXILE NAOTO(中央)
(C)フジテレビ

【写真を見る】“ハンバーグナビゲーター”として絶品ハンバーグを紹介するEXILE NAOTO(中央)

3月6日(金)放送「ダウンタウンなう」(毎週金曜夜9:55-10:52、フジテレビ系)は、新企画「本音でハシゴハンバーグ」を実施する。

食べ歩きが趣味で、中でもハンバーグには相当詳しいというEXILE NAOTOが“ハンバーグナビゲーター”として店を案内。hitomiと生見愛瑠をゲストに、東京・五反田と深沢の店をハシゴする。

夫がおきてに反したため結婚発表を延期

hitomi(右)が夫との出会いから仕事のこだわりまでを明かす
(C)フジテレビ

2019年11月にデビュー25周年を迎えたhitomiは、若い頃からトップアーティストとして活躍する一方、私生活では2度の離婚を経験。2014年に3度目の結婚をし、3人の子供を育てながら、現在は第4子を妊娠中だ。今回は彼女の波乱に満ちた人生と、その美貌の裏に潜む素顔に迫る。

席に着くと、NAOTOは早速ハンバーグを注文。「ハンバーグの味がぶれちゃうので」と酒ではなく水を注文する彼に、浜田雅功と松本人志は「は?」と困惑する。“ハンバーグナビゲーター”という大役に、NAOTOは相当緊張しているようで、松本に「ずっと目、泳いでるで」と指摘される。

現在の夫との出会いについて質問されたhitomiは、彼と知り合ったのには意外なきっかけがあったと語る。また、その夫からは、彼女が彼に課すおきてについての証言が。

結婚発表の数日前、彼が仕事仲間と行った飲み会でのささいな出来事がきっかけでそのおきてに反した結果、hitomiが彼の浮気を疑い、結婚発表が延期になったのだという。これには山崎夕貴アナウンサーも「えー!」と驚き、松本は少しおびえた様子に。

その他にも、夫が門限を破ったときのペナルティーや、彼のスマートフォンを見て浮気をしていないかチェックするなど、hitomi独自のルールが次々に明かされる。

さらに話題は、彼女の仕事に関するおきてへ。事務所のスタッフからは「hitomiは自分でマネジャーの採用面接をする」という証言が飛び出す。これに対してhitomiは「面接をしたことはあります」とあっさりと認め、自ら面接を行う理由を語る。そして、今回の収録現場にも来ていた、現在の担当マネジャーの女性が登場。浜田からの「(hitomiは)厳しくない?」という問いかけに対してそのマネジャーが放った一言に、一同は笑いの渦に包まれる。

漢字テストで珍解答を連発

人気女子高生モデルの生見愛瑠
(C)フジテレビ

現役女子高生の生見は、藤田ニコルや池田美優を輩出した人気雑誌「Popteen」(角川春樹事務所)で専属モデルを務めている。2019年には同誌の読者投票で“好きなモデルランキング”第1位を獲得するなど、若い女子から絶大な支持を誇る。テレビにも引っ張りだこの彼女だが、漢字テストで一同驚がくのおバカぶりが明らかに。

生見は「きょうは“めるる”(「Popteen」での彼女の愛称)って呼んでほしい!」とダウンタウンにリクエストする。しかし浜田は「絶対イヤじゃ」と食い気味に拒否。生見は「なんでですか!」と抗議しつつトークがスタートする。

6日の放送当日に18歳の誕生日を迎える彼女は、両親の年齢が若く、祖母は58歳だと明かす。現在56歳の浜田と松本は「うそやろ?」、「おじいちゃんだ」と動揺を隠せない。

また、生見は「Popteen」には独自のルールがあり、特に礼儀、上下関係に厳しいと語る。彼女も人見知りが原因で、ある先輩モデルに怒られたことがあるといい、その先輩に言われた言葉を明かす。華やかで元気なイメージの“Popteenモデル”からは想像できないほどの厳しい言葉に、松本は「めっちゃ怖いやん」と顔をしかめる。

さらに、生見のとんでもないおバカぶりが発覚する。マネジャーから「小学生レベルの漢字が書けない」というタレコミが入り、抜き打ちで漢字テストを行うことに。

最初の問題は「熊」。生見は「“クマ”って漢字ありましたっけ?カタカナでしか書いたことない」と言い、その場は不穏な雰囲気に。首をかしげながらも彼女はスケッチブックに漢字を書くが、その予想外の解答に一同は大爆笑する。

他にも、「松本人志」、「猫」など問題が出されるが、次々に飛び出す珍解答にその場は騒然。生見の“漢字力”に、松本も思わず「ボケがきついって!」と叫ぶ。

※山崎夕貴アナの「崎」は正しくは「立つ崎」(ザテレビジョン)

元記事で読む