1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「プラバン」に「アクリル絵の具」を塗る方法

「プラバン」に「アクリル絵の具」を塗る方法

  • 2020.3.6
  • 4704 views

子どもの工作のイメージが強かった「プラバン」は、今やアクセサリーパーツなどを作るためのオシャレなハンドメイドの材料としてのイメージに変わってきましたよね。 今回は実際に私がプラバンにアクリル絵の具を塗ってみて、その経験からのコツをご紹介します!

プラバンにアクリル絵の具は使えるの?

子どもの工作のイメージが強かった「プラバン」は、今やアクセサリーパーツなどを作るためのオシャレなハンドメイドの材料としてのイメージに変わってきましたよね。

そんな、プラバンは油性ペン以外での着色もすることができます。中でも、「アクリル絵の具」はマットなテイストに塗ることができますが、やや塗る手順など気を付けるポイントがあり、初心者さんには挑戦しにくい印象があります。

そこで、今回は実際に私がプラバンにアクリル絵の具を塗ってみて、その経験からのコツをご紹介します!
 

今回使用した商品

今回は上の写真の左側にある、ダイソーの「キュコット プラバン 透明」を使いました。

白いプラバンも購入しましたが、アクリル絵の具は裏から塗ってキレイな仕上がりになるものだと思い、結局購入しましたが、使いませんでした。

あると便利な道具

・重し用の厚くて重い本
・ハサミ
・油性ペン
・ポスカ
・アクリル絵の具
・筆
・絵皿(ゼリーカップなどの空容器で代用可)
・アルミホイル

※今回は使用しませんでしたが、細かくプラバンを切るときは「カッターナイフ又はデザインナイフ」と「工作マット」もあると便利です。

aiko流プラバンを作る方法

プラバンの正当な方法と少し違いますが、実際に作ってみてライターaikoがオススメする方法をまとめてみました。

①アクリル絵の具は焼く前に塗る
多くのサイトで、アクリル絵の具はプラバンを焼いた後に塗ると紹介されていますが、小さくて非常に塗りにくいです。焼き温度を守れば、先にアクリル絵の具を塗った方がきれいでした。

②アルミホイルはシワシワにしない
アルミホイルがシワシワにすると、説明文に書いていますが、プラバンが柔らかくなり、取れなくなることもあります。シワをつけていないアルミホイルを使えば、そのまま本に挟んでプラバンを冷ますこともできます。

アクリル絵の具を塗ってプラバンを作る方法

①下描きをする

直接プラバンに絵を描くと失敗する確率が高くなるので、先に紙に絵を描き、それを絵どる方が簡単です。

②プラバンをカットする

輪郭線がかけたらハサミで切ります。絵の周辺を約5mm空けて切るのが一般的な気がします。

細かく部分があるときは、カッターなどを使った方が、プラバンにヒビが入りにくいですよ。

プラバンの用途に応じて、穴あけパンチで穴を空けましょう。

③アクリル絵の具を塗る

絵皿にアクリル絵の具を入れて、水を少量混ぜ合わせます。ハンドクリームのような滑らかな粘り気になると丁度いいです。

輪郭線を描いた面にアクリル絵の具も塗ります。輪郭線の上から塗って塗りつぶすよりは、輪郭線を避けて周辺だけ塗った方がキレイだと思います。

塗りムラができた場合は、アクリル絵の具が乾いてから再び塗る「二度塗り」をすると、仕上がりがさらにキレイになります。

塗った面を裏にすると、こんな感じです。こっちが表になります。

④オーブントースターで焼く

始めは説明通りにアルミホイルをシワシワにしました。

このプラバンの焼き温度は130℃です。それぞれのプラバンの説明をよく確認しましょう。

温度設定をしてから、プラバンを焼いていきます。

四分の一の大きさに縮みました。

アルミホイルから取れなかったので、プラバンをアルミホイルごと本に挟んでみました。

本を閉じて、プラバンが平らになるように程々の力で押します。

アルミのシワシワの跡が、プラバンについてしまいました……。

しかし、アクリル絵の具で塗った部分はとってもキレイです!

裏面はアクリル絵の具の凹凸で少しザラつきがあります。

上の写真の左側のプラバンは本を閉じたときに体重をかけて押し過ぎたことでヒビが入ってしまいました。

アクリル絵の具の後塗りも挑戦してみました。

プラバンを焼いた後に、アクリル絵の具を塗る方法にも挑戦してみました。

小さいので細い筆でも塗りにくかったです。

頑張って細い筆で塗ってこの状態です。少しはみ出ていますね。

裏返しにすると、こんな感じです。塗りムラが少し気になります。

「二度塗り」をすると、まあまあ良くなります。

上の写真の右側が焼く前に塗った方で、左側が焼いた後に塗った方です。

私は塗りやすいので、焼く前にアクリル絵の具を塗る方法が好きでした。

アルミホイルをシワシワにせずに作ってみました。

先ほどは、プラバンにアルミホイルの跡がついてしまったので、リベンジでもう一度作ってみました。

黒いマジックペンだといかにも工作感が出てしまいがちなので、今回は茶色のペンで輪郭線をかいてみました。茶色の方が、全体的に優しい印象になり、オシャレっぽくなります。

アクリル絵の具を塗って、

シワシワにしていないアルミホイルの上にプラバンを載せます。

プラバンが縮むとき、小鳥が踊っているみたいで可愛かったです♪

プラバンが縮んだら、アルミホイルごと本に挟んで冷まします。

やっぱり、先にアクリル絵の具を塗った方がキレイな気がします。

塗る面を変えてアレンジ

プラバンに塗る面を変えると、塗ったところが少し立体的に見えて面白いですよ♪

アクリル絵の具を塗ったプラバンの仕上げの処理方法

プラバンのアクリル絵の具を塗った部分がむき出しの状態だと、見た目が悪く、塗装が剥げてしまうこともあります。そこで、こだわり派の方は仕上げに「ネイルのトップコート」か「ニス」、「レジン液」をプラバンの表面に塗ると、コーティングされ、少しプックリして見た目も良くなりますよ。

今回、私は家にあったレジン液を表面に塗ることにしました。

プラバンの端は、伸ばした金属製のクリップで微調整します。

日光に15分くらい当てます。

できあがり♪ レジン液で、表面がプックリとしていい感じです。

まとめ

いかがでしたか?今回は、aiko流のプラバンの作り方をご紹介しました。アルミホイルをシワシワにするorしない、アクリル絵の具を先に塗るor後に塗る、どちらが絶対に正しいとか間違っているとかはないので、皆さんも作りながら自己流の方法を模索していってください♪

元記事で読む