1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【100均ハンドメイド】バンダナ3枚で簡単!anello風バンダナバッグの作り方

【100均ハンドメイド】バンダナ3枚で簡単!anello風バンダナバッグの作り方

  • 2020.3.6
  • 6382 views

100均のバンダナを3枚使って、おしゃれで便利なバンダナバッグを作ります。 人気のanelloのバンダナバッグに似たスタイルで、ちょっとしたエコバッグとしても使えるのが嬉しいですよ。

100均ダイソーのバンダナ

今回使うのは、こちらの100均ダイソーで取り扱われているバンダナです。

赤のペイズリー柄という定番デザインで手に入りやすく、さり気なくいつものファッションにプラスするだけでもおしゃれに見えちゃうスグレモノアイテムです。

こちらを3枚使って、おしゃれで可愛いanello風バンダナバッグを作成します。

バンダナバッグの作り方

それでは早速、作り方をご紹介します。

必要な材料は、バンダナ3枚だけです。
今回は約54cm×54cmの大判バンダナで作ります。

大判のスカーフやクロスなど、好みの柄のものがあれば、そちらで作るのも可能です。

1.バンダナ2枚で本体を作る

まず、バンダナ2枚を使って、本体部分を作ります。

バンダナ1枚を、表を上にしてテーブルに広げ、その上に重なるように、表を下にしたバンダナもう1枚を置きます。

中表に重なった2枚のバンダナを、上の1辺を残して、左右側面、底面をぐるりと縫い合わせていきます。

布をあわせるのはクリップが便利

縫う前に、ズレないようにまち針などで留めますが、こちらのようにクリップを使うと穴も開かず、簡単で便利です。

まっすぐ縫うだけなので、なるべく簡単に済ませちゃいましょう。

ちなみにこちらは、手芸用のクリップですが、事務用のものでもOKです。

ミシンで縫う

ミシンでぐるりと縫っていきます。
縫い始めと縫い終わりは返し縫いをしてください。

今回は、縫う距離が少し長いので、ミシンのほうがかなり早いし簡単ですが、ミシンのない方はもちろん手縫いでも大丈夫です。

荷物の入れ口となる上辺を残して、残り3辺をぐるりと袋状に縫い終わりました。

布の大きさが合わせにくい時は

こちらを縫うときにお気づきになる方もいらっしゃることと思いますが、こちらの100均バンダナは、少々大きさに個体差によるズレがあり、必ずしもサイズぴったりに縫い合わせられるとは限りません。

こちらの画像のように、きれいに縫い合わせられる箇所もありますが・・・

こちらのように、かなりのズレが出てくる箇所も発生する可能性があります。

その場合は、しっかりした穴のない袋状にすることを優先させて、ズレは気にせず縫い合わせてください。

ひっくり返して使用しますので、このくらいのズレは見た目や使い勝手にはあまり影響しません。

表に返す

表側にひっくり返します。

これでもう本体部分は完成です。早いですよね。

既製品のバンダナを使っているので、袋口や縫い代の始末をしなくても済むので、大幅な作業軽減につながっています。

2.残り1枚で持ち手を作る

あとは持ち手を作るだけです。
この部分は少々わかりづらいかもしれませんが、仕上がりをイメージしながら作っていくと大丈夫です。

1枚残っているバンダナを使って作成していきます。

斜め半分に折る

持ち手用バンダナを、このように斜め半分に折り、直角三角形の形にします。

はさみで折り山をカットしていきます。

2枚の直角三角形ができあがりました。

この2枚を使って、2本の持ち手に仕上げていきます。

直角三角形を更に折る

片方の三角形を、更にこのように折ります。



中表で折っていますが、外表で折っても構いません。

後で、もう片方の三角形を折るときに、同じ折り方をするようにすると、仕上がりがきれいに見えます。

折り重なったところで、このようにカットします。
(画像は外表で折り直していますが、どちらでも構いません。)

切り離しました。

この左の折りたたんだ三角形部分を持ち手として使用します。
右の小さな三角形は今回はもう使いません。

持ち手を本体に配置してみる

もう一回カットする箇所がありますが、まずは本体に持ち手となる三角形を配置します。

配置の仕方は、三角形の折られた部分の直線を、本体の側面にまっすぐ沿わせるように置きます。
三角形の頂点は、本体袋口に接するように置いてください。

この本体より上の部分だけを持ち手として使いたいので、余分な下半分はカットします。

正しく配置できたら、このように、袋口のラインに沿って、三角形の頂点からまっすぐカットしていきます。

カットできました。

この下部分の小さな三角形はもう必要ありません。
上部分だけを使います。

3.本体と持ち手とを縫い合わせる

持ち手となる三角形を、先程の位置から、上下逆になるようにぱたんと本体側に倒します。

三角形を開いて、本体袋口にぐるりと沿わせるようにクリップで留めていきます。
この時、必ず本体と持ち手とが中表に重なっていくように留めていってください。

仕上がりイメージは、エコバッグなどの持ち手のようになるイメージです。

表から裏のほうまで、ぐるりとクリップ留めができました。

ここをミシンで縫いあわせていきます。

本体と持ち手部分をミシンで縫い合わせます。

標準的な直線縫いの場合、縫い代は1cmで行うことが多いですが、今回は見た目に干渉しにくい5mmの縫い代で縫い合わせていきました。

縫い終わりました。

縫い代5mmで縫うとこんな仕上がりになります。

持ち手部分を表に返すと、こんなふうになります。

更に補強したい場合は、アイロンをかけた上で、持ち手と本体が重なる部分を更に縫い抑えていくといいでしょう。

カットした部分の処理はどうする?

ここで気になる方もいらっしゃるでしょうが、持ち手の三角にカットした部分はどうするのか、という問題についてお伝えいたします。

普通なら、三つ折り処理などが必要となりますが、この場合はバイアス(斜め)にカットしてあるので、切り口がほつれにくく、無理して三つ折り処理をすることもありません。

どうしても気になる、という方以外は、そのままで使用しても大丈夫です。

もう一方の持ち手も同様に作成して取り付ける

もう一方の持ち手も、同様の手順で作成して、本体に取り付けましょう。

もう完成は目の前です。

完成

できました。

ちなみに、こちらの持ち手は、バンダナを斜めにカットしてできた2枚を使っているので、取り付け方によってデザインの見え方が変わってきます。

裏返すと、持ち手のデザインはこんなふうになっています。

取り付け時も、どんなふうな見え方になるのか、よく確認しながらデザインの配置を考えるといいですよ。

持ち手を結んで使います

実際に使うときには、持ち手をこのように結んでから使います。

大判のバンダナを使ったので、かなりのビッグサイズとなっていますが、薄いバンダナですので、強度はそんなにありません。

あまり重たいものは入れないように気をつけて使ってください。

折りたたむとコンパクトに

元がバンダナなので、折りたたむとこんなにコンパクトになります。

ちょっとしたサブバッグ、エコバッグとして常備しておくのもいいですね。
重たいもの以外ならサイズの大きめのものも入るのが嬉しいです。

まとめ

100均バンダナ3枚を使った、おしゃれで可愛いanello風バンダナバッグの作り方についてお伝えいたしました。

今回は赤で作りましたが、白や青など、他のカラーで作ってもおしゃれですので、色違いでも揃えたくなりますね。

ぜひいろんな布で作ってみてください。

元記事で読む
の記事をもっとみる