1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. アイロンで簡単♪ 縫わずに「レッスンバッグ」を作る方法

アイロンで簡単♪ 縫わずに「レッスンバッグ」を作る方法

  • 2020.3.6
  • 1971 views

園児や小学生が使う「レッスンバック」や「通園バック」。 簡単に作りたいけど家にミシンが無い家庭も増えてきて困っている方も多いはず。 今回は手芸店で販売されている布用ボンド「裁縫上手」を使って、縫わずに、アイロンをかけながらバッグを作る方法をご紹介します。

ミシン不要!縫わずに「レッスンバッグ」を作ろう!

園児や小学生が使う「レッスンバック」や「通園バック」。

園によっては大きさの指定があり、市販品が使えない場合もありますよね。簡単に作りたいけど家にミシンが無い家庭も増えてきて困っている方も多いはず。

このバッグのサイズだと、手縫いも時間がかかってしまいます。なので、今回は手芸店で販売されている布用ボンド「裁縫上手」を使って、縫わずに、アイロンをかけながらバッグを作る方法をご紹介します。

材料&道具

・キルティング生地 45×70㎝以上(ダイソーの200円商品なら、布を切らずに作れます)
・持ち手用のヒモ(ストライプコード)
・布用ボンド「裁縫上手」
・アイロン
・布用裁ちバサミ
・定規
・チャコペン

ダイソーの200円商品のキルティング生地は、レッスンバックを作るのにピッタリのサイズです。なので、ダイソーのキルティング生地を使えば、キルティング生地を切ることはありません。

しかし、手芸店で販売されているキルティング生地を使う場合は切り口がそのままの状態になります。その場合は手芸店で販売されている「アイロンで接着可能なバイアステープ」を購入すると、仕上がりがきれいになりますよ♪

ダイソーの「キルティング生地」と「裁縫上手」で「レッスンバック」を作る方法

※ダイソーの「キルティング生地」ではない場合は、生地を約40×70㎝にカットをしてします。そして、切り口を「アイロンで接着できるバイアステープ」をつけてから以下の方法で作ってください。

【下準備】アイロンを温める

アイロンの温度を「中」にして温めておきます。

①布を裏にして両端を2㎝内側に折り目をつける

布の裏面を上にして置き、長い辺の両端2辺をそれぞれ約2㎝内側に折ります。折り目が付くようにアイロンをかけます。

②布用ボンドを塗る

約2㎝内側に折った部分に布用ボンド「裁縫上手」を塗っていきます。

ボンドは少なくてもくっつきません。しかし、多く塗りすぎてもくっつきにくくなります。なので、付属のヘラを使ってボンドが均等になるように伸ばしていきます。

③半分に折り、アイロンをかける

袋の形になるように半分に折ります。ボンドを塗った所同士がくっつくように丁寧に重ね合わせます。

ボンドがくっつくように、20秒程度動かさずにアイロンを置いて圧着させます。少し体重をアイロンにかけながらするといいですよ♪

④持ち手を布用ボンドでつける

※この作業は⑤の作業が終わり、アイロンの熱が冷めて布用ボンドが乾いてくっついてから作業しましょう。急いで、続けて作業するとボンドを塗った場所が取れてしまう場合があります。

ボンドが完全に乾いたら、キルティング生地を裏に返します。

持ち手のヒモは、約45㎝の長さに2本カットして使います。
持ち手の位置は自由です。私は両端から約13cmの所に置きました。チャコペンで印をつけた方がいいです。

上の写真の赤い部分にボンドを塗り、裏にしてキルティング生地に貼り合わせ、アイロンで圧着させます。

持ち手のヒモが完全にくっついたら、次は上の写真の赤い線で囲っている所にボンドを塗ります。

ボンドを塗った場所を半分に折って、アイロンで圧着させます。

裏側も同じ方法でします。

最期に、上の写真の赤い線で囲った部分にボンドを塗って、アイロンで圧着させれば完成です!

【アレンジ】ネームラベルをつけよう!

ネームラベルは、見やすいように持ち手近くの上側につけました。

園によっては、名前を書く場所にもルールがある場合もありますので、確認しましょう。

まとめ

いかがでしたか?布用ボンド「裁縫上手」を使えば簡単に「レッスンバック」を作ることができます♪厚手のキルティング生地とヒモを使うので、生地からボンドがにじんでアイロンを汚す確率も低いです。縫わずに布系のハンドメイドをやってみたい方は、ぜひ挑戦してみてください♪

元記事で読む