1. トップ
  2. 花澤香菜が「アニ×パラ」第9弾で主人公役 漫画『ホタルノヒカリ』とコラボ!

花澤香菜が「アニ×パラ」第9弾で主人公役 漫画『ホタルノヒカリ』とコラボ!

  • 2020.3.5
  • 395 views
花澤香菜が主人公・結衣を演じる!
KADOKAWA

花澤香菜が、アニメでパラアスリートたちを描く「アニ×パラ~あなたのヒーローは誰ですか~」(放送時間未定、NHK BS1ほか)で、主人公の声を担当することが分かった。

【写真を見る】三森すずこが「ホタルノヒカリ」の蛍を演じる!

第9弾となる今作は、「地上のカーリング」とも呼ばれるパラリンピック特有の球技・ボッチャと漫画家・ひうらさとるがコラボレーション。花澤演じる主人公・結衣を中心に、ドラマ化もされた人気漫画「ホタルノヒカリ」の蛍や“部長”の高野誠一も登場する。

結衣を演じる花澤は「この作品を通して、(ボッチャの)ルールのわかりやすさを知り、あのボールを自分でも投げてみたい!と今ではとても身近に感じています。そしてまさかあのキャラクターにも出会えるなんて…うれしいこと尽くしです」と喜びのコメントを寄せた。

また、蛍の声は三森すずこが演じ、三森は「作品を通じてたくさんの方にパラリンピックの競技を知って、楽しんでいただけるよう、心を込めて演じます」と語った。

さらに、テーマ曲を阿部真央が担当する。阿部は「どんなやり方でも、自分らしく手玉をさばいて勝つ。ボッチャの持つ最大の魅力だと思いました。すべての人のそれぞれの輝く人生を後押しできればうれしいです」とコメントした。

ボッチャとは、東京2020大会でもメダル獲得が期待される球技。ジャックボール(目標球)という白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを他のボールに当て、いかに近づけるかを競う。

あらすじ

高野蛍の後輩で入社4年目の風間結衣は、廃校の体育館を活用したプロジェクトを任される。結衣は「気軽にダイバーシティー」というコンセプトを思いつくが、具体的なイメージをつかめずにいた。そこで、相談したのが、先輩の蛍。高野部長が最近ハマっているという「ボッチャ」の見学に誘われる。結衣は「ボッチャ」の魅力に気づきながらも、無意識に障がい者との間に壁を作っていた記憶を思い出すことになる。

花澤香菜コメント

恥ずかしながら私は「ボッチャ」という競技を知りませんでした。でもこの作品を通して、ルールのわかりやすさを知り、あのボールを自分でも投げてみたい!と今ではとても身近に感じています。そしてまさかあのキャラクターにも出会えるなんて…うれしいこと尽くしです!ぜひ、たくさんの方に観ていただきたいです。

三森すずこコメント

ついにやって来る2020年東京パラリンピック!声優として、今回のアニメ作品に参加させていただけることがとても幸せです。作品を通じてたくさんの方にパラリンピックの競技を知って、楽しんでいただけるよう、心を込めて演じます。

パラリンピックの開催が今から待ち遠しいです!

阿部真央コメント

「多様性」「ダイバーシティー」が叫ばれる昨今の世の中で、他者を見る前にいかに自分が自分らしく輝くかが、実は1番大切なのはではないかと思いました。自分らしく生きられているからこそ人との違いを認められ、リスペクトし、新しいものを生み出していける。それぞれが持っているものを最大限輝かせることが、真の多様性へとつながる近道なのではないかなと思って書いた曲です。

また今回歌詞の中にボッチャとリンクする表現を多く盛り込みました。中でも「時に的を動かして敵に勝つ」というボッチャならではの特徴には大変感動し、曲の1番のB部分でその表現を使わせて頂いています。どんなやり方でも、自分らしく手玉をさばいて勝つ。ボッチャの持つ最大の魅力だと思いました。すべての人のそれぞれの輝く人生を後押しできればうれしいです。(ザテレビジョン)

元記事で読む