1. トップ
  2. レシピ
  3. ホワイトデー前に作ってみては? キュートなプチスイーツ5選

ホワイトデー前に作ってみては? キュートなプチスイーツ5選

  • 2020.3.5
  • 2667 views
「白いマカロン」
調理:本間節子 撮影:竹内章雄

まるっと小さな「ほろほろクッキー」

ホワイトデーが近づいてきましたが、最近では男女関係なくスイーツを贈るイベントと捉える人も多くなりましたよね。今回は小さいサイズ感で多くの人に配れるスイーツのレシピをピックアップしてみました。市販品もいいけれど、今年は日頃の感謝を込めて手作りスイーツを作ってみませんか?

白いマカロン

【材料・12~15個分】

【下ごしらえ】

1. クリームチーズはボウルに入れて室温に置き、やわらかくする。

【作り方】

1. ボウルに卵白を入れて、砂糖を1/3量ずつ加えてはハンドミキサーまたは泡立て器でよく泡立てる。しっかりつのが立つまで泡立ててメレンゲを作る

2. 1にアーモンドパウダーと粉糖を一緒にふるい入れ、ゴムべらで全体がなじんでとろりとするまでよく混ぜる。

3. 絞り出し袋にの口金をつけて2を入れる。天板に合わせてオーブン用ペーパーを用意し、4cm四方くらいの格子になるように折り目をつけて天板に敷く。折り目の内側に生地を直径2.5cmくらいに絞り出す。約10分、そのままおいて表面を乾かす。

4. オーブンを140℃に予熱し、温まったら3を約7分焼く。天板の手前を奥にして入れ替えて、さらに5~7分焼く。

5. ジャムクリームを作る。クリームチーズをゴムべらでよく練り、ジャムを加えてよく混ぜる。

6. 4が焼き上がったら取り出してオーブン用ペーパーをはずし粗熱をとる。2枚1組にして、1枚に5を約小さじ1ずつぬってはさむ。冷蔵庫に入れて30分ほど冷やす。

(1個 66Kcal)

このレシピではクリームチーズにラズベリージャムを加えていますが、ジャムはお好みのものを使用してOK! 自分だけのオリジナルジャムクリームを可愛いマカロンに挟みましょう。冷蔵庫に入れておけば2~3日保存できますよ。

ほろほろクッキー

アーモンドスライスを混ぜることにより、クッキーは抜群の食感に! クッキーが焼きあがった後は、熱いうちに粉糖をまぶしてください。

まるっと小さな「ほろほろクッキー」
料理:飯塚有紀子 撮影:公文美和

くるみのブラウニー

バレンタインの定番“ブラウニー”にくるみを混ぜてボリュームをアップさせた一品。アルミホイルをかぶせるときは、生地につかないように注意して。

「くるみのブラウニー」
料理:飯塚有紀子 撮影:公文美和

キャラメルショコラ

ビターなチョコレートと甘いキャラメルのハーモニーがたまらない、一口サイズのチョコレートです。口に放り込めば、とろりとした口溶けに舌鼓。

「キャラメルショコラ」
料理:黒川愉子 撮影:野口健志

プレーントリュフ

とろ~りチョコレートと甘いスイートポテトを挟んだフレンチトーストの美味しさはまさに絶品。間に挟むスイートポテトは、電子レンジで簡単に作れますよ。

「プレーントリュフ」
料理:黒川愉子 撮影:野口健志

おなじみのチョコレートから人気のマカロンまで、バラエティ豊かなスイーツ。どれも量産できるので、もし数が足りなくなっても安心です。(レタスクラブニュース)

元記事で読む