1. トップ
  2. EXILE AKIRA、役所広司主演作「峠 最後のサムライ」で“山本帯刀”に!『 熱き思いに心を打たれました』

EXILE AKIRA、役所広司主演作「峠 最後のサムライ」で“山本帯刀”に!『 熱き思いに心を打たれました』

  • 2020.3.5
  • 708 views
写真から風格が漂う役所広司の姿が印象的なポスタービジュアル
(C)2020『峠 最後のサムライ』製作委員会

歴史小説作家・司馬遼太郎の「峠」を初めて映像化し、役所広司主演で製作された映画「峠 最後のサムライ」の公開日が9月25日(金)に決定。このたび、本作の予告編とポスタービジュアルが解禁となり、さらに追加キャストとしてEXILE AKIRAの出演が明らかになった。

【写真を見る】EXILE AKIRAの“山本帯刀”全身ビジュアルも解禁に

累計発行部数284万部を超えた司馬遼太郎の原作は、幕末の風雲児と呼ばれた“知られざる英雄”越後長岡藩家老・河井継之助を描いた物語。監督・脚本は日本映画界の名匠・小泉堯史が務め、継之助役の役所とタッグを組む。

その他、松たか子、香川京子、田中泯、永山絢斗、芳根京子、坂東龍汰、榎木孝明、渡辺大、東出昌大、佐々木蔵之介、井川比佐志、山本學、吉岡秀隆、仲代達矢というそうそうたる俳優陣が集結した。

そしてこのほど公開された予告編は、冒頭から役所扮(ふん)する継之助が深々と頭を下げる緊迫のシーンが映し出される。

戊辰戦争のさなか、東軍・西軍いずれにも属さず、武装中立をもって和平を目指し、新しい日本を作ろうとした越後長岡藩の家老・継之助。

世界的視野とリーダーシップで、坂本龍馬と並び称された継之助は、激動の幕末の最中、100年先の世界を見据えていた…。

映像には、継之助の信念を表す力強いせりふの数々がちりばめられており、今を生きる人々の胸を打つ仕上がりになっている。誰よりも国を思い、最後まで美しく生き抜いた継之助を役所が体現する。

製作には、黒沢組からチームを組むスタッフが集結。長岡を中心に全編新潟ロケを行い、フィルム撮影で映し出された美しい映像も見られる。戊辰戦争の中でも最も壮烈な北越戦争がどれほど壮大に描かれるのか。

同時に公開となったポスタービジュアルは、峠の頂にどっしりと立ち構え、険しいまなざしで先を見詰める継之助の雄姿と、「幕末の動乱期、百年先の世界を見据えた」という力強いコピーがマッチした印象的なものとなっている。

さらに、新キャストとしてEXILE AKIRAの出演が決定。ダンサーやモデルとしての活躍はもちろんのこと、「HiGH&LOW」シリーズや、映画「この道」(2019年)など俳優としても評価の高いEXILE AKIRAが本作で演じるのは、継之助の良き理解者として、共に新政府軍と戦う、越後長岡藩家老・山本帯刀だ。

そのりりしい姿は今回解禁された予告編にも垣間見え、EXILE AKIRA扮(ふん)する山本帯刀が、継之助と共にどのような活躍を見せるのか。

EXILE AKIRAコメント

小泉監督から直々にお手紙を頂き、「峠 最後のサムライ」に賭ける、並々ならぬ熱き思いに心を打たれました。

黒澤明監督のDNAが詰まった現場で、作品に携われる事に誇りをもって、1分1秒かみしめながら撮影に挑ませていただきました。

今の時代だからこそ、大切にしなければならないメッセージが強く映し出されている作品だと思います。

日本だけではなく、世界中のたくさんの人々にも見ていただけたらうれしく思います。

STORY

慶応3年(1867年)、大政奉還。260年余りに及んだ徳川幕府は終焉を迎え、諸藩は東軍と西軍に二分していく。

慶応4年、鳥羽・伏見の戦いを皮切りに戊辰戦争が勃発。越後の小藩、長岡藩の家老・河井継之助は、東軍・西軍いずれにも属さない、武装中立を目指す。

戦うことが当たり前となっていた武士の時代、民の暮らしを守るために、戦争を避けようとしたのだ。

だが、和平を願って臨んだ談判は決裂。継之助は徳川譜代の大名として義を貫き、西軍と砲火を交えるという決断を下す。

妻を愛し、国を想い、戦の無い世を願った継之助の、最後の戦いが始まった。(ザテレビジョン)

元記事で読む