1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 罪悪感を感じずに!あなたが「断るスキル」を磨くべき理由

罪悪感を感じずに!あなたが「断るスキル」を磨くべき理由

  • 2020.3.5
  • 398 views

なかなか他人からの頼みごとやお誘いを上手に断れない…。ましてやその相手が上司や親しい友人だったらなおさら…! そんな悩みを抱えている人もいるのでは? 相手の気持ちに応えようと引き受けたとしても、どこかで無理が生じてしまって結局誰も幸せになれない…なんてことも。

グッドハウスキーピング アメリカ版によると、「断れない」ことは自分だけでなく、結果的に周りの人たちにとっても不満やストレスの原因となってしまうのだとか。そこで今回は、断れない人の心理や、断り上手になるための方法を専門家の解説を交えてご紹介します。

なぜ「イエス」と言ってしまうのか

自分の頼み事や誘いを引き受けてくれる人には、誰しもが好感を持ちやすいはず。そのため「イエスマンになることで“感じの良い人”を演出したいと考える人は多いです」と語るのは、コーネル大学医学部の精神科の教授であるゲイル・ソルツ先生。

周りを失望させたくないという一心で首を縦に振ってしまう…。それが癖になってしまうと、イエスマンとしてのセルフイメージが自分の中で確立されてしまうんだそう。

時には「ノー」と言うべき理由

みんなを満足させたくて、頼みごとや誘いをすべて請け負ってしまうことは、一時的にはいい気分になったとしても、必ずしもいい結果に繋がるわけではなさそう。

「人に何かをお願いされると『頼られている』と感じて、ついつい許容範囲以上のことを引き受けてしまいますよね。しかしそれは逆効果で、トラブルや、不本意な結果を招いてしまうかもしれません」とソルツ先生。

「すべての人をハッピーにすることはできません。みんなにあなたの時間と労力を使ってしまうと、あなたが一番大切にしたい人たちもおざなりになり、その人たちの不満も溜まっていってしまうんです」

身体にも影響が…!

またソルツ先生は、無理になんでも引き受けてしまう性分が「自分自身の健康にも悪影響を及ぼすこともある」と指摘。

ストレスホルモンが分泌されることで、精神面はもちろん身体にも反応が出て、気分が悪くなったり、どこかしらに痛みを感じるようになったりすることもあるんだそう。これはつまり、実際の想いに反した行動をとることで身体が拒絶反応を起こしているということ。

「ノー」ということに慣れるには?

練習をする

今まで断る習慣がなかった人は、まずは練習から始めてみて。子育ての専門家であるアイリーン・ハイデルバーガーさんによると、「断る際のフレーズを口に出してみたり、相手に伝えるためのシミュレーションを何度も繰り返すことによって、実際に断る時に楽になれます。優しく、でもキッパリとした態度と言葉遣いを心がけてみて」とのこと。

ニューヨークの病院で精神科医として従事しているアンソニー・デマリア先生によると、鏡の前で練習したり、友達に相手役をしてもらうことによって、本番もスムーズに進むそう。

小さなことから始める

「すべてにイエスと言ってしまう自分を打開するためには、日常にある小さなことから始めてみると、どんどん断ることに慣れてきます」と、ソルツ先生。レストランでおすすめされたデザートを断ってみたり、仕事帰りに友達とビールを一杯飲みに出かけることを断ってみたりと、自分が断れる範囲のものから始めてみて。

最初は心地悪いのが当たり前

「断ることに慣れていないのであれば、難しくて不自然に感じたり、心地悪く感じることは当然です」とデマリア先生。しかし、継続すればそれほど苦に感じなくなり、断ることに抵抗を感じなくなるはず。大事なことは、言い訳をせずに、最初に感じる心地悪さも受け入れること。

メンタルケアの一環とする

リラックスしたい夜に急に友達に呼ばれて外出する…なんてこともしばしば。でも、そういうときこそ自分のメンタルケアを優先するべき、とデマリア先生。

「あなたの心がストレスや疲労で満たされていないのに、人を慰めたり助けたりすることは難しいもの。人のケアより先に、自分のケアを重視することは自己中心的な考え方ではありません」
上手な人を参考にする

周りにいる人の中で、イエスとノーの境界線がはっきりしていて、断ることが上手な人を参考にしてみては? そういった人は、断ることに不必要な罪悪感を感じないため、余計な言い訳をしない傾向にあるはずです。

「ノーと言うことに慣れている人を、お手本にしてみてください」とデマリア先生。

慣れるまで上手いフリをしてみて

最初はうまくいかなくても自信を持ち続ける必要がある、とデマリア先生。

「断ることへの不安や、不自然に思う気持ちに気づかないフリをするのではなく、断るスキルが身につくまで訓練をし続ける姿勢が大切です」

※この翻訳は抄訳です。

Translation: Aryung Kim

Good Housekeeping

元記事で読む