1. トップ
  2. ソフィー・ターナー、結婚前は夫のバンドが大嫌いだった!

ソフィー・ターナー、結婚前は夫のバンドが大嫌いだった!

  • 2020.3.5
  • 167 views

ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』 への出演でブレイクし、一躍トップスターの仲間入りを果たしたソフィー・ターナー(24歳)。昨年、ジョナス・ブラザーズの次男ジョー・ジョナスと結婚、めでたく第一子を妊娠中の彼女は、ベビー服のショッピングをキャッチされるなど、幸せいっぱいのプライベートをおくっている様子。

そんなソフィーが表紙を飾った『ELLE イギリス版』とのインタビューで、実は以前までジョナス・ブラザーズが嫌いだったという衝撃発言が! 一体どうやってジョーと付き合うことになったのか、2人の馴れ初めを明かしたと<MailOnline>が報じました。

View this post on Instagram

Feeling so lucky to have two ELLE covers out on the very same day. @arthurelgort is a master at his craft and one of the most lovely people I’ve worked with. @louisvuitton and @nicolasghesquiere as usual coming through with the most divine clothes that I wish I could live in forever! And on top of that so excited to talk all things ‘survive’ on @quibi @elleusa @ninagarcia @arthurelgort @bethfenton_ @therealsager @elleuk @farrahstorr @lisastoreymakeup @cwoodhair

A post shared by Sophie Turner (@sophiet) on

バンド「バステッド」の大ファンだというソフィーは、もともとジョナス・ブラザーズについて良い印象を持っていなかった様子。

「ジョナス・ブラザーズがバステッドの楽曲のカバー版を出して、それが大ヒットしちゃったでしょ。しかもバステッドは解散。それって完全にジョナスのせいだと思ったから、私と友達はみんな彼らのことが大嫌いになったわ」

そんなソフィーは、共通の友人に紹介されてジョーに会うことに。彼と初対面となった日のエピソードについて告白しました。

「ジョーはきっと、ボディガードに固められて登場すると思っていたの。彼って本当に嫌な奴だと思っていたし、私は彼に会うために男友達に付き添ってもらったくらい。頭のどこかで、もしかして“なりすまし”か誰かが現れるかもと疑っていたしね。それで、ラグビー選手の男友達に付き添ってもらったの。そうすれば安心できたから」

「実際にジョーと会ってみて良かったことは、彼がボディガードに囲まれていなかったということ。友達を連れていただけで、私たちのグループと同じくらい、たくさんお酒を飲んでいたわ。ダンスフロアで私とジョーが一緒にいたのはほんの数分だけ。その後、そこから離れた端の方にスペースを見つけて2人で話し込んだの」

「何時間も彼と話したのだけれど、私はまったく退屈しなかったわ。不自然に感じることもなければ、ただ世間話をしていたわけでもなくて。すごく話がスムーズに進んだのを覚えている。そこからすぐに私たちは仲良くなって、私は彼のツアーに同行することになったってわけ」

今ではお互いが出席するアワードやライブに付き添ったり、家族ぐるみでバカンスに出かけたりと、公私ともにラブラブっぷりが話題になる二人ですが、ソフィーがジョーに対してここまでネガティブな印象を持っていたとは驚き…! 有名人に対して抱く主観的な印象は、本人に会うと意外と覆されてしまうものなのかもしれないですね。

元記事で読む