1. トップ
  2. 玉城ティナ、恐怖の“ユリコ様伝説”に「もし私の名前がユリコだったら震え上がります」

玉城ティナ、恐怖の“ユリコ様伝説”に「もし私の名前がユリコだったら震え上がります」

  • 2020.3.4
  • 933 views
玉城ティナに主演ドラマ「そして、ユリコは一人になった」について話を聞いた
スタイリスト=丸山佑香 (まきうらオフィス)/ヘア&メーク=今井貴子

【写真を見る】美月(玉城ティナ)と百合子(岡本夏美)が急接近!

U-NEXTとカンテレがタッグを組み、『このミステリーがすごい!』大賞(宝島社)の関連作品をドラマ化する「『このミス』大賞ドラマシリーズ」。最新作は、玉城ティナ主演の「そして、ユリコは一人になった」(毎週木曜夜0:25-0:55※初回は夜0:26-0:56、カンテレ)が3月5日(木)よりスタートする(U-NEXTでは3月6日(金)から配信開始)。

同作は学園に伝わる都市伝説の真相に迫るノンストップホラーミステリー。美月(玉城)が通う百合ヶ原高校には“ユリコ様伝説”というオカルトめいた伝説が語り継がれていた。学園のトップに君臨する“ユリコ様”の存在はあがめられ、逆らうものはその不思議な力で不幸にされてきた。

“ユリコ様”になる唯一の条件は名前が“ユリコ”であること。“ユリコ”が学内に複数いる場合、たった一人の女王“ユリコ様”以外のユリコは淘汰されてしまう。そんな中、この争いに巻き込まれた親友・百合子(岡本夏美)を救うため、美月は連続死の真相と伝説の謎に挑む。

――まず、台本を読んだ時の感想はいかがでしたか?

ミステリードラマは初めて触れるジャンルだったのですが、台本を読み終わるまでどうなっていくのか、何が本当なのかが分からず、とてもひきつけられました。また読み終わってからも、善悪とは何なのかということを考えさせられました。

一話二話と進んでいくごとに、どんどん足し算されていくような脚本だったので、読んでいてもあっという間に時間が過ぎてしまいました。

――玉城さんが演じた美月について教えてください。

私が演じた嶋倉美月は、“ユリコ様伝説”に一番興味を持っていて、自分でどんどん謎を解明していこうとします。冷静で人のことをよく見ていますね。「私だけは人に振り回されない」という強さも感じました。

百合子と美月というバディ的な感覚は物語の鍵になると思ったので、そこは意識しながら演じました。

玉城ティナ
スタイリスト=丸山佑香 (まきうらオフィス)/ヘア&メーク=今井貴子

「学生時代を思い返すような現場でした」

――美月を演じる上で気をつけた点はありましたか?

美月は感情をあまり表に出さず、表情が大きく変わることが少なくて。その中で感情の違いを出すため、目線や話し方、声のトーンなどを心がけていました。

――ご自身と美月が似ている部分はありましたか?

美月が百合子に対して持つ感情は、自分の学生時代を思い返しながら演じていました。また、他人や自分を客観視したいという美月の気持ちを自分の中からも抽出し、役に歩み寄っていきました。

――撮影の様子はいかがでしたか?

「みんなでやりきろうぜ!」というタフな現場でした(笑)。監督も元気な方だったので、そこから逆にパワーをもらっていました。

年齢の近い俳優さんも多く、学生時代を思い返すような現場でした。今回共演した松井健太さんとは同じ学校の隣のクラスだったので、久しぶりの再会になりました。同じ学校出身の子と違う現場で会えるというのはうれしいことですね。

――百合子役の岡本夏美さんとはどのような雰囲気で撮影されていましたか?

役柄に必要以上に掘り下げなくても呼吸が合っていくような感じで演じられたので、初日からずれがなく、すんなり役柄に入れました。

――高校を舞台に撮影する中で、ご自身の学生生活を思い返すこともありましたか?

私は高校進学を機に沖縄から上京してきたので、当時は新しいステージが開けたと思っていました。どうしても仕事の記憶が多くなってはしまうのですが、学校帰りに渋谷に寄ってプリクラ撮ったり、高校生らしいこともしていました。

環境の変化は今思い返すと大きかったと思います。でも当時は慣れることに必死でしたね。

玉城ティナ
スタイリスト=丸山佑香 (まきうらオフィス)/ヘア&メーク=今井貴子

「人から聞いた話をすぐ信じてしまうところがあります」

――ポスターは美月の隣に「みんな死んじゃった。」と書かれていて、かなり印象的ですね。

みんな死んじゃったんだな…悲しいですね。

美月は笑みにも真顔にも受け取れるあいまいな表情をしていて、このポスターからも不穏な空気が出ているので、さまざまな要素を感じ取れると思います。「そして、ユリコは一人になった」というタイトルもキャッチーですよね。じゃあなぜ一人になったのか…という謎はドラマを見てのお楽しみです!

――本作は『このミステリーがすごい!』大賞のU-NEXT・カンテレ賞を受賞した作品のドラマ化ですが、玉城さんご自身は読書されますか?

読書は好きなのですが、ミステリーは感情が揺さぶられるので読める時が限定される印象でした。普段は人間関係を描いた作品を読むことが多いです。ジャンルは限定せず、書店でタイトルや帯などを参考に選んでいます。

原作とドラマでラストも違うので、それもまた楽しみですね。どちらから入っても楽しめる作品になっていると思います。

――今回の作品では“ユリコ様伝説”がストーリーの要になりますが、こういう伝説やオカルトは信じる方ですか?

人から聞いた話をすぐ信じてしまうところがあるので、必要以上に怖がらないように、あまり信じないようにしています。

――もし自分が進学した学校にこの伝説があったらどうしますか?

怖いですよね…。ユリコは一人になって、その他は淘汰されて。もし私の名前がユリコだったら震え上がると思います。

でもちょっと戦ってみるかな。ちょっとだけ参加してみて、やばいなと思ったらすぐ転校します(笑)。

「そして、ユリコは一人になった」第一話より
(C)カンテレ

「美月の心境の変化が見受けられると思います」

――作品では美月と百合子の友情もポイントの一つだと思いますが、玉城さんは学生時代は友人とどのように過ごされていましたか?

学生の頃ってペアにしたがること多いですよね。それがすごく不思議でした。

沖縄では、一番の友達、二番の友達みたいなのを“いちどぅし”“にどぅし”って呼ぶんです。今考えると残酷ですよね…。でも中学生の頃は、不思議だなと思いつつやってました。この年代ならではだと思います。

私は周りから「ティナはこれ!」と決められていたので、美月みたいにイニシアチブは取れず、流されていました。

――今後の目標を教えてください。

例えば学園ものに出演するとなったときに、今は生徒役になると思うんですが、これから年齢を重ねて先生役が来るようになったらまた物語の捉え方が変わってくるのかなと思います。

25歳や30歳になったときに、「若い頃に出演した作品とどこか似ているけど、今はポジションが違うんだな」という感覚に出会えたら、もう1ランク上がったような気持ちになると思うので、それが楽しみです。

――最後に読者にメッセージをお願いします。

みんなで心を込めて作った作品をようやく皆さんに見てもらえるので、私自身も一視聴者として楽しみにしています。

第1話から多くの要素が詰まっていて、考えながら見ることができる作品です。視聴者の皆さんの感想も気になるので、シェアしていただけたらうれしいです。

特に、美月と百合子の2人だけのシーンは物語の中で際立っている部分が多いと思います。キーワードとなるせりふで、美月が百合子に「キミはボクが守るよ」というものがあるのですが、それを言われた百合子の受け取り方が話数を重ねるごとにどんどん変わっていきます。百合子なりの成長や美月の心境の変化が見受けられると思うので、注目して欲しいです。(ザテレビジョン)

元記事で読む