1. トップ
  2. 恋愛
  3. 牡牛座は執着心が強すぎ?実は「嫉妬深い星座」ランキングTOP5

牡牛座は執着心が強すぎ?実は「嫉妬深い星座」ランキングTOP5

  • 2020.3.4
  • 100373 views

恋に嫉妬はつきものですが、本気で好きな相手ほど、些細なことにも嫉妬してしまって、ケンカに発展したりする場合もありますよね。

一口に嫉妬と言っても笑って許せるかわいいものから、震え上がるほど怖いものまで種類はさまざま。今回は「嫉妬深い星座」についてランキング形式でまとめてみました。

■第1位:蠍座

12星座中、嫉妬深い星座の圧倒的1位は蠍座さんです。好きになったら恋人を徹底的に愛し抜きますが、人一倍、復讐心が強いため、一度裏切られると周りも手をつけられないほど嫉妬に狂います。

蠍座さんはもともと口数が少ないため、正面から相手を責めるのではなく、目に見えないところでメラメラと嫉妬の炎を燃やすのがさらに怖いところ。仮に浮気されたら、彼ではなく浮気相手に怒りのホコ先が向かうこともあります。

ヤキモチ程度であればかわいいものですが、彼が他の女性と少し会話を交わしただけで不機嫌になったり、機嫌が悪くなったりなどが続くと、だんだん付き合いが重くなって「めんどくさい女」のレッテルを貼られてしまうかも。情熱的なのは結構ですが、暴走しすぎて恋愛関係を悪化させてしまうことのないよう、普段から注意しましょう。

■第2位:蟹座

好きになったら、とことん尽くす蟹座さんは、できるだけ好きな人と2人だけの世界にどっぷり浸かりたいタイプ。なので、そこへ割って入ってくるような邪魔者が現れたら、どんなことがあっても許しません。彼を奪われないように、あの手この手を使って徹底的に排除しようとします。

蟹座さんは恋に落ちると、相手を“誰よりも気持ちを分かち合える、かけがえのない存在”と思い込みます。直感が鋭い部分もあるため、ちょっとした違和感からヤキモチを焼き、相手を必要以上に勘ぐってしまうことも。妄想や思い込みはほどほどにしましょう。

■第3位:牡牛座

ものを大切に扱う牡牛座さんなので、基本的に執着心は強く、付き合った人にも深い思い入れを抱きがち。普段はわりとおっとりとしていますが、一度怒ると意外に怖い部分も持ち合わせています。イライラしているときのほとんどは、実はヤキモチを焼いているタイミングなのでは?

相手を独占したいという気持ちがあるので、ライバルが登場すると一気にジェラシーの炎が着火!いつもの温厚さはどこへ行った?と言わんばかりに、牡牛座が好む「安定」を崩すような物事に対し、敏感に反応して徹底抗戦しようとします。

■第4位:獅子座

獅子座さんは、自己中心的で自分が常に一番でありたいタイプ。大好きな恋人に変な虫がつこうものなら、すぐに彼を攻撃してしまうかもしれません。怒りっぽい性格が玉にキズですが、発散してしまえばすぐに収まるのも特徴的。

ただ、嫉妬が大きすぎると怒りだけで済まずに、収拾がつかない事態に発展することも。少し子どもっぽい部分もあるので、勢いで別れを決意するのは要注意。怒りで頭に血が上りそうになったら、まずは深呼吸することを心がけてみて。

■第5位:乙女座

完璧主義者で理想もプライドも高めの乙女座さん。好きなものに、とことんのめり込んで執着する傾向にあるため、恋人はもちろん、仕事上のライバルにも嫉妬心を持ちやすいでしょう。でもそこは表に出さずクールな顔を装うので、ドロドロした本心は誰にも見せません。

妄想癖があるから、少しでも相手の言動に不信感を抱くと、それを敏感に感じ取って心を乱してしまうことも。相手を責めるというよりは、自分の殻にひたすら閉じこもって自滅する危険性を秘めています。どん底になる前に気持ちを上手く切り替えるようにしましょう。

■強すぎるジェラシーはネガティブを生む

ヤキモチは、ときとして2人の絆を深めてくれるいいスパイスになりますが、執拗すぎる嫉妬は誰だって迷惑に感じるもの。彼を真剣に想う気持ちはきっと本物なので、嫉妬心を上手にコントロールして、醜い自分を生み出さないようにしましょう。

ライタープロフィール
sa3103
フリーライターとしてまったり活動中。タロットや西洋占星術、数秘術を中心とした占いを通して、 恋に臆病になってしまった女性にそっと寄り添えるような記事をお届けします。趣味は海外旅行と海に潜ること。

元記事で読む