1. トップ
  2. 江口洋介「杏さんが作ったからあげを食べながら飲んでみたいです!」

江口洋介「杏さんが作ったからあげを食べながら飲んでみたいです!」

  • 2020.3.4
  • 1285 views
江口洋介と杏が「本麒麟」の新CMの放送開始を記念して対談。撮影秘話からプライベートまで語り合った
KADOKAWA

【写真を見る】二人はお互いのグラスに本麒麟を注ぎ合って乾杯

江口洋介と杏が出演する「本麒麟」の新CM「目隠し 再び篇」が3月3日(火)より放送を開始。これを記念して二人が対談を行い、CM撮影秘話やプライベートな話まで、知られざるエピソードを聞かせてくれた。

目隠しをして飲むと感覚が研ぎ澄まされて、よりおいしい!

──今回も新しい「本麒麟」のCMに出演されていますが、いつもと違うところなど、ありましたか?

江口洋介:何回かリニューアルをしてると思うのですが、おいしいとこれ以上変化する必要がないじゃないですか、それでもトライしていくという、より進化しようとする感があるなと感じました。

飲んだ瞬間に、食べ物と合わせるように作ったのかなと感じました。前、夏飲んだときは“のどごし”が良かったのですが、食べ物と一緒に飲んだ時の新しい「本麒麟」の苦みと強さが、良いなと感じました。

──杏さんは新しい「本麒麟」を体験されていかがでしたか?

杏:もちろん前の「本麒麟」も大好きでしたが、新しい「本麒麟」は新たな魅力がまた追加されて、CM撮影の時や自宅で飲んだ時もさらにおいしくなったと実感しました。

「自分でおつまみを作って飲むことも多いです」と杏
KADOKAWA

──江口さんは、今までいろいろな方の”うまい顔”を一番最初に見ることができるので、とても楽しかったんじゃないですか?

江口:そうなんですよ。「うまい!」って言い合うのって最高のコミュニケーションですよね。そんなに多くの言葉を並べなくても気持ちを共有することができますよね。CMですけど、「うまいね〜」と言い合うのは気持ちが良かったです。

──今回CMで目隠しをしていますが、目隠しすることによって「本麒麟」の味に集中することができましたか?

江口:そうですね。味覚に感覚が行くんですね。あとは、聴覚も研ぎ澄まされて、注いでる音からも期待感が高まりました。

──杏さんも目隠しして飲んでいらっしゃいました。今までの「本麒麟」は飲んですぐに分かっていらっしゃいましたね。

杏:はい。最初、CMで顔を隠すと聞いて、画的にすごくチャレンジだなと思いました(笑) 。実際に目隠しをすると、感覚が研ぎ澄まされるというか、さらなるおいしさを、より集中して体感することができました。

そのおいしさを目を隠しても表現できるということをCMの中でもお伝えできたのではないかなと思います。楽しみながら味わうことができました!

ひとりで漫画とかドラマを見ながら、ご褒美時間として飲むのも好き

【写真を見る】二人はお互いのグラスに本麒麟を注ぎ合って乾杯
KADOKAWA

杏:いつもCMでは自分のグラスに注ぐので新鮮ですね!

江口:こうやってお互いに注ぎ合うのがいいよね。

杏:恐縮です!おいしいですね! お腹もすいてきちゃいました(笑)。

江口:何かつまみながら飲みたいね。

──「本麒麟」を飲むときはみんなでワイワイ飲む派ですか、ひとりでじっくり楽しむ派ですか?

江口:グラスにゆっくり注いでじっくり家で飲む時もありますが、仲間と注ぎあえるというのもいいところなので、どちらかというとワイワイ派ですね。飲み会がスタートするときに「本麒麟」を買ってきて。

杏:私も、友だちと共有する時もあるし、ひとりで漫画とかドラマを見ながら、ご褒美時間として飲むのも好きです。自分でおつまみを作って飲むことも多いです。じっくり時間も大切ですね。

春を前にリニューアルしたいこと、挑戦したいこと

「普段は静かに飲むよりは、しゃべりながら飲んでる」という江口洋介
KADOKAWA

──お酒を飲むときのマイルールはありますか?

江口:決めてるわけではないのですが、よくしゃべって飲んでいますね(笑)。あんまり静かに飲むっていう感じはないです。映画を観ながら飲んだりしますが、映画につっこんだりしてるんでしょうね。意外と気分が良くなることがあって、楽しく飲んでいます。

杏:できれば温度にこだわりたいですね。グラスを冷やしたり、料理は熱々で出したり。友達が自宅に遊びに来る時は、到着する時間を考えながら料理の仕込みも始めます。

──もうすぐ春ですが、新たに挑戦してみたいことはありますか?

杏:狭いジャンルの話なんですが、ジュレ使いになりたい。最近、料理が得意な知り合いを自宅に呼んで、みんなで料理を教えて貰っているのですが、お出汁の代わりにジュレにして、あんかけのようにかけるとすごくお洒落でおいしかったんです!

ちょっとしたお刺身とか、カルパッチョもとてもお洒落に仕上がりますね。涼しさも感じられると思います。使いこなせるようになると新しい世界にいけるというか(笑)。

江口:ジュレいいですね。僕も料理にこだわってみたいですね。基本的に食べる専門ですが、これから野菜もおいしい時期になるので、シチューとかカレーとか作ってみたいですね。あとは、春にしか食べられないものを食べながら、ビールなんか飲みたいですね。(ザテレビジョン)

元記事で読む
の記事をもっとみる