1. トップ
  2. 恋愛
  3. 映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生×志尊淳の心霊探偵バディ、平手友梨奈が呪い屋の女子高生に

映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生×志尊淳の心霊探偵バディ、平手友梨奈が呪い屋の女子高生に

  • 2020.3.4
  • 471 views

映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生×志尊淳の心霊探偵バディ、平手友梨奈が呪い屋の女子高生に

映画『さんかく窓の外側は夜』が、2020年10月30日(金)に全国公開される。岡田将生×志尊淳がW主演。

undefined
www.fashion-press.net

「さんかく窓の外側は夜」実写映画化、“除霊”謎解きミステリー

コミックス100万部を超え圧倒的ファンを抱えるヤマシタトモコによる漫画「さんかく窓の外側は夜」を実写映画化。霊を祓うことができる男=冷川(ひやかわ)と、霊を視ることができる男=三角(みかど)のふたりが、“除霊”を使って謎や事件を解決していくミステリー・エンターテイメント作品だ。

霊が「視える男」と「祓える男」の心霊探偵バディ、そして呪い屋の女子高生。3人が出合い、運命が動き出す。連続殺人事件と呪いの謎に隠された、驚きの真実とは――?

ストーリー

書店で働く三角康介は、一見普通の青年だが、幼い頃から幽霊が見える特異体質に悩まされていた。ある日、書店に除霊師・冷川理人がやってくる。「私といれば怖くなくなりますよ」の一言で、三角は冷川と除霊作業の仕事を共にすることになる。

そんな中、ふたりは刑事・半澤より一年前に起きた連続殺人事件の話を持ち掛けられる。調査をはじめたふたりは、やがて遺体を発見するが、その遺体には呪いがかけられていたのだ。真相を探るふたりに度々聴こえてくる死んだ殺人犯の声。そしてふたりはある言葉にたどりつく―――。「ヒウラエリカに....だまされた....」。それはふたりがこれまでの除霊作業で度々耳にしてきた名前だった。彼女は何者なのか?彼女の目的は?ふたりはこの事件を解明できるのか…?

岡田将生、志尊淳が心霊探偵バディに

冷川理人役:岡田将生
霊を怖れる三角を“霊祓い”の仕事に勧誘するスゴ腕の除霊師・冷川理人役を演じるのは岡田将生。『銀魂』シリーズや映画『家族のはなし』、舞台『ハムレット』にも出演してきた岡田は本作出演に際し、「脚本、原作を読ませていただいた時に映像化したら面白くなるなと思いました。リアルとアンリアルの狭間でどう作っていくか今からとてもわくわくしています」とコメントしている。

三角康介役:志尊淳
突然目の前に現れた冷川と除霊バディを組まされることになる、霊が視える書店員の三角康介役は、映画『HiGH&LOW THE WORST』や『フォルトゥナの瞳』、『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』など話題作への出演が続く志尊淳。昔から霊が視えてしまう体質ながら霊が怖くて仕方がない男を演じる志尊は、「三角が抱いてる様々な葛藤を、成長していく瞬間を、全力で伝えていきたいと思います。凄いものになりそうです。お楽しみに」と意気込みを語っている。

平手友梨奈が“呪い屋”女子高生

ヒウラエリカ役:平手友梨奈
ストーリーの鍵を握るヒロイン・ヒウラエリカ役は、『響 –HIBIKI-』から2年ぶりの映画出演となる平手友梨奈。『さんかく窓の外側は夜』が、欅坂46を脱退し個人としての活動第1弾となる。一見普通に見えるが心に闇を持ち“呪いを操る”女子高生・ヒウラエリカをどう演じていくのか、期待が高まる。

平手は、出演にあたり次のようにコメント。「ヒウラエリカ役のオファーを頂いたとき、最初は本当に自分で大丈夫なのか、という不安が大きかったです。でも、ヒウラエリカが抱える”想い”と、純粋にこの素敵な作品を届けたいと思いました。自分にとっても新しい挑戦ですし、監督と初めてお会いした時に、監督も新しい挑戦とおっしゃっていたことも、私の背中を押してくれたような気がします。登場する様々なキャラクターがどう交わっていくかを楽しみにして頂けたら幸いです」。

脇を固める豪華俳優陣

豪華俳優陣が演じる事件のカギを握る重要人物にも注目だ。

半澤日路輝役(滝藤賢一):冷川・三角へ協力を仰ぎながら共に事件の謎を追う刑事。
石黒哲哉役(筒井道隆):ある宗教団体の代表で、エリカを“呪い屋”へと導く、謎めいた人物。
非浦松男役(マキタスポーツ):石黒の宗教団体に所属するエリカの父。エリカの力を利用し、石黒に取り入ろうとする。
逆木一臣役(新納慎也):エリカのボディガードで、呪い屋として暗躍するエリカの身を守ることが任務。
半澤冴子役(桜井ユキ):半澤の妻。半澤が唯一信頼し心の拠り所にしている存在。
三角則子役(和久井映見):三角康介の母。息子が“霊が視える”特異体質であることはまったく知らない。

監督は森ガキ侑大、脚本は相沢友子

監督は、映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』やドラマ「時効警察はじめました」なども手掛けた森ガキ侑大が務め、脚本は『重力ピエロ』『プリンセストヨトミ』『本能寺ホテル』といった映画作品も手掛けてきた相沢友子が担当する。

【詳細】
映画『さんかく窓の外側は夜』
公開日:2020年10月30日(金)
出演:岡田将生、志尊淳、平手友梨奈、滝藤賢一、筒井道隆、マキタスポーツ、新納慎也、桜井ユキ、和久井映見
監督:森ガキ侑大
脚本:相沢友子
原作:ヤマシタトモコ「さんかく窓の外側は夜」(リブレ刊)
配給:松竹

元記事で読む