1. トップ
  2. 佐藤浩市×渡辺謙対談「謙さんの顔を見たときはちょっとホッとしました。戦友のような気持ちで、この映画に従事できた」<Fukushima 50(フクシマフィフティ)>

佐藤浩市×渡辺謙対談「謙さんの顔を見たときはちょっとホッとしました。戦友のような気持ちで、この映画に従事できた」<Fukushima 50(フクシマフィフティ)>

  • 2020.3.4
  • 500 views
映画「Fukushima 50」(フクシマフィフティ)に出演する佐藤浩市と渡辺謙
撮影=山田大輔

2011年3月11日、東日本大震災の激しい揺れと巨大な津波によって甚大な被害を受けた福島第一原発。事故関係者90人以上に独自取材した門田隆将のノンフィクション作品「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫)を原作に、事故当時に何が起こっていたのか、知られざる真実を描いた映画「Fukushima50」(フクシマフィフティ)が3月6日(金)に公開される。

【写真を見る】「戦友のような気持ち」と語った佐藤浩市と渡辺謙

この作品で「許されざる者」(13年)以来、約7年ぶりに共演した佐藤浩市と渡辺謙。佐藤は事故の最前線で指揮を執った福島第一原発1・2号機当直長の伊崎利夫、渡辺は福島第一原発所長の吉田昌郎を演じている。

――お二人は久々の共演となりましたが、お互いの印象を教えてください。

佐藤 信頼できる先輩である謙さんとは、実は1つしか年齢が変わらないんです。でも、生きてきた人生が違うのか、彼には僕にはない風格が漂っておりまして。

渡辺 何を言っているの(笑)。

佐藤 いや、本当に(笑)。そんな謙さんと改めてご一緒できたのはありがたかったです。でも、最初は(伊崎と吉田として)緊急連絡用の赤電話だけのやりとりだったんですね。撮影が1カ月以上経ってからようやく現場でお会いし、謙さんの顔を見たときはちょっとホッとしました。戦友のような気持ちで、この映画に従事できたと思います。

渡辺 僕も全幅の信頼がおけるすばらしい同志だと思ってます。実は「許されざる者」で共演したときに、「浩ちゃんの100本目の作品は、どんなことでも出るからね」と約束していたんです。そうしたら、最近の彼は多作なものですから、あっという間に100本を超えていて(笑)。その約束が今回、無事に果たせてよかったです。

―――佐藤さんが演じられた伊崎にはモデルとなった方がいらっしゃるそうですね。

佐藤 そうなんですが、僕が直接取材という形を取ってしまうと、そこに縛られてしまうと思ったので、ワンクッションを置くためにプロデューサーに話を聞いてもらいました。

渡辺 描かれていることは真実でも、この映画では名前を変えてあるし、キャラクター的には、あくまでもフィクションという形を取っているからね。

――そんな中で、佐藤さんが伊崎を演じるうえでヒントになったことはありましたか?

佐藤 事故の最前線にいらっしゃった方々がどのような気持ちで現場にいたのか、ということですね。自分たちが守ってきた原発で想定以上の事故が起きた。それを止められるのは自分たちしかいないと分かりながらも、今、自分たちにできることは何なのか。そして、それは日本という国を守るためなのか、それとも自分の家族や故郷を守るためなのか。その根幹を考えるうえでは、とても大切なヒントをいただいたと思います。

――その根幹とは、どういったものだったのでしょうか?

佐藤 どれが最初だったのかはわかりませんが、日本という国、家族や故郷、そうではない何かが三位一体となっていったんじゃないかと。それは大きく感じました。

一番参考にさせていただいたのは、事故現場で吉田さんの下につかれていた方々(渡辺)

―― 一方、渡辺さんが演じられた吉田所長は、お名前も役職もそのままで登場します。

渡辺 先ほどもお話させていただいたように、この映画のキャラクターはフィクションの作りになっています。ですが、吉田所長だけではご遺族の了承をいただいて、そのままのお名前で演じさせていただきました。

――そこにはプレッシャーもあったのでは?

渡辺 吉田さんはご自身でメディアにも出られていた方なので、少なからず吉田さんのことをご存知の方もいらっしゃるでしょうし、そういう意味でのプレッシャーはありました。なので、この映画の原作はもちろん、吉田さんについて書かれている本も読み漁りました。でも、その中で一番参考にさせていただいたのは、実際に事故現場で吉田さんの下につかれていた方々のお話でした。

――その中で一番印象に残ったお話を教えてください。

渡辺 あのときの吉田さんはどうだったんですか、どんな表情だったんですか、と撮影そっちのけで聞き倒しました。その中でも印象に残ったのは、吉田さんが現場で何回「バカヤロー!」と言っていたのかを、スタッフが“正”の字で数えていたということ。それは現場にいた方にしか分からないことなので、ものすごく参考になりました。

――お二人が演じられた伊崎と吉田所長の人間性について、どう捉えられていましたか?

佐藤 普通ですよね。伊崎の父親も原発に勤めていて、彼にとって原発は幼い頃からそこにあって当たり前のもの。だから、何の違和感もなく自然とそこで働くようになり、そこでの収入で家族を養っている。

渡辺 そう、何も特別なことじゃないんだよね。

佐藤 でも、それが突然、自分の反目に回ってきたときに、どうすればいいのかという話で。しかも、自分たちのいる福島第一原発の外で何が起こっているのかどころか、自分たちが守ってきた建屋内の状況もわからない。これまでに学んできたマニュアルが通用しない中での恐怖感は相当なものだったと思います。だから、伊崎は事故に立ち向かったヒーローでも何でもなく、そのときその場にいたごく普通の人間。伊崎というキャラクター対しては、そう答えるしかないですね。

――渡辺さんはいかがですか?

渡辺 吉田所長は、関西出身でユーモアがあり、つねにオープンマインドな方だったそうです。地元の方々の協力なくしては原子力発電所は成立しないと思われていて、だからこそ地元出身者の多い作業員たちからもリーダーとして慕われていたのかなと思います。

佐藤 二人はルックス的にも似ているよね?

渡辺 僕はわりと実在の人物を演じさせていただくことが多いのですが、僕が身長184㎝で、大概の方は僕よりも小さいんですよね。でも、吉田所長は僕とほぼ変わらなくて大きい方だったので、そこだけはホッとしました(笑)。でも、ヘンな言い方ですけど、目線が合うとものの考え方が似てくるので、そういう意味では吉田所長が見ていたものに少しは近づけるのではないかと思っていました。

正直、僕も謙さんもちょっと怖かった(佐藤)

――東日本大震災から9年。真の復興という意味ではまだまだ遠いところにあるのかもしれませんが、お二人は“復興”をどう捉えていますか?

佐藤 目に見えるものもあれば、目に見えないものもあると思います。僕はこの映画の撮影で福島の帰還困難区域にある桜を見に行かせていただいたのですが、人の気配が一切ないんですよね。そのときに自分自身が「いまもこの状況なのか」と思ったし、改めて「復興とは何なのか」と思いました。

渡辺 僕は震災後、岩手、宮城、福島の避難所を回らせていただき、復興への思いはエリアによってさまざまだと感じました。それこそ先日、気仙沼、仙台、郡山の東北3市で、この映画の先行試写会をやらせていただいて、僕と浩ちゃんは別の場所ではありましたが、そこに参加させていただきました。“復興”とはまた別かもしれませんが、この映画は福島をはじめ東北のみなさんにまず一番に届けたい、届けるべきだと思っていましたし、その方々に最初に見ていただけて本当によかったなと思いました。

――地元の方々の反応はいかがでしたか?

佐藤 正直、僕も謙さんもちょっと怖かったというのはありました。この映画にはつらい映像もあるので、それを経験された方々に見ていただくのは不安もあって。でも、実際に来ていただいた方々からは、「いい映画をありがとう」というお言葉をたくさんいただきました。やっぱり、この映画の出発点を東北から始められたのはよかったです。

渡辺 僕は気仙沼でカフェをやっているのですが、そこで働く20代の子たちにも映画を見てもらいました。震災当時、彼女たちは中高生だったのですが、この映画を見て自分たちが知らなかった情報や、そこでの人間ドラマを真摯に受け止めてくれました。この映画でどれほどのことを伝えられるのかはわかりませんが、それでも何か一つ、みなさんが考えるきっかけになってくれるとうれしいです(ザテレビジョン・取材・文=馬場英美)

元記事で読む