1. トップ
  2. 川村壱馬、白濱亜嵐は「あまりにもオーラがありすぎて、見惚れてしまいました」【プリレジェ連載】

川村壱馬、白濱亜嵐は「あまりにもオーラがありすぎて、見惚れてしまいました」【プリレジェ連載】

  • 2020.3.4
  • 195 views
映画「貴族降臨ーPRINCE OF LEGEND-」に出演する川村壱馬
撮影=カノウリョウマ

“Team京極兄弟”として、鈴木伸之と兄弟を演じている、川村壱馬。前作「PRINCE OF LEGEND」では“憧れの人は兄”というほど兄の京極尊人(鈴木)を慕ってやまない京極竜を演じていたが、「貴族降臨―」では竜が兄から独り立ち!?なんて思える場面も。川村にシーズン2における竜の役作りや共演者とのエピソードなどをインタビュー!

【写真を見る】「貴族降臨―」で京極兄弟の弟・京極竜を演じた川村壱馬

――「PRINCE OF LEGEND」で演じた京極竜という同じ役を、別の時間軸で演じる面白さ、また大変さはありましたか?

「『PRINCE OF LEGEND』のドラマと映画を撮った後に、自分は『HiGH & LOW THE WORST』で新しい役(花岡楓士雄)に挑戦させていただき、そこからもう一度、京極竜に戻ってきました。演じたことのある同じ役に再び帰ってくるのは初めての経験だったので、竜のその後の姿を自分がどう演じるのか楽しみでした」

――シーズン2の竜をどのように役作りしていきましたか?

「パート2は『PRINCE OF LEGEND』のその後のエピソードを描いているので、あれから月日が経った未来の話になるというところを考えると、同じ役でも竜に少し成長している部分があってもいいのかなと思っていました。シーズン1で竜はヒロインにふられてしまうけれど、失恋したことでそこから何か大きいものを得て成長したところもあると思ったので、そういう部分でも竜の成長はすごく意識して演じていました」

――兄・尊人に対する竜の接し方もパート1とは変化していますね。

「竜が成長している部分と映画のストーリーの中で成長させていく部分のバランスを考えながら、竜らしさを残しながらも、どこを削ってどこを持ち続けるのかをしっかり意識して、竜に成り切らせてもらいました。シーズン2の竜は兄の尊人についていく感じではないというか。独り立ちじゃないですけど、兄から少し離れて大人になっている竜がいる。竜の成長という部分で、自分の解釈は間違ってはいなかったんだなという感覚がありました」

ノブさんとはプライベートでも仲良くさせていただいています

――現場では兄の尊人役を演じられた鈴木伸之さんとの雰囲気はどのような感じですか?

「ノブさんとはプライベートでも仲良くさせていただいているので、現場でも声を掛けてくださったり、いい雰囲気です。『貴族降臨』では尊人と竜の間にいろんなすれ違いが起きるんですけど、尊人と竜が仲のいい兄弟であることは変わりないので、公私ともにいい関係があるからこその雰囲気を、観てくださる方に感じていただけるんじゃないかなと思っています」

――撮影中の出来事で印象に残っていることを教えてください。

「シーズン2のドラマでも竜と陸(長谷川慎)がからむシーンが多かったっていうのもあるんですけど、慎から返ってくるお芝居が以前とは全然違うことに驚きました。慎がドラマの『主人公』という作品をやったその後に、撮影で一緒になったのですが、「やばい!『主人公』でなにやってきたの⁉」ってぐらい違いましたね。すごい頑張ったんだろうなって思いました。お芝居って相手の役者さんがどういう芝居をするかによって、それを受ける側の芝居が変わってくる。自分もいいお芝居で返したいと思っていたので、慎とお芝居でしっかりやりとりができた感触があったことが印象に残ってます」

――「貴族降臨」の中で、ルイを演じる吉野北人さんがEXILEの「Ti Amo」を歌っていますが、同じTHE RAMPAGEのボーカルとしてどんな感想を持ちましたか?

「EXILEさんの代表曲の一つである「Ti Amo」を、ルイという役の上ではあるけれど、北人のソロの歌声でみなさんに聞いていただけることが素直にうれしかったです。大人の男女の歌ですが、北人が演じた役が抱えた複雑な心境を反映した大切な場面で歌うので、ぜひ注目していただきたいです」

――北人さんには直接感想を伝えましたか?

「一緒の取材のときに言ったら、『ありがとう』って感じで、ちょっと照れくさそうに笑ってました(笑)」

素に戻って見惚れてしまいました

――ドリー役を演じた白濱亜嵐さんとの現場はいかがでしたか?

「めちゃくちゃカッコよかったです!あまりにもオーラがありすぎて、一瞬自分が役を演じているのも忘れて、素に戻って見惚れてしまいました。僕、ドリーさんがセリフの中で言うフランス語の“Oui”がすごく好きで。さりげなく“Oui”っていうだけでカッコいいし、すごいインパクトありました」

――「PRINCE OF LEGEND」にはイケメンがたくさん出てきますが、女子目線で選ぶとしたら、どのキャラクターに一番ドキドキしますか?

「兄の尊人は安定でカッコいいと思います。若干ストライクゾーンが広くて、惚れやすいところがたまに傷なんですけど(苦笑)。あとは、やっぱりドリーさんですね。亜嵐さん、あまりにもカッコよすぎです!」

――最後に、「貴族降臨―」の見どころをお願いします。

「貴族降臨」シーズン1をご存じの方は、王子たちが誰も欠けることなく、同じ役柄で登場するのはとてもうれしいと思います。ヒロインをめぐって王子たちが対決していたシーズン1のその後が描かれていますが、そこに貴族チームが入ってきたことで、王子たちの関係値も変化して新たな展開になっていますし、奏(片寄涼太)さんをはじめいろんなキャラクターのバックボーンや人生が見えてくるので、『貴族降臨』から入っても楽しめると思います。王子たちのチーム感、仲間たちとの絆、キャラクター一人一人の成長、そして、ドリーさんのカッコよさに注目していただけるとうれしいです」(ザテレビジョン・取材・文=松浦靖恵)

元記事で読む