1. トップ
  2. 平手友梨奈、欅坂46卒業後初映画!“呪い”を操る女子高生役で『さんかく窓の外側は夜』に参戦

平手友梨奈、欅坂46卒業後初映画!“呪い”を操る女子高生役で『さんかく窓の外側は夜』に参戦

  • 2020.3.4
  • 57 views

単行本発行部数が100万部を超えるヤマシタトモコの同名コミックスを岡田将生と志尊淳の共演で映画化した『さんかく窓の外側は夜』が10月30日(金)から公開される。このたび、本作に平手友梨奈が出演することが発表された。

【写真を見る】脱退後初の映画出演となる平手友梨奈、シックな制服姿は必見!

欅坂46を脱退した平手友梨奈が、2年ぶりの映画出演をはたす!
[c] 2020「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 [c] Tomoko Yamashita/libre

書店で働く三角康介(志尊)は幼いころから幽霊が見える特異体質に悩まされていた。しかしある日、書店へとやってきた除霊師の冷川理人(岡田)に「私といれば怖くなくなりますよ」と言われたことで、2人は除霊作業の仕事をともにおこなうことになる。そんななか、刑事の半澤から2人へ1年前に起きた連続殺人事件の話を持ちかけられる。調査をはじめた2人だったが、やがてこれまでの除霊作業でたびたび耳にしてきた“ヒウラエリカ”という名前にたどり着くことになる。彼女は何者なのか、その目的とは。2人はこの事件を解明できるのか…。

岡田将生演じる冷川理人と志尊淳演じる三角康介は連続殺人事件の謎を解明することができるのか
[c] 2020「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 [c] Tomoko Yamashita/libre

このたび本作への出演が発表されたのは、『響 -HIBIKI-』(18)で第42回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した平手友梨奈。平手は一見普通の女子高生だが実は強力な“呪いの力”の持ち主であるヒウラエリカを演じる。欅坂46を脱退し、個人の活動としては初の映画出演作品となる平手は「自分にとっても新しい挑戦ですし、監督とはじめてお会いしたときに、監督も新しい挑戦とおっしゃっていたことも、私の背中を押してくれたような気がします」とコメントしている。また、本作のメガホンを取る森ガキ侑大監督は、平手の起用理由について「ヒウラエリカという人物像を脚本打ち合わせしているときから、平手さんしか考えられなかったです」とコメントしている。

あわせて、本日から本作のムビチケ前売券(オンライン)がムビチケのウェブサイトで先行発売開始。前売券購入特典は、抽選で「本作の完成披露試写会で前方席へ招待」というスペシャルな内容となっているので、ぜひこの機会を見逃さないでほしい。

はたして、平手はミステリアスなヒロインをどのように演じるのか。志尊演じる三角と岡田演じる冷川の心霊探偵バディが事件に挑むミステリーに、期待したい。

<スタッフ・キャスト コメント>

【写真を見る】脱退後初の映画出演となる平手友梨奈、シックな制服姿は必見!
[c] 2020「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 [c] Tomoko Yamashita/libre

●平手友梨奈(ヒウラエリカ役)

「はじめて原作を読ませていただいたとき、すごくおもしろくて続きが気になってあっという間に読んでいました。そんななかで、ヒウラエリカ役のオファーをいただいたとき、最初は本当に自分で大丈夫なのか、という不安が大きかったです。でも、ヒウラエリカが抱える“想い”と、純粋にこの素敵な作品を届けたいと思いました。自分にとっても新しい挑戦ですし、監督とはじめてお会いしたときに、監督も新しい挑戦とおっしゃっていたことも、私の背中を押してくれたような気がします。登場する様々なキャラクターがどう交わっていくかを楽しみにしていただけたら幸いです」

●森ガキ侑大監督

「ヒウラエリカという人物像を脚本打ち合わせしているときから、自然と平手さんとして作りあげていた自分がいました。もはや、平手さんしか考えられなかったです。そして、平手さんがこの役をひきうけてくれたときの胸の高鳴りはいまでも身体が覚えています。平手さんと一緒にヒウラエリカという役を丁寧に紡いでいく作業はすごく新鮮なものでした。そして、岡田さん、志尊さん、平手さんの孤独の共存は素晴らしいものがありました。平手さん、たくさんの映画のなかでこの映画を選んでくれてありがとうございます」(Movie Walker・文/編集部)

元記事で読む