1. トップ
  2. レシピ
  3. 初心者にオススメ! “ベランダ菜園”で育てやすい野菜&ハーブ4選

初心者にオススメ! “ベランダ菜園”で育てやすい野菜&ハーブ4選

  • 2015.4.13
  • 479 views

【女性からのご相談】

最近、ベランダ菜園に興味を持っているのですが、これまでやったことがないので右も左も分かりません。 なにか育てるのにオススメの野菜などがあれば教えてください。

●A. 初心者でも育てやすい野菜&ハーブをご紹介します。

こんにちは、フリーライターの鈴木ハナコです。

私も、例年通りベランダ菜園の準備をはじめました。今回は、初めてベランダ菜園にチャレンジする方向けに、特に育てやすい野菜やハーブとその利用法をご紹介します。

●ベランダ菜園初心者にオススメの野菜&ハーブ4選

●(1)ベビーリーフミックス

種をまいて発芽をすればぐんぐん育ち、間引き菜も食べられて長く楽しめるベビーリーフミックスは初心者にぴったりです。たっぷりと水で湿らせた土に均等に種まきをし、再度薄く土をかけ、芽が出るまで水で濡らした新聞紙をかぶせて湿った状態を保ちます。

可能なら暖かい室内に置いておくと早く芽が出ます。芽が出た後は日当たりがいい場所へ移し、表面が乾いたら水をやっていくと続々と芽が出てきます。本葉が出るまでは双葉が触れ合わない程度に間引きをします。もちろんこれも食べられますよ。

草丈が10cmほどになってくれば根元からはさみでザクザクと刈り取ってしまえばまた伸びてきて長く楽しめます。

地域にもよりますが、だいたいゴールデンウイーク前後までは虫も少なく簡単に育つので毎日の食卓のランクアップにおすすめです。種から育てなくても、ホームセンターに苗として売っているのもよく見かけますのでそちらも利用しても。

●(2)スイスチャード

ホウレンソウや小松菜に似ていますが、茎の部分がピンクや黄色とカラフルで見た目にも楽しい野菜です。種から育てることもできますが、苗で買ってくるとある程度大きくなった株から次々葉が出てくるので収穫が忙しいほどです。

個性的な味ではないのでおひたしや炒め物、お味噌汁に入れたり日々のお料理に使いやすいのもポイントです。こちらも地域によりますがゴールデンウイーク前後くらいまで虫が付きにくく簡単に育てることができます。

●(3)ミント

こちらも種からではなく苗で購入すると簡単なミント。肥料なども必要とせず乾燥にも強いのでどんどん大きくなります。

先端部分を刈り取って普段口にするお水への香りづけなどに遠慮なく使うことができ、おもてなしのときのアクセントとしてもかなり重宝します。収穫した葉に熱いお湯を注いで蒸らせばきれいな色のミントティーが楽しめます。

●(4)ローズマリー

ホームセンターなどで苗が簡単に手に入るローズマリー。こちらも初心者がチャレンジしやすいハーブです。成長は上記の3つに比べると遅めですが、とても乾燥に強くお肉料理に使ったり、ジャガイモと炒め合わせると簡単にオシャレな逸品に仕上がります。

株が大きくなってくれば大胆に収穫し、少し揉んで布袋に詰めてお風呂に入れればとても良い香りでリラックスできます。

●最後に

以上、私自身の過去の経験も参考に特に育てやすいものを選んでご紹介しました。これらの野菜やハーブは育てる楽しみだけではなく、日々の暮らしに取り入れやすいというのもポイントです。ぜひ気軽にチャレンジしてみてください。

【参考文献】

・『無農薬 ベランダでつくる簡単はじめての野菜』学研パブリッシング・編集

●ライター/鈴木ハナコ(歯科衛生士)

幼い時から医師や歯科医師などの医療関係者に囲まれて育ち、反発したものの大学卒業後自身も結局医療関係職に就く。本職の傍ら医療分野のコラムを執筆。現在結婚し、これまた医療関係職の夫と2児と暮らす、母親業と子どものことはわからないことだらけながらも日々奮闘中。気になったらとことん調べたいという性格が影響するためか、調べ始めたら止まらない。専門家へのインタビューも積極的にこなします! “キチンと知りたい”をモットーに取材、執筆活動中。趣味はお手軽アウトドア。